ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

【動画】トヨタMR-Sを本気で改造し850馬力へ、そして実際にヒルクライムレースで4WDを退け優勝した男があらわる

投稿日:2022/02/11 更新日:

【動画】トヨタMR-Sを本気で改造し850馬力へ、そして実際にヒルクライムレースで4WDを退け優勝した男があらわる

| ここまでMR-Sをハードにチューンしたクルマは見たことがない |

実際にMR-Sはけっこう高いポテンシャルを持っていたようだ

さて、ぼくの中では「南アフリカとチューンドカー」というのは全く結びつかないのですが、実際には南アフリカには様々な過激なチューンドカーが存在し、これまでにも超ワイルドなDTMレーシングカー風アウディA6アバント、ホットロッド風のトヨタ・ランドクルーザー、V12エンジンを積んだトヨタ・ハイエースなどの存在が報じられています。

加えて、モータースポーツ自体も盛んだったと見え、「最初のMモデルが発売される前に、M部門によって改造された」幻のMカーであるBMW 530MLEといった存在も。

南アフリカで発見された「幻のMカー」、530 MLE。もう二度と見つからないと思われていたものの、当事と同じスペックとカラーにレストアされて公開に

| 幻のクルマだけに当事の記録がなく、レストアにあたっては当事のメカニックを再招集 | 昨年、BMW南アフリカが「希少な530 MLEが発見され、レストアを開始する」と発表したのは記憶にあたらしいとこ ...

続きを見る

そして今回、850馬力のトヨタMR-Sが登場

今回紹介するのは南アフリカのピーテル・ジーリーさんという人が製作したMR-Sのレーシングバージョンで、購入後すぐにパワー不足を感じたピーテル・ジーリーさんはエンジンを3.5リッターV6へと換装し、さらにはターボチャージャーを追加して850馬力を発生させるクルマを作り上げることに。

11

はたしてピーテル・ジーリーさんはこのクルマを駆ってクニスナ・シモラ・ヒルクライムで優勝することになりますが、同ヒルクライムレースにおける過去の優勝車につき、1台を除いてはすべて4WDだったといい、ここからもピーテル・ジーリーさんの作り上げたクルマの優秀さをうかがい知ることが可能です。

12

ちなみにエンジンルームはこんな感じ。

もともと搭載されるのは1.6~1.8リッター4気筒自然吸気エンジンですが、3.5リッターV6を収めてもけっこう余裕があるようですね。

タービンはひとつなので、「かなりのドッカン」だと思われ、遮熱板による熱対策が施されています。

8

エアロパーツに関しても多大なコストがかけられ、車体各部にはカーボンファイバー製パーツが装着されており、フロアにもカーボンファイバーとケブラーとで作られたパネルが貼られて「フルフラット化」されている、とのこと。

6

そしてリアには巨大なウイングとディフューザー。

1

テールパイプはシビック・タイプRのような3本出し。

5

なお、ピーテル・ジーリーさんによると、さらなるパワーアップやエアロパッケージの改良も今後の予定に入っているといい、まだまだこのクルマは成長の余地がある、ということになりそう。

もともとが非力でもあり、カスタムする人もそれほどいないMR-Sだけに「さほど速いという印象はなく」、しかしこれだけのポテンシャルを秘めていた、ということにも驚かされます。

この「850馬力」MR-Sのインテリアはこうなっている

ちなみにこのMR-Sのインテリアはこんな感じ。

当然ながら内装はすべて剥がされ、必要なものだけが残され、そしてロールケージなど競技に必要なものだけが追加されています。

7

こちらは助手席。

フロアなどはカーボンファイバー製パネルで覆われています。

2

850馬力のトヨタMR-Sを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、トヨタMR-S関連投稿

【動画】発売当時「貧乏人のポルシェ・ボクスター」と揶揄されたトヨタMR-S。北米では価格が高騰し、今や同年式のボクスターよりも高値をつけることに
【動画】発売当時「貧乏人のポルシェ・ボクスター」と揶揄されたトヨタMR-S。北米では価格が高騰し、今や同年式のボクスターよりも高値をつけることに

| まさかトヨタMR-Sの価格がここまで上がろうとは |この記事のもくじ| まさかトヨタMR-Sの価格がここまで上がろうとは |おそらくは今後も継続して価格を上げることになりそうだなぜMR-Sはこんな ...

続きを見る

これはギルティ!韓国空軍飛行隊のエンブレムがトヨタMR-Sのマークと激似(というか同じ)だと話題に→指摘後わずか1日でロゴ変更を決定
これはギルティ!韓国空軍飛行隊のエンブレムがトヨタMR-Sのマークと激似(というか同じ)だと話題に→指摘後わずか1日でロゴ変更を決定

| 韓国はあれだけ日本を目の敵にしているが、エンブレム製作者は命が惜しくなかったのか |この記事のもくじ| 韓国はあれだけ日本を目の敵にしているが、エンブレム製作者は命が惜しくなかったのか |さすがに ...

続きを見る

中古のトヨタMR-Sを15万円で購入して究極のオフローダーを作り上げた男たち!どろんこ遊びが楽しそうだ
【動画】中古のトヨタMR-Sを15万円で購入して究極のオフローダーを作り上げた男たち!どろんこ遊びが楽しそうだ

| ここまで改造できる技術と環境がうらやましい |この記事のもくじ| ここまで改造できる技術と環境がうらやましい |おそらくトヨタMR-Sはもっとも安く購入できるミドシップ2シーターMR-S「オフロー ...

続きを見る

参照:Cars.co.za

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5