ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

【動画】総勢14台のマクラーレンF1/F1GTRが1隻のフェリーに乗って水上を移動!総額255億円、もし沈没したら大変なことになりそうだ・・・

投稿日:

【動画】総勢14台のマクラーレンF1/F1GTRが1隻のフェリーに乗って水上を移動!総額255億円、もし沈没したら大変なことになりそうだ・・・

| マクラーレンF1がここまで揃うのも珍しいが、これらがフェリーに乗るのもまた珍しい |

さらにはこれだけの台数のマクラーレンF1 GTRが揃うのはもはや奇跡

さて、マクラーレンF1は「近代の自動車ではもっとも高い価値を誇るクルマ」ではありますが、今回そのマクラーレンF1を(動画で見る限り)14台、1隻のフェリーに載せて運ぶという動画が公開。

この動画を公開したのは、主にロンドンからスーパーカーやハイパーカー事情を届けてくれるユーチューバー「TheTFJJ」氏で、その総額は2億ドル(日本円で255億円・・・)にものぼるといい、このフェリーが沈んだらどうしよう、とひとり動画を見ながらソワソワしてしまうほど。

こちらもCHECK

イタリアにて54台のランボルギーニが集まるイベントが開催!船にて水上を移動し、道中では「V12バトル」でサウンドを競う
【動画】イタリアにて54台のランボルギーニが集まるイベントが開催!船にて水上を移動し、道中では「V12バトル」でサウンドを競う

| 意外とイタリアのランボルギーニたちは「保守的な」カラーが多かった |この記事のもくじ| 意外とイタリアのランボルギーニたちは「保守的な」カラーが多かった |日本でも早く様々なイベントが開催できるよ ...

続きを見る

これだけのマクラーレンF1が一同に集うことはこの機会をおいて他にないかも

このマクラーレンF1の集団が一体何なのかは動画では明かされていないものの、おそらくはマクラーレン主催のイベントか何かのために移動するのだと思われ、先導する現行モデル(のマクラーレン)を除くと「ぜんぶF1」。

17

まずは船着き場にマクラーレンF1が集合することろから動画が始まります。

18

F1GTRロングテールも登場!

ただしまだまだこれは序の口で・・・。

16

さらにF1GTRとF1GTRロングテールも参上!

このF1GTRロングテール(ガルフカラー)は先日マクラーレンがレストアを行ったという個体かもしれません。

14

マクラーレンが「F1」の認定制度を開始。第一号は日本で8年間戦った「R25」F1 GTRロングテール

| マクラーレンが”F1”の認定プログラムをスタート | マクラーレンのカスタム部門、MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)が新しく「(ロードカーの)F1」向けの保証(認定)サービスを開 ...

続きを見る

さらにF1GTRが登場しますが、日本で戦った個体なのか、ハチマキには「BMW Japan」の文字も。

13

こちらは上野クリニックのスポンサー表記があるF1GTR。

ちなみにF1GTRは28台しか生産されておらず、しかしそのうちの結構な割合がここに集結しているということになりますね。

10

【動画】マクラーレンF1の知られざる秘密7つ!ル・マン優勝車「F1 GTR 上野クリニック(59号車)」、日本人初のル・マン優勝ドライバーはこうして誕生した

| 事実は小説よりも奇なり |この記事のもくじ| 事実は小説よりも奇なり |物語は一本の電話から始まったこんな記事も読まれています マクラーレンF1といえばスーパーカー界のレジェンドでもありますが、今 ...

続きを見る

ここまでくると、むしろ「普通の」マクラーレンF1のほうが珍しいという事態に。

11

しばし歓談、そこからマクラーレンF1の一団はフェリーへ

その後一同は船着き場にてしばし歓談。

相当数のカメラキッズが周囲におり、このイベントについては事前に情報が漏れていたようではありますが、これだけのカメラキッズがいても、撮影した動画がYoutube上で(おすすめ動画に表示されたり)多くの人の目につくユーチューバーはごく一部であり、あらためてユーチューバー界における競争の厳しさも思い知らされます。

12

そしてフェリー到着後、マクラーレンF1は順番にフェリーへと乗船することに。

15

カメラキッズの熱意がスゴい!

9

ガシガシと乗ってゆくマクラーレンF1。

ロードバーションであればまだしもですが、レーシングバージョンのF1GTRをこういった狭いところに整列させるのは至難のワザかも。

8

なんとか無事に乗船し・・・。

5

フェリーが離岸しオーナーたちはまたしばしの歓談タイムとなります。

7

JUN
マクラーレンF1のオーナー同氏はどういった会話をするんだろうな・・・!

ちなみにここはイタリアのガルダ湖なのだそう。

6

そして現地に到着し、マクラーレンF1がゾロゾロと降りてきます。

1

スゴいなこの光景・・・。

4

そして目的地に無事上陸を果たし・・・。

3

さらに最終と思われる目的地へ。

イベントの様子については、追ってTheTFJJ氏が公開してくれるものと思われます。

2

総額255億円、14台ものマクラーレンF1がフェリーにて移動する動画はこちら

合わせて読みたい、マクラーレンF1関連投稿

世界に一台。レース用のマクラーレンF1 GTRロングテールを公道仕様へコンバートした車両が販売中

| おそらく1台のみ?マクラーレンF1 GTRロングテールの公道仕様が販売中 | なんとマクラーレンF1 GTRロングテールの「公道走行可能な」モデルがエキゾチックカーディーラー、トム・ハートレイにて ...

続きを見る

マクラーレンF1の個人向けレストア第一弾が公開。「走る芸術品」ともいえるその内容を見てみよう

| オリジナルの仕様に加えた「カスタム」も | マクラーレンその伝説のクルマ「F1」の認定制度を発足させ、レストアも開始していますが、今回はその第二号(個人向けとしては一号車)となるレストアプロジェク ...

続きを見る

参照:TheTFJJ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5