ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ(Ferrari)

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティメのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは98色、アクセントカラーも豊富に揃い、ホイールには「ホワイト」も(外装編)

投稿日:2021/08/05 更新日:

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティメのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは98色、アクセントカラーも豊富に揃い、ホイールには「ホワイト」も

| おそらくは過去でもっとも選択肢の豊富なアヴェンタドールだと思う |

さすがはアヴェンタドールの伝統を凝縮した限定モデルだけのことはある

ランボルギーニは「アヴェンタドール最終モデル」としてLP780-4ウルティメを発表していますが、これはクーペ350台、ロードスター250台のみの限定発売となり、もちろんすでに「完売」だと伝えられています。

そして今回、カーコンフィギュレーターが公開されており、その内容を見てみたいと思いますが、クーペの「基本カラー」はGRIGIO NIMBUS(下の画像)、GRIGIO ACHESO(上の画像)の2色。

ちなみに、GRIGIO ACHESOのほうは、その背景画像からするに、テルツォ・ミッレニオ、セスト・エレメントをイメージしているようですね。

7

ランボルギーニがアヴェンタドール最終モデル「LP 780-4 Ultimae」発表
ランボルギーニがアヴェンタドール最終モデル「LP 780-4 Ultimae」発表!その出力はSVJ超えの780馬力、限定台数は600台

| まさかアヴェンタドールSVJの780馬力を超えてくるとは思わなかった |この記事のもくじ| まさかアヴェンタドールSVJの780馬力を超えてくるとは思わなかった |そのデザインは「アヴェンタドール ...

続きを見る

アヴェンタドールLP780-4ウルティメのボディカラーは98色が選択可能

もちろんそのほかにもボディカラーが大量に用意されており、「BASE OFFER」として10色(グロスカラーのみ)、「SPORTIVA」としてグロスカラー8色とマットカラー6色、「CONTEMPORANEA」としてグロスカラー8色とマットカラー7色、「ECLETTICA」ではグロスカラー7色にマットカラー6色、「CLASSICA」ではグロスカラーのみ7色、「TECNICA」ではマットカラーのみ7色、「AD PERSONAM」ではグロスカラー25色、マットカラー7色が揃います。

6

つまりは7つのテーマから合計で98色もの選択肢が提示されているということになりますが、もちろんこれで不足があれば、パーソナルオーダーにてどんなペイントにでも塗装が可能だと思われます。

2

アヴェンタドールLP780-4ウルティメにはアクセントの付与が可能

そしてアヴェンタドールLP780-4ウルティメにはアクセントカラーが用意されており、まず「リアディフューザーおよびフロントリップにアクセントカラーのカラーリング」を選択すると、フロントバンパーのインテーク内と・・・

1

リアディフューザーのエッジにアクセントカラー(この場合はレッド)がプラスされます。

3

「アクセントカラーのフルカラーリング」を選択すると、さらにはバンパーのアンダー部分、サイドパネルのボディカラー/ブラックの境界に加え・・・

22

リアだと「オメガリップ」のエッジもアクセントカラーへ。

5

ちなみに「エクステリアのカラーリングなし」を選ぶとボディアンダーがボディカラー同色となり、アクセントカラーもなくなります。

4

なお、アクセントカラーを付与する場合、そのカラーは「Grigio(グレー)」「Arancio(オレンジ)」「Bianco(ホワイト)」「Blu(ブルー)」「Bronzo(ブロンズ)」「Giallo(イエロー)」「Rosso(レッド)」「Verde(グリーン)」「Verde Chiaro(ライトグリーン)」の9色から選択できます。

3

さらには「トーン・オン・トーンのエクステリア、マット」というオプションもあり、これは「車の美しさをさらに引き立てる限定バイカラーコンビネーション」。

ただしボディカラーの選択が限られ、「Blu Arione」「Grigio Acheso」「Arancio Bruciato Matt」の3色の場合のみ選択可能。

2

加えて「トーン・オン・トーンのエクステリア、シャイニー」も用意され、これは「Rosso Efesto」「Blu Tawaret」「Bianco Opalis」の3色のみに適用されます。

1

アヴェンタドールLP780-4ウルティメはホイール選択肢も豊富

そして次は アヴェンタドールLP780-4ウルティメのホイール。

デザインそのものは3種類で(いずれもセンターロック)それぞれにカラーバリエーションがあり、まず「Nireo 鍛造 20インチ/21インチ」だと「マットチタン」「シャイニーブラック「マットブロンズ」「シャイニーブロンズ」の4カラー。

11

「Leirion 鍛造 20インチ/21インチ」だと「チタン」「ブロンズ」「シャイニーブラック」「マットブロンズ」。

10

「Dianthus 鍛造 20インチ/21インチ」だと「ハイグロスブラック」「ホワイトシャイニー」「ゴールドシャイニー」「チタンマット」「ブラックマット」といった感じでそれぞれ微妙に差異があります。

なお、この「ホワイトシャイニー」はランボルギーニとしてはかなり珍しい設定だと思います(レーシングカーっぽくてカッコいい)。

9

さらにはセンターロックのカラーも選ぶことができ、「ブラック」「Arancio Dac」「レッド」「シルバー」「ブルー」「ゴールド」といった感じでやはり豊富。

8

アヴェンタドールLP780-4ウルティメのブレーキキャリパーは8色

ブレーキキャリパーだとブロンズ、イエロー、グリーン、オレンジ、ライトグリーン、ブルー、ブラック、レッド」の8色。

これまでにないほど選択肢が多く、ボディカラーやホイール、アクセントとあわせ、その組み合わせには相当に悩むことになりそうです。

7

そのほか、 アヴェンタドールLP780-4ウルティメ にはこんなオプションも

これらのほかには、エンジンヘッドカバーの一部(エンジンエアマニホールドのT型部分)とXフレームがカーボンファイバーとなる「カーボンファイバー製エンジンディテール」や・・・。

6

ちょっとわかりにくいのですが、インボード式サスペンションのスプリングをレッドもしくはグリーンに変更可能。

5

さらには「Carbon Fiber Shiny」「Carbon Fiber Matt」といったオプションも用意され、これらはそれぞれ「カーボンミラー」「カーボンファイバー製エンジンボンネット」「エクステリアディテール シャイニーカーボン」「ウィンドスクリーンフレームおよびルーフ、シャイニーカーボン」「Cピラーインテークおよびフロントボンネットエアアウトレット、シャイニーカーボン」という内容にて、グロス仕上げもしくはマット仕上げを選択できるというものです。

4

すべて装着するとこんな感じで、かなりメリハリがつくことに。

2

ホワイトのホイールを生かしてこんなアヴェンタドールLP780-4ウルティメを作ってみた

なお、今回ホワイトのホイールが用意されているということもあり、ぼくとしてはこれを選ばない手はない、と考えています(ぼくはかつて、パールホワイトの日産フェアレディZにホワイトのホイールを装着していたことがある。ミニクーパーSのホイールもホワイトを選んだ)。

こちらはブルー版。

23

ホワイトにブルーアクセントもいいですね。

20

アヴェンタドールLP780-4ウルティメの限定台数は上述の通り合計600台ですが、これだけの選択肢があれば「同じ仕様」が被ることはまずないものと思われ、かつ「全く選ばれなかったボディカラー」や、「1台のみしか存在しないボディカラー」も出てきそうですね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティメの内外装オプションをまとめた動画はこちら

参照:Lamborghini

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5