●ランボルギーニ・ウラカン ■近況について

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD二度めの洗車!さっそく飛び石キズを見つけてちょっとブルーに(ボクはプロテクションフィルムを貼ってない)

投稿日:

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD3度めの洗車

| ただしいつかは飛び石キズが入ることを理解していた |

さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDを洗車。

今回はツーリング中に雨に降られたということもあり、帰宅そうそうの洗車となっていますが、残念ながら飛び石キズを2箇所発見(微細なので補修するかどうか迷っている)。

飛び石キズはいずれ食らうことになり、よってそれが「いつなのか」という問題だけではあるものの、納車間もない時期の飛び石キズを発見してちょっとブルーに(数日すれば忘れると思う)。※「貼った」境界線がどうしても気になるため、ぼくはプロテクションフィルムを貼っていない。よって飛び石キズは覚悟の上

ランボルギーニオーナーのツーリングに参加してきた
ランボルギーニオーナーのツーリングに参加してきた!ウラカン、アヴェンタドール、ウルス等総勢35台、サーキット走行後には高級ホテルに昼食会

この記事のもくじ1 | 「ランボルギーニオーナー=怖い」というのはもはやステレオタイプなイメージに過ぎない |2 やはりランボルギーニのオーナーからは刺激を受けることが多い2.1 集合場所の香芝SAで ...

続きを見る

ウラカンEVO RWDの洗車にも慣れてきた

それとは別に、ウラカンEVO RWDのフロントバンパー、リアバンパー、そしてリアディフューザーの構造は非常に複雑で、そのため洗いにくく拭き取りにくいことは以前に述べたとおりではあるものの、今回二回目の洗車ということで、ちょっと慣れてきたようにも思います。

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD初めての洗車!構造が複雑化し洗いにくくなったものの、エアロダイナミクスの改善によって水切れが改善し拭き取りが楽になったようだ

この記事のもくじ1 | 自分の手でクルマを洗ってみるといろいろと楽しい発見がある |2 ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDは複雑な構造をもつぶん洗いにくい2.1 ただしウラカンEVO RWDの「水 ...

続きを見る

参考までに、最近のクルマはウラカンEVO RWDにかかわらず、設計技術の進歩によって非常に入り組んだ構造を持つに至っていますが、こういった構造はカッコ良さとの引き換えにメンテナンス性を損なっているのかもしれません(その逆よりはいいと思うので、ぼくは面倒でもカッコいいほうを支持する)。

なお、今は問題となっていないものの、ウラカンEVOに使用されているリアの「ハニカムメッシュ」について、しばらく乗るうちに経年劣化や熱によって白変してくるものと思われ、ここはなかなか手入れがしにくいために今後は問題となってきそう。

とりあえずは樹脂用ケミカルを使用することで「黒さ」を維持できているものの、白く変色してしまったりすると、いったん取外してマットブラックに再ペイントするなどの対策が必要だと考えています(おそらくは自分で簡単にできそうだ)。

3K4A3600

これからしばらくは黄砂に注意

さらに洗車絡みの別件で、この季節特有の問題が「黄砂」。

黄砂は文字通り砂ですが、これをちゃんと流さずにボディを洗うと「ヤスリをかけているのと同じような」状態になってしまい、よってボディパネルの継ぎ目などに溜まった黄砂をしっかり流すことが肝要に。

冬は冬で「あまりに寒く」そして塩化カルシウムの巻き上げといった問題があり、夏場だと「水滴がすぐに乾いて跡(ウォータースポット)になる」という問題もあって、「自分で洗車する派」にとって、1年通じ、いついかなるときも洗車に対する難しさがあるように思います。

3K4A3601

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD関連投稿

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。ついにフロントバンパーの「出っ張り」部分を擦ってしまう・・・。

この記事のもくじ1 | 以前に乗っていたガヤルド、ウラカンLP610-4でもバンパーを擦ったことはなかったが |1.1 バンパーを擦ったのはこういった状況で1.2 早速修復を試みる1.3 合わせて読み ...

続きを見る

今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。はじめてのスターバックスのドライブスルーへ
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。はじめてスターバックスのドライブスルーへ、そして伊丹空港でちょっとだけ撮影

この記事のもくじ1 | 今回の動画撮影では新作マウントが登場 |1.1 これまでは運転席前方からしか撮影ができなかった1.2 ドライブスルー自体は無事に通過できたが・・・1.3 今考えるとヤバかった2 ...

続きを見る

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。タイヤの跳ね上げる石等「チョコチョコと気付いたこと」。やはり実際に自分のクルマとして乗らねばわからないことも

この記事のもくじ1 | やはり試乗だけではわからないことがけっこう多い |2 パフォーマンス向上のためには受け入れなくてはならないことも2.1 やたらウインドウ内側が曇る2.2 ウラカンEVO RWD ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f