ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ブガッティ

ブガッティ・シロンでアウトバーンを417km/hで走行した富豪。書類送検され自由の身を奪われそうになるも検察が不起訴とし、晴れて無罪放免に

投稿日:

ブガッティ・シロンでアウトバーンを417km/hで走行した富豪。書類送検され自由の身を奪われそうになるも検察が不起訴とし、晴れて無罪放免に

| どうやら十分な安全性を確保したことが認められたもよう |

ただし同様のチャレンジが出てこないかには注意を要する

さて、昨年末にアウトバーンをブガッティ・シロンにて走行し、417km/hを記録したチェコの不動産王、ラディム・パッサー氏。

この際に公開した動画が大きくバズることになり、その後ドイツ運輸省の目にこの動画が留まったことから事態が大きく動き出したわけですが、ドイツ・ザクセン=アンハルト州の警察が同氏を書類送検するなど現地では連日トップニュース扱いになったと言われます。

なお、今回記録を達成したのはアウトバーンの速度無制限区間であり、つまり「速度制限はない」ため、本来であれば同氏が違反に問われる理由は希薄です。

動画】一般人がブガッティ・シロンでアウトバーンを走り414km/hを記録!このオーナーは2015年にもヴェイロンで402km/hを達成し公道最速記録を打ち立てる
【動画】一般人がブガッティ・シロンでアウトバーンを走り414km/hを記録!このオーナーは2015年にもヴェイロンで402km/hを達成し公道最速記録を打ち立てる

| 実際にシロンのオーナーでここまでの速度を公道で出す人はまずいないものと思われる |この記事のもくじ| 実際にシロンのオーナーでここまでの速度を公道で出す人はまずいないものと思われる |まさに公道最 ...

続きを見る

ただ、アウトバーンにはこういった法律も

アウトバーンの速度無制限区間といえど「どれだけ速度を出してもいい」というわけではなく、同警察によれば「違法レースの可能性」を(当時)指摘しており、というのもアウトバーンにては「運転者は、いかなる他人もその状況下で避けられない以上の危害、危険、妨害、不便を被ることのないように行動しなければならない」「運転者は、車両が常に制御できる程度のスピードしか出してはならない」という危険な運転を禁止する法律があり、ラディム・パッサー氏はこれに抵触した、と主張していたわけですね。

1

もしもラディム・パッサー氏が有罪判決を受けることになれば、同氏は「非常に」高額な罰金か、もしくは最大で2年の禁錮刑を言い渡される可能性があったようですが、今回(幸いなことに)現地検察は「ラディム・パッサー氏を告発しない」ことに決めたと報道されており、つまり同氏は「罪を問われず、無罪になった」ということを意味します。

検察によると、「ラディム・パッサー氏は、早朝のクルマの少ない時間帯に走行したため、誰も危険にさらされずに済んだ」という判断だそうですが、参考までに、走行したのは約10kmという長い区間ではあるものの、その区間において同氏が抜いたのはわずか10台のみだったといい、十分に安全性が確保されていたと判断されたようですね。

記録達成のためには十分な配慮を実施

ちなみに同氏は2015年にもブガッティ・シロンにて時速402km/hを記録していて、この折には記録達成のために4年もかけて調査と調整を行ったといい、今回のシロンでの挑戦においても十分な配慮を行ったと述べています。

【動画】公道世界最速記録はなんと402km/h!アウトバーンで合法に記録達成した男

| 2015年に「公道最速」を記録した男がいた | 現在、公道における最高速度記録は(ブガッティ・ヴェイロンによる)時速402.5km/hとのこと。 これはアウトバーンの速度無制限区間で記録されたもの ...

続きを見る

ラディム・パッサー氏によると、「アウトバーンを十分に下調べし、もっともクルマの少ない時間帯で、視界も確保でき、安全に走ることができる季節を選んだ」としており、さらにはその区間においても路面が荒れておらず、視界を邪魔するものがない区間をピックアップしてアタックした、とのこと。

さらにはアタック直前に実際に同じ区間を走って「下調べどおりか」をチェックし、仲間が3つの陸橋にて状況を確認しつつ、何かあればすぐに無線で連絡してラディム・パッサー氏に知らせるという体制を取っていもよう。

なお、ブガッティ・シロンは時速400キロから完全停止までわずか9秒を要するのみで、その距離はわずか490メートルであり、さらに同氏は「3~4km先まで見渡せる」状況を選んで走ったため、「何かあれば的確に反応する準備はできていた」とも。

ちなみにブガッティとしては(やむを得ないことではありますが)本件に関し、調査の対象となった時点で「この問題とは距離を置く」とコメントしており、静観を決めています。

アウトバーンにて417km/hを記録した際の動画はこちら

あわせて読みたい、最高速チャレンジ関連投稿

シロンで「自身のプライドをかけ」417km/hでアウトバーンを走った男が禁錮2年の判決を受け、その代償として数年間の自由を奪われる可能性。なおブガッティは「本件とは距離を置く」
シロンで「自身のプライドをかけ」417km/hでアウトバーンを走った男が禁錮2年の判決を受け、その代償として数年間の自由を奪われる可能性。なおブガッティは「本件とは距離を置く」

| 可能な限りの安全策を講じての走行だったと主張するが、「一歩間違えば」事故に至っていた可能性も否定できない |この記事のもくじ| 可能な限りの安全策を講じての走行だったと主張するが、「一歩間違えば」 ...

続きを見る

ブガッティ・シロンにて「合法に」アウトバーンでの最高速挑戦を行い414km/hで走行した男性にドイツ運輸省が苦言!「出せるからといって、どれだけスピードを出していいわけではない」
ブガッティ・シロンにて「合法に」アウトバーンでの最高速挑戦を行い414km/hで走行した男性にドイツ運輸省が苦言!「出せるからといって、どれだけスピードを出していいわけではない」

| GPS計測だと時速417キロを記録し、ブガッティの公称最高速にはわずか3km/h及ばないのみ |この記事のもくじ| GPS計測だと時速417キロを記録し、ブガッティの公称最高速にはわずか3km/h ...

続きを見る

参照:Radim Passer,  ABC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ブガッティ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5