ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

【動画】CGアーティストが現行カローラを3ドア化!GR86と融合させ「藤原とうふ店」ハチロクを作ってみた

投稿日:

CGアーティストが現行カローラを3ドア化!GR86と融合させ「藤原とうふ店」ハチロクを作ってみた

| あまりに自然すぎて3ドア化されたことに気づかなかった |

この作品は見た目よりも遥かに手間がかかっているようだ

さて、世界中で根強い人気を誇る「頭文字D」。

これまでにも作中に登場する「拓海のハチロク」を再現した実車やレンダリングが多数登場していますが、今回は現行カローラをベースにした「藤原とうふ店」仕様が登場しています。

ただ、現行カローラそのままではなく、5ドアハッチバックを「3ドアに」一旦修正し、そこから細部を調整したうえで藤原とうふ店バージョンへとカラーリングを変更しているようですね。

「藤原とうふ店」現行カローラはこうやって作る

まず用意するのは現行カローラの素材ですが、これを3ドアそしてホットハッチ風にバーチャルカスタムするため、「ボディだけ」を残して不要なパーツを取り除きます(この段階でドアなど各パネルの継ぎ目を消している)。

7

そしてGR86にこれをかぶせ・・・。

6

3ドアとしての体裁を整え、A~Cピラーをスポーツクーペ風に。

5

こうやって見ると、GR86とカローラとでは「ぜんぜん違うように見えながらも」、実は各パーツの配置やその高さ、幅、角度がけっこう一致しているようですね。

4

そしてリアウインドウやCピラーも調整(リアウインドウをかなり寝かせていて、ハッチバックとリフトバックとの中間のようなスタイルに変更されている)。

このあとにリアディフューザーやテールパイプもGR86と融合させ、スポーツカー的に仕上げます。

3

そしていったん「3ドアのカローラ(しかもスポーツバージョン)」をつくり、その後に藤原とうふ店バージョンへとカラーリングを変更。

2

このレンダリングを「拓海のハチロク」とはぜんぜん違うと断じることは容易ですが、もちろん作成者もそんなことは承知の上でこの作品を作っているワケで、そこにかかった労力、一見すると「3ドアにしたことすらわからない(全然気づかなかった)」自然な仕上がりに注目したく、ぼくとしては拍手を贈りたいと思います。

現行トヨタ・カローラを3ドアハッチバックに変更し、藤原とうふ店バージョンへと仕立て上げる動画はこちら

合わせて読みたい、藤原とうふ店関連投稿

一体何なのこの動画!無動力カートによる下り坂レースにとうふ屋ハチロクが登場。おそらくは4WSを備えたダウンヒル専用マシン

| ボディサイドには「サスタマラ豆腐」。つっこみどころしか無い |この記事のもくじ| ボディサイドには「サスタマラ豆腐」。つっこみどころしか無い |リアの振り出し用に「中心から一番遠いところに重量物」 ...

続きを見る

マツダ・ファミリアを藤原とうふ店のハチロクトレノに
世界で最も安価な藤原とうふ店カスタム?マツダ・ファミリア・アスティナをハチロクトレノに見せる男

| この発送はまったく無かった |この記事のもくじ| この発送はまったく無かった |マツダ・ファミリア・アスティナはこんなクルマこちらが本家「藤原とうふ店」のハチロクトレノそのほかにはこんな「え?」と ...

続きを見る

中国で見かけたクルマなど。あのLynk&Co.も走っていた!藤原とうふ店も大人気!

| すでにLynk&Co.が走っていたとは知らなかった | さて、中国(上海)で見かけたクルマたち。 まずはLynk&Co.ですが、これはおそらく「01」。 初回生産台数6,000台を ...

続きを見る

参照:Theottle

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5