ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

こんなデザインで発売して欲しい!工業デザイナーが「新型」FJクルーザーをデザイン。ブロンコやジープを意識しドアやルーフは取り外し式に

投稿日:2021/12/30 更新日:

こんなデザインで発売して欲しい!工業デザイナーが「新型」FJクルーザーをデザイン。ブロンコやジープを意識しドアやルーフは取り外し式に

| レトロなSUVブームの今、トヨタはFJクルーザーを「販売中止」にしておくのはもったいない |

ぜひとも「フルエレクトリック」にて復活させてほしいものだ

さて、インダストリアルデザイナー、イーノック・ゴンザレス氏が「2024年に登場するという想定の新型FJクルーザー」のレンダリングを作成して公開。

実際にはトヨタがそういった計画を明らかに主張しているわけではありませんが、FJクルーザーは「惜しまれつつ」販売が終了し、そして現在中古相場が大きく上昇し、かつ「ランドクルーザーの血を引いている」ということからも「トヨタにとって、このまま捨て置くことはできない」車種なんじゃないかと考えています。

米にてトヨタFJクルーザーの中古相場が暴騰しているようだ!2019年に比較して現在は2倍以上、人気グレードだと650万円も。ボクは「ようやくFJクルーザーが正当に評価されるようになった」と考えている
米にてトヨタFJクルーザーの中古相場が暴騰しているようだ!2019年に比較して現在は2倍以上、人気グレードだと650万円も。ボクは「ようやくFJクルーザーが正当に評価されるようになった」と考えている

| ボクにとって「いつかは手に入れなければならない」クルマの筆頭ではあるが |この記事のもくじ| ボクにとって「いつかは手に入れなければならない」クルマの筆頭ではあるが |このままではどんどん価格が上 ...

続きを見る

もうちょっと延命していれば

なお、北米だとFJクルーザーの販売が終了したのは「SUVブームが到来する前」。

さらにはその後にクラシカルなスタイルを維持するジープの人気が再燃したり、フォードがブロンコを復活させたりという事例もあり、「もしトヨタがFJクルーザーの販売終了をもう少し引き伸ばしていたならば」また事情は違ったものとなっていたのかもしれません(今も継続販売されていたか、後継モデルの話が出ていたかもしれない)。

新型FJクルーザーはこんなクルマに?

そしてFJクルーザーの販売終了を惜しむのはイーノック・ゴンザレス氏も同様であり、自分自身で「新型FJクルーザー」を考えることとなっていますが、先代FJクルーザーのイメージを引き継ぎつつ、しかし大きく異なるのは「4ドア」構造を採用していること。

Toyota-FJ-Cruiser (6)

先代FJクルーザーは「2+1ドア」という特殊な構造を採用していたために販売が伸びなかったと(イーノック・ゴンザレス氏が)分析しているためですが、たしかにこれは「正解」かもしれませんね。

Toyota-FJ-Cruiser (5)

そしてイーノック・ゴンザレス氏は新型FJクルーザーを「TRD Pro仕様」として考案しており、つまりはけっこうハードなオフローダーとして捉えている、ということになりそうです。

Toyota-FJ-Cruiser (11)

実際のところ、ジープ・ラングラーやフォード・ブロンコのようにルーフやドアをデタッチャブル構造としており、アメリカではかなり人気が出そうにも思えます。

Toyota-FJ-Cruiser (10)

フォード・ブロンコ
新型フォード・ブロンコ発表!「取り外せるドア」「業界最大の35インチタイヤ」などフォードは本気を見せてきた!

| 見れば見るほど、細部に至るまでよく考えられたクルマだ |この記事のもくじ| 見れば見るほど、細部に至るまでよく考えられたクルマだ |新型ブロンコは「トレイル・ツールボックス」新型ブロンコのドアや車 ...

続きを見る

ハードな一面を持つ反面、デイタイムランニングランプはLEDに変更され、ポジションランプ、そしてテールランプも特徴的な形状を持つLEDに。

Toyota-FJ-Cruiser (9)

最低地上高、アプローチアングル、デパーチャーアングルも確保され、こういった仕様であればランドクルーザーはじめとするトヨタの既存SUVとの差別化もでき、かつ他社のシェアも獲得できそう。

Toyota-FJ-Cruiser (8)

ルーフはおなじみのホワイト、そしてフェンダーはなかなかに面白い形を持っています。

Toyota-FJ-Cruiser (7)

デザイナーはカラーバリエーションも製作

そしてイーノック・ゴンザレス氏はいくつかのカラーバリエーションを製作。

ここではいくつかを紹介したいと思いますが、こちらはイエローです。

先代とは異なる明るい色味を持っていて、楽しさを感じさせるボディカラーだと思います。

Toyota-FJ-Cruiser (3)

こちらはさらにハードさを際立たせる「グリルやルーフがブラックに変更された」レッド版。

Toyota-FJ-Cruiser (2)

合わせて読みたい、トヨタFJクルーザー関連投稿

ありそうでなかった!FJクルーザーのオンロードカスタム、「ハイウェイクルーザー」爆誕!

| ”オンロードカスタム”も意外とイケる |この記事のもくじ| ”オンロードカスタム”も意外とイケる |FJクルーザーはまだ新車で買える(ただしドバイのみ)トヨタ”カスタム”FJクルーザーはこんな仕様 ...

続きを見る

世にも珍しいトヨタFJクルーザーのオープンモデルが競売に
35台のみ存在するらしい!世にも珍しいトヨタFJクルーザーのオープンモデルが競売に。意外と価格が上がっているぞ

| トヨタがけして製造しなかったFJクルーザーのオープンモデル |この記事のもくじ| トヨタがけして製造しなかったFJクルーザーのオープンモデル |アメリカではやはりコンバーチブルの人気が高いオープン ...

続きを見る

トヨタ・FJクルーザーの新型をイメージしたCGがアーティストによって作成・公開される。FJクルーザーとはいったい何だったのか?そして後継モデルの可能性は?
トヨタ・FJクルーザーの新型をイメージしたCGがアーティストによって作成・公開される。FJクルーザーとはいったい何だったのか?そして後継モデルの可能性は?

| FJクルーザーはこの流れだとカルト的な人気を誇ることになりそうだ |この記事のもくじ| FJクルーザーはこの流れだとカルト的な人気を誇ることになりそうだ |おそらく後継モデルが登場することはなく、 ...

続きを見る

参照:Enoch Gonzales

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5