■近況について ●ランボルギーニ・ウラカン

今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。結局、フロントに続きサイドとリアにもペイントプロテクションフィルム(PPF)を貼ることにした

投稿日:

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD

| なんとなくこの結果は予想できてはいたが |

そのぶんコストはかかるが、やむを得ない

さて、先日自身のランボルギーニ・ウラカンEVO RWDにペイントプロテクションフィルム(PPF)を施工したわけですが、案の定というか予想通りに「もっと早くやっとけばよかった」という気持ちになっていて、さらには(貼っていない部分への)追加での施工を行うことに決定。

前回施工したのはフロントバンパー、フロントスプリッター、ヘッドライト、フロントフード、フロントフェンダー、ドアハンドルにサイドステップですが、今回は追加にて「ドア」「ドアミラー」「リアフェンダー」「リアバンパー」への施工を考えていて、つまりは「ルーフとエンジンフードを除くフルラップ」ということになります。※もともと、ペイントプロテクションフィルムについてははじめての経験だったので、ひとまず必要な部分に施工し、その後に様子を見ようという判断だった

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDにプロテクションフィルム施工!飛び石キズ補修もあわせて61万円、これまでの維持+カスタム費用合計は140万円に
【動画】ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDにプロテクションフィルム施工!飛び石キズ補修もあわせて61万円、これまでの維持+カスタム費用合計は140万円に

| プロテクションフィルムは高価だがそれだけの価値はあると思う |この記事のもくじ| プロテクションフィルムは高価だがそれだけの価値はあると思う |想像したよりもずっときれいに貼ってくれて満足度高しプ ...

続きを見る

やはりプロテクションフィルムは安心感が違う

なお、ペイントプロテクションフィルムについては今でも「施工しないに限る」とは考えていて、その理由は塗装面が本来持つシャープな輝きが失われること、どうしても(場所によっては)継ぎ目がわかってしまうこと、そして劣化や、もとの塗装とペイントプロテクションフィルムとの段差に汚れなどが溜まってしまうこと。

つまりは美観上の問題ということになりますが、ペイントプロテクションフィルムを貼っておかねば飛び石キズやちょっとした磨きキズなどでその美観を損なってしまうという矛盾もかかえていて、それを防ぐにはやはりペイントプロテクションフィルムを貼るしか無いと考えています。

L1360011

もちろん、全く乗らないのであれば話は別ですが、実際に乗っていると「絶対にどこかで傷がつく」ことは間違いなく、しかしペイントプロテクションフィルムを貼っていれば、それも防ぐことができる可能性が高くなるわけですね。

そしてぼくが思うのは、「何より安心感が違う」ということ。

キズを恐れて乗るのを控えたり、スーパーカーやスポーツカーを連ねて走るという楽しいツーリングに参加できなかったりすると(それらのタイヤはワイドでソフトなので、後ろを走ると飛び石を食らいやすい)せっかくスーパーカーを所有している意味の多くがなくなってしまい、よって「安心し、楽しく乗るためには」ペイントプロテクションフィルムは必須なのかもしれません。

その対価はけして安くない

なお、ペイントプロテクションフィルムを施工するには相当に高いスキルと経験が必要で、よってそのぶん施工にかかるコストが高くなりがち。

ただしそれは「そのぶん高い技術にお金を支払っている」ということになり、そのスキルと安心感をお金で購入していると考えると、そしてスーパーカー自体の価格を考えると「高い」とは言えず、必要なコストとして計上しようと思います。

L1360029

実際のところ、すでに「ペイントプロテクションフィルムを貼っていないクルマで走る」ことについては、「何も着ずに裸で外を出歩く」のに等しいくらい無防備かつ不安に感じており、PPFにはすでに「精神安定剤」としての効果も感じているわけですね。

ちなみにぼくはウラカンのボディカラーに160万円ほどを投じて「ブルー・ル・マン」を選択しているのですが、その思い入れのある外板色を守るためにもペイントプロテクションフィルムは(上述のように多少失うものはあれど)必須だと捉えています。

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD関連投稿

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD3度めの洗車
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD二度めの洗車!さっそく飛び石キズを見つけてちょっとブルーに(ボクはプロテクションフィルムを貼ってない)

| ただしいつかは飛び石キズが入ることを理解していた |この記事のもくじ| ただしいつかは飛び石キズが入ることを理解していた |ウラカンEVO RWDの洗車にも慣れてきたこれからしばらくは黄砂に注意合 ...

続きを見る

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。プロテクションフィルム施工のために車両を預けるも、その場で新たなる飛び石キズを発見してショックを受ける・・・

| 正直、ここまで濃色ソリッドカラーの「飛び石キズが目立つ」とは思わなかった |この記事のもくじ| 正直、ここまで濃色ソリッドカラーの「飛び石キズが目立つ」とは思わなかった |これ以上の飛び石キズは絶 ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。今までの方針を翻意し、プロテクションフィルムを貼ることにした

| スーパーカーとつるんで走ると、どうしても飛び石キズを食らうことになる |この記事のもくじ| スーパーカーとつるんで走ると、どうしても飛び石キズを食らうことになる |このままではボクのウラカンEVO ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■近況について, ●ランボルギーニ・ウラカン
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5