ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

え?これがポルシェ公式?ポルシェが中国進出20周年を記念し、あまりにもシュールなアート作品を作る

投稿日:

え?これがポルシェ公式?ポルシェが中国進出20周年を記念し、あまりにもシュールなアート作品を作る

| もう中国のポルシェ法人が何をしても驚かない |

このシュールなポルシェ911は現地の博物館などで展示されるようだ

さて、ポルシェは先ごろ、英国のアーティストであるクリス・ラブルーイ氏とのコラボレーションによる一連の「ポップアート化したポルシェ911」を公開しており、しかしなんと今回、ポルシェ公式にて「ポルシェの中国展開20周年記念」の一環としてそのアートを実際の911で再現してしまうという恐ろしいプロジェクトが実行されています。

その結果、見ての通り996世代のポルシェ911が「白鳥」と合体してしまったわけですが、これはもちろんクリス・ラブルーイ氏の作品を再現したもの。

同氏は「朝起きて、思いついたものを作品にする」というフリーダムな創作活動を行っており、それがポルシェの目に留まることとなってポルシェとのコラボレーションが実現したわけですね。※同氏は718ケイマンGTSを所有するポルシェファンでもある

その結果、この「空冷ポルシェ911のフラミンゴ化」が登場することになりますが、後に同氏の作風は多くのアーティストに影響を与えることとなっています。

Flamingo_mid_century

タグ・ホイヤーがモナコGP開催にあわせて「モナコ スペシャルエディション」を発表!ブラックとゴールドの高級感あふれる仕様、今ならまだ在庫があるようだ
タグ・ホイヤーがモナコGP開催にあわせて「モナコ スペシャルエディション」を発表!ブラックとゴールドの高級感あふれる仕様、今ならまだ在庫があるようだ

| ずっとほしいと思いながら、やはりタグ・ホイヤー モナコも未だに購入できていない |この記事のもくじ| ずっとほしいと思いながら、やはりタグ・ホイヤー モナコも未だに購入できていない |どこかのタイ ...

続きを見る

しかし中国ポルシェのイマジネーションには際限がなかった

そしてこの一連のコラボレーションアートだけで終わらなかったのがポルシェの中国法人で、「そうだ、このアートを現実にしよう」と思い立つことになり、そこで起用されたのが「中国にて、最初に正規販売された911」。

中国にポルシェの現地法人が設立されたのはつい20年前なので2001年ということになりますが、当時現役だったのが996世代の911であり、これを使用して製作されたのがこの不条理なアートということになります。

porsche-swan-art-car-by-chris-labrooy

見たところ、実際のポルシェ911のボディを使用しているようですが、フロントフェンダーとリアフェンダーをつなげるかのようなカットがなされており、そこへオーバーフェンダー状の折返しが付けられています。

4

そしてそのボディをフロートの上に載せて白鳥の首から先をニョキっとフロントグラスから生えさせたのがこの作品ということになりそうですね。

2

中国のポルシェは「別展開」?

なお、中国のこういった独自展開傾向は今に始まったわけではなく、2020年には「中国オンリー」の専用キャラクター(パンダのように見える)が登場し、オンラインコンテンツにて展示車両の案内を行っています。

【動画】ポルシェが北京モーターショーの展示内容を公開!パンダっぽい新キャラが各車を紹介してくれるぞ

| 新型パナメーラのワールドプレミアは、ここ北京にて |この記事のもくじ| 新型パナメーラのワールドプレミアは、ここ北京にて |中国はポルシェの最も大きな市場こんな記事も読まれています さて、北京モー ...

続きを見る

合わせて読みたい、ポルシェと中国関連投稿

なお、上述の通り中国はポルシェにとって大変重要な市場であり、そのため中国は「特別扱い」となっているもよう。

よって、中国を意識したボディカラーや、中国専用モデルも投入されているほか、中国には研究センターも設立されています。

ポルシェ718(ボクスター)スパイダー
中国にて新型ポルシェ718スパイダー発表!なんとエンジンは2リッターターボ/300馬力、最高速を抑えて加速性能を向上させたスパルタンモデル

| マカン、カイエンばかりではなく、718ケイマン/ボクスターの主戦場までもが「中国」に |この記事のもくじ| マカン、カイエンばかりではなく、718ケイマン/ボクスターの主戦場までもが「中国」に | ...

続きを見る

ポルシェ・パナメーラGTS
ポルシェが中国に研究開発施設を開設!さらにマレーシアに組立工場を設立し、ついに「東南アジアでの生産」がはじまる

| ポルシェは自社のDNAを守りつつ、しかし多様化への方向を探っているようだ |この記事のもくじ| ポルシェは自社のDNAを守りつつ、しかし多様化への方向を探っているようだ |ただし、さすがにマレーシ ...

続きを見る

エントリーグレードのポルシェ・タイカン発表
ポルシェの女性客比率は中国50%、アメリカ25%、本国ドイツはわずか13%。そこで独ポルシェが「女性の嗜好を考慮してピンクを選べるようにした」と発表するも女性軽視として炎上することに

| さすがにこれはポルシェとしては軽率なプロモーションだったかもしれない |この記事のもくじ| さすがにこれはポルシェとしては軽率なプロモーションだったかもしれない |なお、「ピンク」は中国では男女問 ...

続きを見る

参照:ChrisLabrooy

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5