ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

【動画】100年前のロールス・ロイス・シルヴァーゴースト9台が「110年前に開催された」公道レースと同じルートを走る!今でも600キロ以上を走ることができるのはまさに驚き

投稿日:

100年前のロールス・ロイス・シルヴァーシャドウ9台が「110年前に開催された」公道レースと同じルートを走る!今でも600キロ以上を走ることができるのはまさに驚き

| さすがは高い耐久性を誇るロールスロイス |

しかも実走できるシルヴァーシャドウがこれだけ存在するとは

さて、ロールスロイスは1911年、つまり110年前のロンドン・エディンバラ間トライアルにおいて、シルヴァーゴーストを用いて平均速度19.59mph(31.5km/h)で往復799マイル(1,286km)を走破するという「当時としては驚異的な」記録を達成し優勝しています。

シルヴァーゴーストはその後のテストにおいても時速78.2マイル(125.8km)を記録しており、さらにその後にはロールス・ロイスのクルマとして初めて100mph(160.9km/h)を超えたといい、ロールスロイスの名声を一気に高め、そして現在でも「ロールスロイスではもっとも有名なクルマ」。

実際の所、ロールス・ロイスのコーポレートリレーションズの責任者であるアンドリュー・ボール氏は「スピード、信頼性、耐久性を競った初期の試験で成功を収めたことにより、ロールス・ロイスは "世界最高の車 "という評判を得ることができ、これによってシルヴァーゴーストは、ロールスロイスの中でも最も有名なモデルなったのです」とコメントしています。

Rolls-Royce-London-Edinburgh (5)

初代ロールスロイス・シルヴァーゴーストはこんなクルマ

参考までに、(初期の)初代ロールスロイス・シルヴァーゴースト。

正式な車名は馬力をあらわす「40/50HP」で、先進性よりも「既存技術」に磨きをかけ、高い精度で製造されたクルマだとされています。

そのため製造には多大なコストがかかり、現行モデル同様に「非常に高価」であったようですが、上述のロンドン・エディンバラ間トライアル等各種レースでの勝利によって、その性能と耐久性が証明されるにあたって大きな人気を得ることに。

生産は1906-1925年、総生産台数はシリーズ全体で6,173台とされています。

rolls

なお、車名が「40/50HP」なのにシルヴァーゴーストと呼ばれるようになったのは理由があり、当時のロールスロイスの試作車はシルバーにペイントされる習慣があったこと、そしてその車体でレースに参加した際に「あまりのエンジン音の静かさのため」そこにいないようだ、つまり幽霊(ゴースト)のようだと言われたことがルーツだとされています。

100年前のクルマで110年前の同じコースを走る

そして今回、ロールスロイスは9台の初代シルヴァーゴーストを連ね、1911年にトライアルを開催したロンドンからエジンバラまでを走破することに。

Rolls-Royce-London-Edinburgh (10)

当時は自動車メーカーから車体とエンジンを購入し、その上にボディを架装することが一般的であったといいますが、実際にそれぞれのシルヴァーゴーストの仕様は少しづつ異なるようですね。

Rolls-Royce-London-Edinburgh (2)

当時と同じように午前6時にロンドンを出発し、当時と同じコースを脳な限り忠実に再現しながらほぼ1日をかけて走り抜けたとされ、100年前のクルマがそれだけの距離をずっと走り続けることができるというのは驚き以外のなにものでもありません。

Rolls-Royce-London-Edinburgh (3)

その後はロールス・ロイス・モーター・カーズ・エディンバラにて盛大なレセプションが行われたとのことですが、この旅には「テンペスト・グレー」の新型ゴーストも同行した、とのこと。

Rolls-Royce-London-Edinburgh (4)

ちなみにロールスロイスは2018年にゴーストに「シルヴァー・ゴースト・エディション」を35台のみ限定販売したことも。

Rolls-Royce-London-Edinburgh (8)

ロールスロイスが「世界最高の車」初代シルヴァー・ゴーストをイメージした限定モデル発売。オーナーにしかわからないこだわり満載

| ロールスロイスが元祖「シルバーゴースト」へのオマージュモデルをリリース | Rolls-Royce Silver Ghost ロールスロイスが新たに「シルバー(シルヴァー)ゴースト・コレクション」 ...

続きを見る

参考までに、ロールスロイスのエンジンはかねてより信頼性が高く、はじめて航空機用エンジンとして「大西洋無着陸飛行」を成功させたこともよく知られています(現在、航空機部門は別会社となっている)。

Rolls-Royce-London-Edinburgh (9)

ロールスロイスが「世界で初めて大西洋無着陸横断飛行」を成功させた自社のエンジンにちなんだレイスの限定モデル、「イーグルVIII」を発表

| 1919年の無着陸飛行において、唯一壊れなかったのはロールスロイスのエンジンだけだったという | ロールスロイスが「レイス」に50台のみの限定モデル”イーグル8(Eagle VIII)”を追加。実 ...

続きを見る

100年前のロールスロイスがロンドン〜エディンバラを走る動画はこちら

合わせて読みたい、ロールスロイス関連投稿

オーダーメードのロールスロイス
夫婦の記念日に紅白二台のロールスロイスを購入した夫婦!特別なカスタムが施されたファントム、ドーンが豪華な納車式とともに届けられる

| そのうち位置台は20台のみ限定のファントム・テンパス |この記事のもくじ| そのうち位置台は20台のみ限定のファントム・テンパス |ロールスロイスのオーナーは「複数台所有している」ケースが多いと言 ...

続きを見る

ロールスロイス103EX
ロールスロイスCEOが「最初のEVの名称はサイレントシャドウ」だと語る。なぜロールスロイスは「シルヴァー」そして実態のないものの名称をネーミングに採用するのか?

| ロールスロイスはより静かで快適なクルマを作るためであれば「V12」であっても「エレクトリックモーター」でも構わない |この記事のもくじ| ロールスロイスはより静かで快適なクルマを作るためであれば「 ...

続きを見る

もっとも安く買えるロールスロイス?ミニとロールスとのコラボモデル、「ミニ・インスパイアード・バイ・グッドウッド」が競売に登場
もっとも安く買えるロールスロイス?ミニとロールスとのコラボモデル、「ミニ・インスパイアード・バイ・グッドウッド」が競売に登場。ときどき中古車を買おうと考えることもあるが

| 当時購入を考えたものの、「ミニクーパーSの倍以上の価格」に手を出せずにいたことを思い出す |この記事のもくじ| 当時購入を考えたものの、「ミニクーパーSの倍以上の価格」に手を出せずにいたことを思い ...

続きを見る

参照:Rolls-Royce Motor Cars

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5