ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

【動画】元フェラーリのデザイナーがフェラーリ296GTBを斬る!「素晴らしいデザインだが、自分ならこうする」。よりフェラーリらしい修正デザインを公開

投稿日:

元フェラーリのデザイナーがフェラーリ296GTBを斬る!「素晴らしいデザインだが、自分ならこうする」

| フェラーリ296GTBのデザインは賛否両論あるようだ |

とくにヘッドライトについては議論の対象となっている

さて、デザイン的評価が分かれる新型フェラーリ「296GTB(ぼくは肯定的)」。

一部の人は強い違和感を示しており、これまでにもユーチューバー、スケッチモンキー氏がそのデザインを手直ししたりしていますが、今回はピニンファリーナにて実際にフェラーリのデザインを行ってきたフランク・ステファンソン氏がじきじきに「自分だったらこうする」というデザイン修正案を動画にて公開しています。

同氏はこれまでにも数々の自動車メーカー、そしてピニンファリーナでもデザインを担当しており、R50世代のBMWミニ/X5、マセラティMC12、マセラティ・クワトロポルテ、マクラーレンMP4-12C/675LT/P1/570S/720Sのデザインを行い、フェラーリではF430/612スカリエッティ/FXX/599GTBフィオラノ、といったクルマを手掛けたことで知られます。

フェラーリ296GTBのデザインは評判がイマイチ?「テールランプがサングラス」「オーバーデザイン」
【動画】フェラーリ296GTBのデザインは評判がイマイチ?「テールランプがサングラス」「オーバーデザイン」。そこで一人の男が296GTBのデザインを修正してみた

| フェラーリのV8ミドシップモデルについては、「458の時代で終わりを告げた」と見る向きが多いようだ |この記事のもくじ| フェラーリのV8ミドシップモデルについては、「458の時代で終わりを告げた ...

続きを見る

フェラーリ296GTBのデザインは基本的に優れている

まず、フランク・ステファンソン氏が主張するのは「250LMをデザインモチーフとしたことは素晴らしい」。

296GTBは「過去のアイコニックなクルマがデザイン的テーマを提供してくれることが、デザイナーにとって非常に価値がある」ことの証明だといい、「過去の感情と未来の技術を融合させた」素晴らしい例だと評価しているようですね。

021-07-04 8.16.42

さらにフロントフェンダーのピークを「フロントタイヤのセンター」に持ってきたことでドライバーの前輪の位置を把握しやすくなり、サーキットにおいて正確な走行が容易になると延べ、さらにAピラーを廃してラップアラウンドウインドウを採用したことで全体的にエレガントになったとも。

フェラーリ296GTBのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは全26色、内装は全15色、走り志向の「アセット・フィオラノ」パッケージも
フェラーリ296GTBのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは全26色、内装は全15色、走り志向の「アセット・フィオラノ」パッケージも

| いつもどおり、内外装にシックなカラーを用意するのはフェラーリならでは |この記事のもくじ| いつもどおり、内外装にシックなカラーを用意するのはフェラーリならでは |アセット・フィオラノ・パッケージ ...

続きを見る

しかしすべてを気に入っているわけではないようだ

ただ、そのフランク・ステファンソン氏もフェラーリ296GTBのすべてを気に入っているわけではなく、フロントフードのラインと一致しないヘッドライト(これは多くの人が指摘している)ほか、いくつかを修正したいと考えているようですね。

Ferrari-296GTB

そこで同氏は実際にいくつか修正を行い公開していますが、フロントバンパー内だとこんな感じで、開口部両脇の形状がちょっと変わっています。

021-07-04 8.20.19

開口部が狭くなり、すこしエレガントさを増しているようですね。

021-07-04 8.20.10

グリーンハウスについてもなんとかしたいと考え・・・。

021-07-04 8.16.52

ビフォーと・・・。

021-07-04 8.24.56

アフター。

サイドウインドウうしろの気になる黒いパーツが無くなり、ウインドウのラインとドアミラーの上下ラインが一致しています(たしかいにこのほうがすっきりしていて、さらに重心も低く見える)。

021-07-04 8.25.04

ルーフはボディカラー同色から・・・。

21-07-04 8.21.39

ブラック(カーボン?)へと変更され、もうひとつ重心を低く見せています。

21-07-04 8.21.46

ちょっと引いて見るとこんな感じ。

021-07-04 8.25.24

修正案のほうが未来っぽくもあり、よりクリーンな雰囲気。

021-07-04 8.25.31

そして296GTBのテールランプについても納得ができず・・・。

021-07-04 8.21.34

造形とともに丸形テールランプへ。

021-07-04 8.26.30

たしかにこのほうがフェラーリっぽい印象もありますね。

そのほかエキゾーストパイプの位置がちょっと上にあがっていたりと細かい変更がなされています。

全体的にフランク・ステファンソン版フェラーリ296GTBを見るとこんな感じ

なお、フェラーリ自身はこの丸形テールランプを廃止したいと考えており、F8トリブートでも「上下をカットした」細長形状へと変更されているので(フェラーリによると丸4灯の新解釈)、フェラーリはもう丸形テールランプを採用しないのかもしれません。

021-07-04 8.25.59

こちらはサイドの「ビフォー」。

021-07-04 8.26.37

「アフター」だと、サイドウインドウのグラフィックやリアエンドの形状変更によって、よりコンパクト、そしてウェッジシェイプが強調されているようですね。

021-07-04 8.26.46

こちらはフロントの「ビフォー」。

021-07-04 8.26.55

こちらは「アフター」。

ルーフとミラーのカラーは実際に(296GTBの)オーナーが手を付けることができそうなところですね。

2021-07-04 8.27.05

元フェラーリのデザイナーがフェラーリ296GTBのデザインを修正する動画はこちら

あわせて読みたい、フランク・ステファンソン関連動画

720Sまでを担当したマクラーレンのデザイナーが最新モデル、アルトゥーラのデザインを「8.5点だな」と評価
【動画】720Sまでのデザイン担当がアルトゥーラを「8.5点だな」と評価。マクラーレンはデザイナーが交代したセナあたりから変調をきたしたような気がする

| マクラーレンはなんとしてもフランク・ステファンソン氏を慰留すべきだった |この記事のもくじ| マクラーレンはなんとしてもフランク・ステファンソン氏を慰留すべきだった |「マクラーレンのデザイナーは ...

続きを見る

元ピニンファリーナのデザイナーが「ホンダS2000コンセプト」を公開
【動画】元ピニンファリーナのデザイナーが「ホンダS2000コンセプト」を公開!なおS2000の前身であるSSMコンセプトはピニンファリーナの作品

| ホンダS2000は2024年に復活すると言われるが |この記事のもくじ| ホンダS2000は2024年に復活すると言われるが |フランク・ステファンソンはこんな人ホンダS2000はもともとピニンフ ...

続きを見る

参照:Frank Stephenson

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->フェラーリ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5