ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】ランボルギーニ次期V12、アヴェンタドール後継モデルはこうなる?目撃された試作車をもとに予想レンダリングを作成

投稿日:

【動画】ランボルギーニ次期V12、アヴェンタドール後継モデルはこうなる?目撃された試作車をもとに予想レンダリングを作成

| ランボルギーニは現在、アヴェンタドール後継モデルのプロトタイプをテスト中 |

おそらくは「ランボルギーニらしい」デザインを用いたシャープなモデルとなりそうだ

さて、ランボルギーニはアヴェンタドールの受注を終了させ、フルモデルチェンジ版となる次世代V12モデルへと移行させる準備を整えており、早ければ今年、遅くとも来年にはその姿が発表されると言われます。

現在のところ複数回そのプロトタイプが目撃されており、最新のスパイビデオではクラッディングなしの「偽装フィルムのみ」が貼られた個体が走行する様が収められていて、おぼろげながらもその姿が明らかになりつつあるもよう。

ランボルギーニの新型V12=アヴェンタドール後継モデルの試作車がまたしても目撃!今回は偽装薄、そのディティールも判明
ランボルギーニの新型V12=アヴェンタドール後継モデルの試作車がまたしても目撃!今回は偽装薄、そのディティールも判明

| プロトタイプを見る限り、アヴェンタドール後継モデルはいつでも発表できそうな完成度を持っているように思える |この記事のもくじ| プロトタイプを見る限り、アヴェンタドール後継モデルはいつでも発表でき ...

続きを見る

そこで一人のデザイナーがアヴェンタドール後継モデルのレンダリングを作成

そして今回、カーデザイナーにしてユーチューバーとして知られるスケッチモンキー氏が、これまでに見られたアヴェンタドール後継モデルのプロトタイプの画像を元に「アヴェンタドール後継モデル」のレンダリングを作成しています。

なお、現在ランボルギーニにてチーフデザイナーを務めるのはミッチャ・ボルカート氏で、同氏の最初の作品は「テルツォ・ミッレニオ」。

これは「次の1000年」という長いタームを見据えたコンセプトカーであり、発売可能性を考慮していない完全なるデザインスタディです。

Lamborghini-Terzo-Millennio-concept (2)

ランボルギーニがボディにバッテリーを織り込んだ”Terzo Millennio(テルツォ・ミッレニオ)”発表。「エレクトリック」「軽量」「空力」を追求

| 未来のランボルギーニはこうなる。次の1000年を示すコンセプトカー | ランボルギーニが予告通り新コンセプトカー、「Terzo Millennio concept(テルツォ・ミッレニオ・コンセプト ...

続きを見る

ただ、このデザインはその後に発表されるシアンFKP3/やシアン・ロードスターにも引き継がれ・・・。

Lamborghini-Sian-Roadster-12

ランボルギーニの最新ハイパーカー”シアン・ロードスター”発表!同社初のハイブリッドオープン、「これこそがランボルギーニの向かう未来だ」

| ゴールドアクセントを加え、クーペ版シアンFKP37とは異なるゴージャスさを演出 |この記事のもくじ| ゴールドアクセントを加え、クーペ版シアンFKP37とは異なるゴージャスさを演出 |シアン・ロー ...

続きを見る

ランボV12 ヴィジョングランツーリスモにもその一部が反映されることに。

lambo-v12-vision-gran-turismo

ランボルギーニ”ランボV12 ヴィジョングランツーリスモ”発表!V12+ハイブリッド、シングルシーター。これ発売してル・マンの「ハイパーカークラス」に出ようぜ

| そのルックスは予想したよりも遥かにエクストリーム。大気圏外にも出れそうだ |この記事のもくじ| そのルックスは予想したよりも遥かにエクストリーム。大気圏外にも出れそうだ |ランボV12 ヴィジョン ...

続きを見る

アヴェンタドールの後継モデルはアヴェンタドールとの関連性はない」

なお、ランボルギーニは「アヴェンタドール後継モデルは、アヴェンタドールとのデザイン的・(直接の)メカニズム的関連性はない」とコメントしており、これは「常に過去を破壊しながら前に進む」ランボルギーニらしいところでもありますね。(過去へのオマージュ色を強めるフェラーリ、ポルシェとは方向性が異なる)。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティメ
ランボルギーニCEO「アヴェンタドール後継モデルはこれまでと全く異なるデザインを持ち、LP780-4ウルティメとも何ら関連性を持たない」

| つまりアヴェンタドール後継モデルはデザイン、車体、パワートレーンとも「アヴェンタドールからは引き継がない」ということに |この記事のもくじ| つまりアヴェンタドール後継モデルはデザイン、車体、パワ ...

続きを見る

加えて、上述のミッチャ・ボルカート氏はアヴェンタドールのデザイナーではないということも(アヴェンタドールとアヴェンタドール後継モデルとの関連性がないことに)関係しているのかも(アヴェンタドールのデザイナー、フィリッポ・ペリーニ氏はヒョンデに移った)。

衝撃度MAX!アヴェンタドールのデザイナーがヒュンダイへと移り、ヒュンダイはランボルギーニやベントレー出身者で固められることに

| まさかフィリッポ・ペリーニ氏までがヒュンダイに移るとは | まさかのまさか、前ランボルギーニのチーフデザイナーにしてアヴェンタドールのデザインを行ったフィリッポ・ペリーニ氏がなんとヒュンダイ(ジェ ...

続きを見る

ただ、アヴェンタドールとの関連性はなくとも、自身がデザインしたテルツォ・ミッレニオ、シアンFKP37/シアン・ロードスターとの関連性は何らかの形で持たせられることになるようで、目撃されたアヴェンタドール後継モデルのプロトタイプにも、いくつかそれらに採用されていたディティールが見られるように思います(シアン発表時、シアンのデザインはスタンドアローンであり、他モデルには採用されないとアナウンスされたが、その方向性もどこかで変更があったのだと思われる)。

その後スケッチモンキー氏は、ランボルギーニの近年のデザインを分析し、「戦闘機」モチーフが多く見られることについても言及(アヴェンタドールSVJは、フィリッポ・ペリーニ氏による、もともとのアヴェンタドールにデザインに対し、ミッチャ・ボルカート氏がアップデートを施したもの)。

1

さらにはSC-20などのワンオフモデルについても調査対象としています。

3

その後にシアン・ロードスターをベースにして「アヴェンタドール後継モデル」の予想デザインを開始。

2

完成したのがこのレンダリングですが、たしかに目撃されたプロトタイプの特徴をよく反映しているようですね。

【動画】ランボルギーニ次期V12、アヴェンタドール後継モデルはこうなる?目撃された試作車をもとに予想レンダリングを作成

ランボルギーニ次期V12、アヴェンタドール後継モデルの予想レンダリングはこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12
まったく「ブレない」スーパーカーメーカー、ランボルギーニ。そのモデル名、ボディカラー名、ホイール名などは神話や星座に関係し、こういった由来を持っている

| ランボルギーニのエンブレム自体が「牡牛座」を表している |この記事のもくじ| ランボルギーニのエンブレム自体が「牡牛座」を表している |設立以降、何度オーナーが変われども星座や神話に由来する名称を ...

続きを見る

ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開
ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開!リアはカウンタック風、フロントはシアン風のデザインを持ち、「ガソリン世代の集大成」?

| まさかV10モデルにカウンタック風デザインを採用してくるとは |この記事のもくじ| まさかV10モデルにカウンタック風デザインを採用してくるとは |ウラカン・スーパートロフェオEVO2のボディカラ ...

続きを見る

参照:TheSketchMonkey

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ランボルギーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5