ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

意外となかったなこのCG!マクラーレンF1をオープン化したデザイナー現る。「実は歴史に埋もれていた一台」といっても通用しそうだ

投稿日:2021/08/10 更新日:

意外となかったなこのCG!マクラーレンF1をオープン化したデザイナー現る。「実は歴史に埋もれていた一台」といっても通用しそうだ

| マクラーレンF1は「レンダリングでも、実車でも」ある意味で「アンタッチャブル」 |

ただしここまでよく出来たCGも珍しい

さて、世の中にはスーパーカーのピックアップトラック化、ハイパーカーのSUV化かど様々な「もしも」系レンダリングが存在しますが、意外に今までなかったのがマクラーレンF1の「オープンモデル」。

よくよく考えるとマクラーレンF1のオープンモデルのIF設定レンダリング自体がほとんど存在しなかったように思われ、しかしとにもかくにも今回「オープン化」レンダリングが登場しています。

参考もしもセナが事故死した当時、現役だったマクラーレンF1をベースにセナへのトリビュートカーを作っていたら?

| きっとっこうなっていた・・・かどうかはわからない |この記事のもくじ| きっとっこうなっていた・・・かどうかはわからない |セナは1994年に非業の事故死を遂げるこんな記事も読まれています 以前に ...

続きを見る

実際にはまず登場しないだろう

なお、スーパーカーやハイパーカーに「オープンモデル」が設定されるのはごくごく当たり前の事象となっていますが、これは北米でのオープンモデルの人気が高いこと、そしてオープンモデルの生産台数を低く抑えるメーカーが多いのでオープンモデルの価値が必然的に向上し、「オープン=価値がある」という印象が根付いていることが理由だと思われます。

ただ、マクラーレンF1の場合、これはそういった希少性や資産価値、コレクション価値を想定したクルマではなく(結果的にはそうなっていますが)、ただ単に速さそしてパフォーマンスのみを追求したクルマ。

よって、ボディ剛性や重量、(オープン時の)空力面において多少でもパフォーマンスを落としてしまうことはマクラーレンF1にとって許容できるものではなく、その意味においてマクラーレンF1のオープンモデルは「俎上にすらのぼらなかっただろう」と考えています。

McLaren-F1S-Render-by-lmm23design-6

そしてマクラーレンF1の購入者もそれをよく理解しているはずで、いかなる事情があろうとも「オープン化」カスタムを行うことはないものと思われます(絶望的に価値が下がることも間違いない)。

McLaren-F1S-Render-by-lmm23design-5

AIの反乱?米にて無人自動運転タクシーが十数台、一箇所に集まって道路を占拠するという怪事件が発生。なお原因はいまだ不明
参考AIの反乱?米にて無人自動運転タクシーが十数台、一箇所に集まって道路を占拠するという怪事件が発生。なお原因はいまだ不明

| 自動運転はなにかあった際のリスクがあまりに大きすぎる |この記事のもくじ| 自動運転はなにかあった際のリスクがあまりに大きすぎる |それでも多くの自動車メーカーが自動運転を目指す理由がわからない自 ...

続きを見る

今回のレンダリングは細部に至るまでよく考えられていた

ただ、こういった仮想レンダリングの世界においては「なんでも起こりうる」ことになり、これはこれでまた面白いと考えていて、よってぼくとしては「大歓迎」。

このレンダリングは「今まで表に出なかったものの、実は1台だけが中東の富豪(もしくはブルネイの王族)の依頼によって作られており、今になってその姿が公開された」と言っても信じてしまうほどの出来栄え。※もともとマクラーレンF1には謎が多い

McLaren-F1S-Render-by-lmm23design-3

フロントやサイドは「クーペ版」マクラーレンF1をそのまま継承していますが、ルーフから後ろのリアセクションは当然ながらオリジナル。

AIの反乱?米にて無人自動運転タクシーが十数台、一箇所に集まって道路を占拠するという怪事件が発生。なお原因はいまだ不明
AIの反乱?米にて無人自動運転タクシーが十数台、一箇所に集まって道路を占拠するという怪事件が発生。なお原因はいまだ不明

| 自動運転はなにかあった際のリスクがあまりに大きすぎる |この記事のもくじ| 自動運転はなにかあった際のリスクがあまりに大きすぎる |それでも多くの自動車メーカーが自動運転を目指す理由がわからない自 ...

続きを見る

しかも非常によく考えられており、このインダクションケースの形状とクリア仕上げのカバーなどはまさに秀逸。

McLaren-F1S-Render-by-lmm23design-7

今回ルーフを閉じた画像はないものの、LMMデザインによると「簡素なファブリック製のルーフを持っている」という設定なのだそう。

McLaren-F1S-Render-by-lmm23design-1

その他にはこんな「もしも」レンダリングが制作されている

なお、LMMデザインではこのほかにもいくつか「もしも」系レンダリングを作成しており、ここでその一部を見てみましょう。

まずこちらはアストンマーチン・ヴァルキリー・ロードスター。

すべてホワイトとグリーン(ドバイ警察っぽい)のフェラーリ488ピスタ、マクラーレン720S、ランボルギーニ・ウラカンSTO、メルセデスAMG GTブラックシリーズという最速カルテット。

ランボルギーニ・ウラカンSTO「スパイダー」。

合わせて読みたい、マクラーレンF1関連投稿

世界に5台のみしか存在しないマクラーレンF1 LM
【動画】世界に5台のみしか存在しないマクラーレンF1 LM!自動車博物館がその細部を説明する

| ゴードン・マレーT.50はマクラーレンF1 LMを超えることができるか |この記事のもくじ| ゴードン・マレーT.50はマクラーレンF1 LMを超えることができるか |マクラーレンF1 LMは「究 ...

続きを見る

マクラーレンF1の真髄は「表から見えない部分」にあった
マクラーレンF1の真髄は「表から見えない部分」にあった!世界でもっとも詳しい、F1の取り扱い方法を紹介した動画が公開に

| マクラーレンF1はその細部に至るまでとことん考え抜かれていた |この記事のもくじ| マクラーレンF1はその細部に至るまでとことん考え抜かれていた |ここまで高い完成度を持つ工業製品もほかにないマク ...

続きを見る

【動画】マクラーレンF1の知られざる秘密7つ!ル・マン優勝車「F1 GTR 上野クリニック(59号車)」、日本人初のル・マン優勝ドライバーはこうして誕生した

| 事実は小説よりも奇なり |この記事のもくじ| 事実は小説よりも奇なり |物語は一本の電話から始まったこんな記事も読まれています マクラーレンF1といえばスーパーカー界のレジェンドでもありますが、今 ...

続きを見る

参照:LMM Design

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5