ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

テスラ・サイバートラックの注文ページから「2022年」の文字が消える!ネットでは「2023年以降か・・・」逆に「もうすぐ生産開始では」との見方が真っ二つ

投稿日:

テスラ・サイバートラック

| テスラは「フォードF-150ライトニング(エレクトリックモデル)の受注が開始される」今週に重大発表を行うとしており、もしかしたらサイバートラックの生産開始かも |

イーロン・マスクCEOは実際にフォードF-150ライトニングを強く意識している

さて、米国にてテスラのウエブサイトから「2022年の生産見込み」という文字が消えたとして大きな騒ぎに。

具体的には、これまで「Cybertruck reservation holders will be able to complete their configuration when ”production nears in 2022”(2022年の生産が近づいたら、仕様を決定できるようになる)」だった文言から2022の文字が消え、「as production nears(生産が近づいたら)」という文言に置き換わっています。

ただ、これについては正反対の見解が2つあり、ひとつは「2022年には生産が行われず、2023年以降に持ち越される」というもの。

そしてもうひとつは、「2022年に入ったので2022という文字がなくなり、よって今年の近いうちに生産が開始される」という解釈です。

実際のところはだれにもわからない

なお、この変更については誰もその真実を知らされておらず、テスラからも何の発表もない状態。

ちなみにテスラはすでに広報部門を解体しており、よってテスラの公的な情報は公式ツイッターもしくはイーロン・マスクCEOのツイッターを通じてしか得られないわけですが、こういったウエブサイト上の変更についても(予約者に対してすら)事前や事後の通告はなく、よって日々テスラのサイトをチェックしているマニアが発見して報告する程度となっています。

実際のところ、つい最近も「予告なく」新型テスラ・ロードスターの予約ができなくなっていて、こちらも正確にいつ変更されたのかはまったく不明。

テスラ・ロードスター
ここ最近のテスラは様子がおかしい?新型ロードスターの価格が削除されて注文できなくなり、劣化したバッテリーを搭載したモデルを販売、そして一方的に注文のキャンセルも

| テスラは色々と効率を追求する会社だけに仕方がない |この記事のもくじ| テスラは色々と効率を追求する会社だけに仕方がない |むしろここまで効率のために徹底するのは清々しい新型テスラ・ロードスターは ...

続きを見る

さらにはサイバートラックのオーダーページから仕様や価格が削除され、シングルモーター仕様を注文できなくなったほか、イーロン・マスクCEOはツイッターにて「4モーターもある」とコメントするなど、サイバートラックに関しては情報が交錯している状態です。

イーロン・マスクのコメントにてテスラ・サイバートラックに「4モーター」が存在することが明らかに!1000馬力オーバー、0−100km/h加速1秒台は確実だと考えて良さそうだ
イーロン・マスクのコメントにてテスラ・サイバートラックに「4モーター」が存在することが明らかに!1000馬力オーバー、0−100km/h加速1秒台は確実だと考えて良さそうだ

| 相変わらずテスラとイーロン・マスクにはいつも驚かされる |この記事のもくじ| 相変わらずテスラとイーロン・マスクにはいつも驚かされる |実際にどのようなデザイン、そしてスペックで登場するのか公式発 ...

続きを見る

今週には大きな動きがある?

なお、ウワサレベルではありますが、今週テスラよりサイバートラック、もしくはサイバートラックを製造するテキサス州オースティンのギガファクトリーに関する重要な発表があるといい、これがもしかすると「サイバートラックの生産を開始する」というものなのかもしれません。

テスラというと「生産が遅れる」というイメージがあるものの、モデル3の生産開始は(実際に)あれだけ遅れながら、一方でモデルYの生産は予定よりも早く開始されており、よってサイバートラックが「サプライズ」にて早々に生産開始されるという可能性も残されていて、とにかく「重要な発表」には期待したいところですね。

テスラ・サイバートラック
テスラが「2022年1月に、サイバートラックに関する重大な発表を行う」とコメント!加えてモデル3/モデルYには多数のアップグレードが施されるようだ

| まさかサイバートラックの製造開始がこれ以上遅れることはないと思われるが |この記事のもくじ| まさかサイバートラックの製造開始がこれ以上遅れることはないと思われるが |そしてテスラは意外と「改良す ...

続きを見る

ちなみにサイバートラックの市販版と思われるプロトタイプも目撃されており、生産できる体制が整いつつあることも間違いない、とは考えられます。

テスラ・サイバートラック

【動画】テスラ・サイバートラックの市販モデル?テスラのテスト施設内を走行する試作車が目撃され、ヘッドライトなど変更点が確認される
【動画】テスラ・サイバートラックの市販モデル?テスラのテスト施設内を走行する試作車が目撃され、ヘッドライトなど変更点が確認される

| 市販版サイバートラックからは若干の「未来」感が失われたものの、そのぶんイカつさが増したようだ |この記事のもくじ| 市販版サイバートラックからは若干の「未来」感が失われたものの、そのぶんイカつさが ...

続きを見る

テスラのライバルも勢力を拡大中

テスラがサイバートラックの生産を遅らせている間、そのライバルたちは着々とテスラの「包囲網」を固めており、直接のライバルだと言えそうな「リヴィアン(リビアン)」はすでにエレクトリックピックアップ「R1T」の納車を開始。

こちらは高い評価を受けており、”第二のテスラ”として人気化し、発行済株式の時価総額はなんと「GMとほぼ同じレベル」となっています。

【動画】テスラ最大のライバル、リヴィアンが放つ「R1T」のレビューが公開!ガソリン車では実現できない機能が満載、株価が暴騰したのも納得の新世代EV
【動画】テスラ最大のライバル、リヴィアンが放つ「R1T」のレビューが公開!ガソリン車では実現できない機能が満載、株価が暴騰したのも納得の新世代EV

| 正直、ここまでよく出来たクルマだとは思わなかった |この記事のもくじ| 正直、ここまでよく出来たクルマだとは思わなかった |おそらくはこれから販売が加速することになるだろうリヴィアンR1Tはこんな ...

続きを見る

そしてフォードも”鬼のいぬまに”ということなのか、エレクトリックピックアップトラック「F-150ライトニング」の生産を拡大すると発表していて、当初は年間4万台としてた販売計画を倍の8万台へと引き上げ、直近ではさらに倍の「15万台」へと倍増させる計画を発表しています。

これによってフォードの株価は急伸し、逆にテスラの株価は値下がりしていますが、フォードは2021年において「もっとも株価の上昇した自動車メーカー」となっており、テスラの50%、GMの41%に比較してなんと140%もの値上がりを記録することに。

こういった例を見るに、リビアンやフォードが「150万台とも言われる」テスラ・サイバートラックの一角を崩すのではないかと期待されていることがわかり、実際にイーロン・マスクCEOはリビアンR1T、フォードF-150ライトニングの発表時にはこれらを牽制する発言を行っているので、ライバルたちをを強く意識しているのは間違いなさそう。

なお、フォードF-150ライトニングは6日に予約受注が開始されるので、「今週行われる重大発表」もこれにぶつけるものだとも考えられます。

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラの元品質管理担当が内部告発を行い「ソーラーパネルの危険性を放置」と訴える。なぜテスラはここまで訴訟が多いのか?
テスラの元品質管理担当が内部告発を行い「ソーラーパネルの危険性を放置」と訴える。なぜテスラはここまで訴訟が多いのか?

| テスラは他の自動車メーカーとは異なり「トラブルが起きるのは当たり前」だと捉えているからだとボクは考える |この記事のもくじ| テスラは他の自動車メーカーとは異なり「トラブルが起きるのは当たり前」だ ...

続きを見る

これがテスラ・サイバートラックの市販モデル?ドアミラー付きの試作車が目撃される
【動画】これがテスラ・サイバートラックの市販モデル?ドアミラー付きの試作車が目撃される

| テスラ・サイバートラックについてはまだまだ不明な点が多い |この記事のもくじ| テスラ・サイバートラックについてはまだまだ不明な点が多い |おそらくは当初の価格から「値上げ」されることになりそうだ ...

続きを見る

参照:Teslarati

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->テスラ(TESLA)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5