ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■新型車・スパイフォト・ウワサなど メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

【動画】メルセデス・ベンツGクラスのEV版「EQG」がその場でくるくるとタンクターン!4モーターならではの芸当ではあるが、やっぱり使い所が思い浮かばない

投稿日:

【動画】メルセデス・ベンツGクラスのEV版「EQG」がその場でくるくるとタンクターン!4モーターならではの芸当ではあるが、やっぱり使い所が思い浮かばない

| エレクトリックオフローダーでは「タンクターン」「カニ歩き」が一つのブームになりそうだ |

ただしそれを消費者が求めているのかどうかはわからない

さて、メルセデス・ベンツはエントリーモデルを縮小し、今後の投資の75%を高級車セグメントに振り分けること、「マイバッハ」「AMG」といった高級ブランドに注力すること、加えて少量限定ブランド「ミトス」の設立や電動車シリーズ「EQ」の積極展開、さらにはコラボモデルの拡大について言及していますが、これらと同時に語られたのが「Gクラス(ゲレンデ)のサブブランド化」。

つまり今後はGクラスの人気とネームバリューを積極的に活用しようということになりますが、今回はそのエレクトリックモデル「EQG」が戦車のようにその場で回転する「タンクターン(メルセデス・ベンツによればGターン)」を行う動画を公開しています。

メルセデス・ベンツは「超高級ブランド」へと移行する!超限定ブランド「ミトス」の設定、さらにGクラスのサブブランド化、エントリークラスの削減を発表
メルセデス・ベンツは「超高級ブランド」へと移行する!超限定ブランド「ミトス」の設定、さらにGクラスのサブブランド化、エントリークラスの削減を発表

| メルセデス・ベンツは大きく方向性を転換し、エントリークラスに見切りをつけてさらなる「高み」へ |この記事のもくじ| メルセデス・ベンツは大きく方向性を転換し、エントリークラスに見切りをつけてさらな ...

続きを見る

メルセデス・ベンツEQGのタンクターンはこうやって行う

そこでこのタンクターンことGターンにつき、まず動画は豊かな大自然の風景から始まります。

7

その中で走行しつつ姿を表すのがメルセデス・ベンツEQG。

6

ピタっと止まり・・・。

5

左右の車輪をそれぞれ逆方向に回転させ・・・。

4

その場でターンを開始!

3

上から見るとその様子がよくわかりますね。

2

その後は向きを変えたメルセデス・ベンツGクラスがさり気なく走り去るという内容。

1

正直、タンクターンの必要性は理解ができない

なお、このタンクターンについてはリビアンR1Tがちょっと前に”タンクモード”として提案したもので、4つのモーターをそれぞれ4つのホイールに連結することで可能となるもの。

ただしこのタンクターンは当初の予定よりも多くの問題を抱えていることがわかり、市販モデルのリビアンR1Tにはこれが搭載されず、そして今後の搭載予定もアナウンスされていない状態です。

【動画】この発想はなかった!米EVスタートアップ、リヴィアンが「その場でくるくる回転できる」タンクモードを披露(ただしいつ使うのかは不明)

| 4つの車輪にそれぞれモーターを内蔵し、左右の車輪を逆回転させる |この記事のもくじ| 4つの車輪にそれぞれモーターを内蔵し、左右の車輪を逆回転させる |4モーターを持つリヴィアンR1Tならではこん ...

続きを見る

実際のところ、この機能が有効に作動するのは「タイヤがスリップする」場面のみで、タイヤがグリップするアスファルト上では機能しないかもしれません(機能させることは可能だと思われるが、意図的にタイヤを空転させることになるのでタイヤが著しく摩耗し、かつ電力も消費する。いろいろな意味で環境には優しくない)。

加えて、「中心を固定できなければ」意図しない方向にクルマが動いてしまう可能性もあり、こういったリスクを背負ってまで、かつ限られた状況でしか使用できないタンクターンを実現しようとするのかは全く不明。

たしかに「EVでしかできない」芸当はもあり、各社ともこれを実装することでEVシフトを加速させようと考えているのかもしれず、しかし「消費者が求めていない機能」であればそれも絵に描いた餅になるかもしれません。

参考までに、「タンクターン」ではないものの、GMCハマーEVが取り入れた「クラブモード(カニ歩き)」もまたEV特有の動きを見せ、各社とも様々な方法にて「EVにしかできないこと」を追求しているのでしょうね(ただ、それでコストが高くなるのであれば、消費者はノーサンキューと言うかもしれない)。

【動画】新型ハマーEVの謎機能「クラブ(カニ)モード」詳細判明!4輪が同じ方向を向いてカニ歩きができるようだ

| エレクトリックカーは発想次第で「ガソリン車にできない」ことも簡単にできる | さて、先日突如GMCが発表した、新型ハマーEVに内蔵される「クラブ(カニ)」モード。あちこちで「カニ?」「なんでカニ? ...

続きを見る

メルセデス・ベンツEQGはどんなクルマに?

そこでこのメルセデス・ベンツEQGについて現時点でわかっていることをまとめてみると、まずはEVといえど生粋のオフローダーでもあり、ラダーフレームを採用することがアナウンスされています。

live-photos-of-mercedes-eqg-concept-from-iaa-2021

つまりは現在のGクラスと多くを共有する可能性があるわけですが、フロントサスペンションは独立式、リアはリジッドアクスルを持つとされ、これらは電動用として再設計されるとはいうものの、その構造については現行Gクラスを踏襲することになりそうですね。

live-photos-of-mercedes-eqg-concept-from-iaa-2021 (2)

さらにメルセデス・ベンツEQGのバッテリーにはシリコンアノード化学を用いたリチウムイオン電池パックがオプション設定され、これを装着することで「より長い」航続距離を実現することが可能になると言われます。

そのほか、ポルシェ・タイカン同様の2速トランスミッションの装備も報じられており、今後明かされてゆくであろう追加情報に期待したいと思います。

live-photos-of-mercedes-eqg-concept-from-iaa-2021 (3)

メルセデス・ベンツが「未来のGクラス」、EQGコンセプト発表!ピュアエレクトリックにゲーマー仕様、プロモーション動画はちょっと笑える
【動画】メルセデス・ベンツが「未来のGクラス」、EQGコンセプト発表!ピュアエレクトリックにゲーマー仕様、プロモーション動画はちょっと笑える

| 基本構造とボディデザインは現行Gクラス同様 |この記事のもくじ| 基本構造とボディデザインは現行Gクラス同様 |ただし懐かしのAMGモノブロックホイール装着などレトロな一面も新型メルセデス・ベンツ ...

続きを見る

新型メルセデス・ベンツEQGがタンクターンを行う動画はこちら

参照:ASV Mercedes-Benz

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-■新型車・スパイフォト・ウワサなど, メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5