ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】パールホワイトにパープル!斬新なカラーを持つフェラーリ812コンペティツォーネがテスト中

投稿日:2021/10/07 更新日:

パールホワイトにパープル!斬新なカラーを持つフェラーリ812コンペティツォーネがテスト中

| おそらくは顧客がオーダーしたカスタム車両だと思われる |

それにしてもフェラーリ812コンペティツォーネはいつ見ても「市販車離れ」している

さて、現時点では最新のフェラーリによる「サーキット走行にフォーカスした限定モデル」、812コンペティツォーネ。

これは812スーパーファストをベースとし、高回転化(レッドゾーンは9500回転)、パワーアップ(6.5リッターV12は+30馬力の830馬力へ)、シフトプログラムの改良(シフトチェンジが5%速くなっている)、軽量化(1,525kgから1,487kgへ)、パフォーマンス向上(0-100km/h加速は2.85秒、さらに0−200km/hまでを7.5秒で駆け抜け、最高速度は340km/h)、車両安定化(サイドスリップコントロールはバージョン7.0へ)等のアップグレードが施されています。

フェラーリが新型限定モデル「812コンペティツォーネ」、さらにオープン版の「812コンペティツォーネA」発表
フェラーリが新型限定モデル「812コンペティツォーネ」、さらにオープン版の「812コンペティツォーネA」発表!フェラーリV12史上最強の830馬力

| まさか限定モデルが2台同時に発表されるとは思わなかった |この記事のもくじ| まさか限定モデルが2台同時に発表されるとは思わなかった |812コンペティツォーネ / 812コンペティツォーネAのエ ...

続きを見る

フェラーリ812コンペティツォーネの姿はやはり「特別」

外観においても多数の見どころがあり、フロントだと新しいエアインテークや(488ピスタでも採用された)バンパー端のダクト、そしてフード状の大きなブレードとスリットが目を引くところ。

なお、フェラーリによると、このブレードは(機能上の理由のほか)車体をよりワイドに見せる効果、ボンネットを短く見せる効果もあるそうです。

7

そして今回、おなじみスパイビデオ系ユーチューバー、Varryx氏が、フェラーリ本社から出てくる812コンペティツォーネの姿を捉えていますが、そのボディカラーは「パールホワイトにパープルのライン(内装もパープル)」。※ラインはワインレッドのように見えるが、動画ではパープルだと述べている

厳重に養生されているところを見るに、この個体はテスト用のプロトタイプではなく、顧客のオーダーによってカスタムされた個体を(出荷前に)テストしているのだと思われますが、フェラーリではすべての個体を実際に走行させて最終の検品を行っているのかどうかは不明です。

もし全数を実走させているのであれば、もっと同様の動画が公開されてもいいのではと考えますし、全数の実走テストを行っていないのであれば、「なぜ今回の個体だけ」という疑問も(一定のパーセンテージを抜き取って検査している可能性も)。

6

参考までに、ランボルギーニだと、ちょっと前まで「全数を実走テストしている」とコメントしていたものの、現在それを実施しているかどうかは不明。

ちなみにブガッティは全数について加速やブレーキング、高速テストのほか、各種機能のテストを行ってから出荷する、とされていますね。

ブガッティ・ディーヴォの納車開始!完成後には350kmの試験走行、空港での加速や減速テスト、6時間におよぶ塗装チェックを経て出荷されることに

| ブガッティは想像を遥かに超える品質管理を行っていた |この記事のもくじ| ブガッティは想像を遥かに超える品質管理を行っていた |なぜ顧客向けの新車が公道を走行?ブガッティ・シロン・ピュールスポール ...

続きを見る

そしてちょっと気になるのは、このフェラーリ812コンペティツォーネの後ろにいる謎の488GTB。

しばらく前までも同様の488GTBが目撃されていて、しかしそれは「296GTB」の開発用車両だったと認識されており、実際に296GTB発表後にはこういった「偽装された488GTBの姿」があまり見られなくなったように思います。

ただ、今回(296GTB発表以後も)偽装を施した488GTBが目撃されていて、つまりは「まだ何かニューモデルの発表が控えている」ということなのかもしれません。

5

それはともかくとして、話を812コンペティツォーネに戻すと、その印象はかなり独特。

その大きな要因は、「全閉」リアウインドウにあるかと思いますが、これによって塗装面積が増えており、さらには「テールランプに覆いかぶさるような」リア周辺のパネルも他のフェラーリに見られない特徴であり、このあたりがまるでレーシングカーのカウルのような雰囲気を演出しているのだと思います。

1

それにしても最近は「レッド(ロッソ)」以外のフェラーリが多く見られるようになり、個々の個性があらわれた仕様が多く見られるようになったと思われ、ぼくとしては「フェラーリがステレオタイプなイメージから脱却しつつある」という意味において、歓迎すべきトレンドだと認識しています。

2

フェラーリ本社から出てくる812コンペティツォーネを捉えた動画はこちら

なお、こちらも同じくVarryx氏がアップした、フェラーリ本社から出てくる296GTS(296GTBのオープンモデル)。

ルーフからリアセクションにかけて大きな構造的偽装が見られ、フェラーリとしては「まだあまり見せたくない」のか、スパイビデオグラファー(Varryx氏)に気づき、急遽出庫を中止して隠れるという動きを見せています。

https://www.youtube.com/watch?v=B9P00Io2sng

合わせて読みたい、フェラーリ812コンペティツォーネ関連投稿

フェラーリ812コンペティツォーネ
【動画】フェラーリ812コンペティツォーネがロンドンに降臨!思ったよりもSF感が強く、ディティールはこれまでのフェラーリとはずいぶん異なるようだ

| まさかのフェラーリ296GTBとのランデブー |この記事のもくじ| まさかのフェラーリ296GTBとのランデブー |ボディカラーがホワイトということもあり、SF感がけっこう強いボディカラーはビアン ...

続きを見る

フェラーリ812コンペティツォーネのコンフィギュレーター公開
フェラーリ812コンペティツォーネのコンフィギュレーター公開!ボクが選ぶのはイングリッド・バーグマンのために調合された「グリージョ・イングリッド」

| フェラーリ812コンペティツォーネはサーキット志向ということもあって通常モデルよりも選択肢が少ない |この記事のもくじ| フェラーリ812コンペティツォーネはサーキット志向ということもあって通常モ ...

続きを見る

参照:Varryx

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->フェラーリ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5