>その他の国の車

【動画】リマックが6/1に「C_Twoの市販モデルと正式名称を発表」!未だ10台しか車を販売していないリマックはなぜこうも高く評価されるのか

投稿日:

リマックが6/1に「C_Twoの市販モデルと正式名称を発表」

| 傍から見ると、どう考えてもボクには過大評価としか思えない |

加えて「リマックができること」はほかの自動車メーカーでもできるようになってきている

さて、リマックがついに「C_Two」の市販モデルを公開すると発表し、6/1にはその姿と正式名称を公開するとアナウンス。

今回は約40秒からなるティーザー動画を公開していますが、リマックによると「より過激なパフォーマンス、正式名称、夢中になれる機能、並外れた技術、卓越したエンジニアリングを備えた最終形態」をお見せできるだろう、とのこと。

リマックC_Twoのプロトタイプは3年前に公開

なお、リマックC_Twoのプロトタイプは3年前のジュネーブ・モーターショーにて公開されており、その際のスペックは「1,888馬力、0-100km/h加速1.85秒、最高速度412km/h、一回の充電あたり航続可能距離は650km(NDEC)」。※1.85秒という微妙な数字は、直前に発表されたテスラ”新”ロードスターの1.9秒を意識したものだと思われる

もちろん当時でも「しばらくあとになる発売」を見越し、その間の技術革新を織り込んでスペックを”サバ読み”していたのだとは思われますが、実際にこの間には様々な技術的進歩があって、今回発表されることになる市販モデルは当初コンセプトモデルの数値を大きく超えることになるかもしれません。

リマックC_Two

リマックが上海にショールームを開設
リマックが中国・上海にてショールームを開設!納車に向けて着々と世界中で準備を進めているようだ。なおアメリカの販売拠点は10か所、日本は1か所

| リマックC_Twoは「もっとも発売が待ち望まれるハイパーカー」のうちの1台 |この記事のもくじ| リマックC_Twoは「もっとも発売が待ち望まれるハイパーカー」のうちの1台 |リマックは急激に販売 ...

続きを見る

リマックとはなんぞや

リマックは2009年にメイト・リマック氏によって創業されたクロアチアの自動車メーカーで、当時20代だったメイト・リマック氏はなんらバックボーンや同業種での経験を持たなかったため、また電動化に対する世間一般の認識も高くはなく、創業当時は誰も同氏のビジョンを理解しようとせずに「狂人扱い」されたとも語っています。

【動画】2009年創業時の従業員は10名→今は500名。現代の錬金術を成し遂げたリマックCEOが自社内部を紹介

| リマックの何が評価されてここまで成長したのか今でも謎 | クロアチアのEVメーカー、リマック。「コンセプト・ワン」発売後にそのパフォーマンスと技術力が評価され、その後に巨額投資を獲得して一気に成長 ...

続きを見る

しかしその後に「1,224馬力の」コンセプト・ワンを発売するにあたり世間の評価は一変し、株価は大きく上昇して各社からの研究開発依頼が舞い込んだり、投資家からの資金注入が相次ぐことに。

ただ、このコンセプト・ワンはわずか生産10台にとどまり、うち2台は競技用(ロードカーのうちの1台は、リチャード・ハモンドによってドライブされるも事故によって廃車となる)。

5

それでもリマックの評価は非常に高く、ポルシェが出資を行い、さらにその後出資比率を引き上げていることからもその”価値”がわかります。

現存するのは世界に7台、リマック「コンセプト・ワン」が1.8億で中古市場に。もしかすると今後もっとも値上がりしそうなクルマ?

| もしリマックがブガッティを買収すれば、コンセプト・ワンの価格は天井知らずに |この記事のもくじ| もしリマックがブガッティを買収すれば、コンセプト・ワンの価格は天井知らずに |「2台目のリマック」 ...

続きを見る

加えて、ポルシェ属するフォルクスワーゲンはリマックとの関連性をより強くしたいという意向を見せており、さらにはヒュンダイやピニンファリーナともパートナーシップ契約を結んでいて、つまりリマックは自動車業界において”最も重要な企業の一つ”になったということですね。

リマック・コンセプト・ワン
ポルシェがリマックへの投資を拡大し出資比率が24%へ!ポルシェはリマックに「稼いでもらう」ことで収益源として活用したい意向のようだ

| 一時、ポルシェはリマックの技術を手に入れるためにリマックを買収すると言われたが |この記事のもくじ| 一時、ポルシェはリマックの技術を手に入れるためにリマックを買収すると言われたが |ポルシェ「我 ...

続きを見る

リマックの評価は正当?過大?

つまりは創業したばかりの、10台しかクルマを作っていない会社の企業価値が何百億円にも達してしまったわけですが、正直これは「過大評価」なんじゃないかと思うことも。

加えて、当時は「リマックしか実現できなかった」ようなハイパワーEVについても、テスラやロータス、そのほかの自動車メーカーでも実現できる可能性が高まっており、その優位性を失いつつあるんじゃないかと考えることもありますが、実際のところリマックの評価が正当なのか、それとも過大評価なのかについて、C_Twoの市販モデルがデリバリーされはじめたのちに判明するのかもしれません。

リマックCEO、メイト・リマック
VWがリマックにタダでブガッティを渡し、見返りにポルシェがリマック株を50%に達するまで受け取るとのウワサ。ただしリマックCEOが「我々は独立を貫く」と否定の声明を発表

| このあたりのウワサはここ1~2年、形を変えながら囁かれているようだ |この記事のもくじ| このあたりのウワサはここ1~2年、形を変えながら囁かれているようだ |リマックがブガッティを買収するという ...

続きを見る

リマックによるC_Two市販モデル予告動画はこちら

合わせて読みたい、リマック関連投稿

リマックCEO「C_Twoが完売したと言われるが、それは正しくない。製造前にハイパーカーを完売させることができるのはフェラーリくらいのものだ」

| ただしあと何台受注枠があるのかはわからない |この記事のもくじ| ただしあと何台受注枠があるのかはわからない |リマックの何がすごいのかリマックC_Twoはまだ受注枠が空いている合わせて読みたい、 ...

続きを見る

リマックが新社屋を建設
リマックが新社屋の計画を公開。「敷地内には牛や羊を放牧」「周囲にはドリフト可能なサーキット」。なお建設予定地は創業者が憧れを抱いていた城の近く

| リマックの成長は「神話」だといっていい |この記事のもくじ| リマックの成長は「神話」だといっていい |リマック新社屋は2500人を収容可能敷地内にはサーキットもリマックの新社屋計画を紹介する動画 ...

続きを見る

参照:RimacAutomobili

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他の国の車
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5