ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ポルシェ(Porsche) その他の国の自動車メーカー

【動画】まさに無慈悲!リマック・ネヴェーラがポルシェ・タイカン・ターボSとBMW M5を加速競争でどうしようもなく打ち負かす

投稿日:2021/07/27 更新日:

まさに無慈悲!リマック・ネヴェーラがポルシェ・タイカン・ターボSとBMW M5を加速競争でどうしようもなく打ち負かす

| エレクトリックスポーツの納車が進んでくると、もはやこれまでの常識を修正する必要がありそうだ |

しかもテスラ・モデルSとやモデルXのように、セダンやSUVでも速いから手に負えない

さて、リマックは先日「1914馬力、0-100km/h加速1.97秒」というトンデモスペックのピュアエレクトリックハイパーカー「ネヴェーラ」を発表していますが、その後にいくつかの車両と加速比べがなされており、「フェラーリ最速」であるSF90ストラダーレですらまったく歯が立たないという状況です。

まさかの「フェラーリSF90とリマック・ネヴェーラとの加速競争」がもう実現
【動画】まさかの「フェラーリSF90とリマック・ネヴェーラとの加速競争」がもう実現!あまりのネヴェーラの速さに「狂気の沙汰だ」

| リマックはすでに各メディアを招いて空港にてイベントを開催していたようだ |この記事のもくじ| リマックはすでに各メディアを招いて空港にてイベントを開催していたようだ |リマックの公称値は「理想値」 ...

続きを見る

もう「勝つか負けるか」ではなく、「どれくらい差をつけて勝つか」が焦点に

そして今回、その動画の総再生回数が20億回に達しようという人気Youtubeチャンネル、Carwowがリマック・ネヴェーラとBMW M5コンペティション、ポルシェ・タイカン・ターボSとを競わせることに。

ただ、ここで注意すべきは、BMW M5コンペティション、ポルシェ・タイカン・ターボSとて「けして遅くはない」、いやむしろ速い部類だということ。

BMW M5コンペティションは4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、その出力は626馬力、駆動輪は4輪、0-100キロ加速3.1秒、最高速度は304km/h。

そしてポルシェ・タイカン・ターボSは前後にモーターを1つづつ搭載して最高出力761馬力を発生し、やはり駆動輪は4輪、0-100km/h加速2.8秒、最高速度は261km/h。

つまり、通常の範囲でものごとを考えるならば、この2台はまず無敵とも言える性能を持っているわけですね。

2

ただし実際に走ってみたらこうなった

しかしながら4モーターを搭載して1,914馬力を発生し、0-100km/h加速1.97秒、最高速度415km/hというリマック・ネヴェーラにはどうにも歯が立たず、スタート直後からこんな感じ。

1

なお、タイカン・ターボSのみ、スタート時のみなんとか食いつくものの、その後はずっと距離を開けられつづけ、ゴールする時点ではリマック・ネヴェーラに約10車身ほど差をつけられています。

4

そしてBMW M5コンペティションはそこから3車身遅れてようやくゴール(それでも全く遅いタイムではない)。

3

おそるべきはリマック・ネヴェーラのタイムであり、市販車がこの数字を出すということ自体が「常識はずれ」です。

そのほか、動画では時速50キロ走行時からの加速(ローリングスタート)も試しており、しかしこちらのほうがリマックの加速の凄まじさを示す結果となっていて、文字通り「一瞬で」ほか2台を置き去りとしています。

5

リマック・ネヴェーラに対抗できそうなのは(それでも勝つことは難しいだろう)、テスラ・モデルSプラッドくらいだと思われますが、どこかでこの対決を実現させてほしいものですね。

テスラ・モデルSプレッド
【動画】テスラ・モデルSプラッドは一般道でも「0-60マイル加速1.99秒」を出せるようだ!こんなクルマを普通に売ってもいいものか・・・

| EVは加速に優れるという特徴を持つが、そのうち「加速制限」が導入されそうだ |この記事のもくじ| EVは加速に優れるという特徴を持つが、そのうち「加速制限」が導入されそうだ |それにしてもテスラ・ ...

続きを見る

リマック・ネヴェーラが無慈悲なまでにBMW M5コンペティション、ポルシェ・タイカン・ターボSをぶっちぎる動画はこちら

合わせて読みたい、リマック関連投稿

メイト・リマック
33歳でブガッティを支配下に置いた男、メイト・リマック。その生い立ち、これまでの歩みを見てみよう

| メイト・リマックが「リマック・アウトモビリ」を設立したのは21歳、そして12年後には事実上ブガッティを手中に収める |この記事のもくじ| メイト・リマックが「リマック・アウトモビリ」を設立したのは ...

続きを見る

リマックが新型ハイパーEV「Nevera(ネヴェーラ)」を発表
【動画】リマックが新型ハイパーEV「Nevera(ネヴェーラ)」を発表!出力1,914馬力、0−100km加速は1.97秒。限定150台、その価格は2.7億円

| その出力や加速はコンセプトモデルと大きな差異はないものの、市販モデルでは空力性能に磨きをかけてきたようだ |この記事のもくじ| その出力や加速はコンセプトモデルと大きな差異はないものの、市販モデル ...

続きを見る

ブガッティとリマック
ブガッティxリマック続報!今後3台の新型車が控え、「ガソリン車も作り続けるがハイブリッド化される」「10年以内にはピュアエレクトリックカーを発売」

| ブガッティとリマックとの合弁会社設立に要した時間は18ヶ月 |この記事のもくじ| ブガッティとリマックとの合弁会社設立に要した時間は18ヶ月 |今後のブガッティは「ハイパーカー以外」もリリースする ...

続きを見る

参照:carwow

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), >ポルシェ(Porsche), その他の国の自動車メーカー
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5