ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA) ■自動車各社業績/ランキング/記録等

テスラ関連ニュース3連発!「北米で大幅値上げ」「モデルSがゼロヨン記録更新」「データ上、テスラの安全運転は他社より事故率が高かった」

投稿日:

テスラ・モデルY

| とにかくテスラの話題には事欠かない |

テスラほどその評価が2つに分かれる自動車メーカーもそうそうないだろう

さて、現在サプライチェーンの問題にて様々な製品の製造コストが上がっており、とく電気自動車は「かなり原価が上がっている」製品のひとつ。

ちょっと前まで利益を出すことができていた電気自動車であっても「十分な利益を確保する」ことが難しくなってきているといい、マッハEの販売を好調に進めていたフォードにおいても「もはやマッハEは儲からなくなってきた」という声が聞かれるようになったと報じられています。

そして今回もまたテスラの「値上げ」が報じられていますが、テスラの場合は「日常の足としての自動車」ではなく「ブランド品」として買われている傾向が強いと認識しているので、値上げしても売れ行きが落ちることはないとも考えており、ここは「フォードやフォルクスワーゲンのEVとは事情が違う」とも考えています(これらのメーカーの顧客は価格に敏感な層が多いと捉えている)。

テスラの各ラインアップはどれくらい価格が上がったのか

そこでテスラのラインアップについて「どれくらい価格が上がったのか」ということについて、モデルYだと「ロングレンジで3000ドル、パフォーマンスで2000ドル」。

モデル3だとベースモデル/パフォーマンスは値上げなし、そしてロングレンジは2500ドル値上げされており、モデルSだとデュアルモーターAWDロングレンジが5000ドル、モデルXデュアルモーター・ロングレンジは6000ドルの大幅値上げとなっていて、北米においてはなんと2022年はじめから現在までで、なんと「モデルXの価格が16000ドル(日本円で210万円)も上昇している」のだそう。

なお、テスラのクルマは非常に納車までの期間が長いことでも知られますが、現在表示されている価格は「納車される時期に上がっているであろう価格」を反映したもので、注文を入れた後に値上げ分を請求されることはない、とのこと。

テスラ

テスラ・モデルSはゼロヨン記録を樹立?

次のテスラ関連ニュースは、「モデルSプレッドが、1/4マイル加速最速記録を樹立した」というもの。

これはテスラ・モデルSのユーザーである@BLKMDL3なるアカウントがツイッターにて報告を行っており、その際の動画はないものの、タイムを計測した際のプリントアウトデータが提示されており、そこには8.834秒という数字、そして終速161.37mphという記載も見られます。

なお、このモデルSは550~600ポンド(250~270kg)ほど軽量化した状態で記録を出したそうですが、このツイートに対してテスラCEO、イーロン・マスクCEOはひとこと「NICE!」とだけコメント。

ちなみにテスラの公称値だと、モデルSプレッドの0-60マイル加速は1.99秒、1/4マイル加速は9.23秒/155mphという数字であり、さらに今年2月には「軽量化(どれくらい軽くなったのかは不明)された」モデルSプレッドにて8.94秒/156mphを達成した記録もあるので、今回の8.834秒については、動画がないといえど、疑問を口にする人はいないかもしれませんね。

テスラ・モデルSプレッドは直線加速だけではなくサーキットを走っても速いことが証明されており、今後も多くの記録を出し続けることになりそうです。

テスラ・モデルSプレッドがニュルにアタック→ポルシェ・タイカンを破り「EV最速」の7分35秒を記録!さらに「次」も考えているようだ
【動画】テスラ・モデルSプレッドがニュルにアタック→ポルシェ・タイカンを破り「EV最速」の7分35秒を記録!「4ドア」だと総合3位、BMW M5よりも速いタイム

| もともとテスラ・モデルSプレッドは相当なポテンシャルを持つと考えられていたが |この記事のもくじ| もともとテスラ・モデルSプレッドは相当なポテンシャルを持つと考えられていたが |おそらくポルシェ ...

続きを見る

テスラのオートパイロットは事故率が高い?

そして次の話題は「テスラの自動運転は事故率が高い」というもの。

これはNHTSA(米国道路交通安全局)が発表したデータから判明したもので、ゼネラルモータース(GM)に搭載されるスーパークルーズが2021年以降に事故を起こしたのは(3万4000台以上の中でわずか3件、56万台以上に搭載される日産のプロパイロットはなんとゼロ、そしてフォードが最近運用を開始したブルークルーズもゼロ、ステランティスが採用する同様のシステムもゼロ。

一方テスラのオートパイロットだと83万台のうち207件の事故が報告されているといい、「1000台あたりの事故率」だとテスラがずば抜けて高い、という報告がなされています。

ただ、NHTSAはただちに「テスラのオートパイロットに問題がある」と結論付けたわけではなく、その内容についてもちゃんと吟味しており、テスラの207件のうち101件はオートパイロットのシステムが原因ではなく、のこりのうち半数はドライバーの対応が遅れたり、さらに1/4は不適切な状況でオートパイロットが使用されたということにも言及しています。

加えて、テスラのオートパイロットは、他社のシステムのように「高速道路のみに限定されている」わけではなく、さらにテスラがそれを押し出しているためにユーザーの使用率が高いこと(たしかにYoutube上でも、テスラのオートパイロットを”試してみた”動画は多い)、しかし他社の場合は自動運転をさほど押し出しておらず、かつ「限定された環境でしか使用できない」ことを周知しているために使用率が低く、よって事故も少ないのではないかという意見もあるようです(ぼくもそう思う)。

テスラ
米消費者が自動運転技術をもっとも信頼している自動車メーカーはテスラ!2位はトヨタ、6位にはクルマを製造すらしていないアップルがランクされる

| やはりテック企業に対する信頼が厚く、先端技術に関しては”イメージ”が非常に重要 |この記事のもくじ| やはりテック企業に対する信頼が厚く、先端技術に関しては”イメージ”が非常に重要 |世間的にテス ...

続きを見る

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラ
テスラが「新型モデルXの納車が2年以上遅れている」ことについて自社に問題があったと認める!あわせて50万台に追加リコールを実施

| テスラが自社の非をアッサリ認めるのは珍しい |この記事のもくじ| テスラが自社の非をアッサリ認めるのは珍しい |まさかモデルXがこんな状況に陥っていたとはなぜこんなに納車が伸びるのか?テスラは追加 ...

続きを見る

テスラの「ファントムブレーキ問題」に対し、米運輸省が調査委員会を設置して本格調査に乗り出したとの報道。2月だけで4件のリコールを出し、テスラは「重点監視メーカー」に
テスラの「ファントムブレーキ問題」に対し、米運輸省が調査委員会を設置して本格調査に乗り出したとの報道。2月だけで4件のリコールを出し、テスラは「重点監視メーカー」に

| このところのテスラはやや理解し難いところがあり、ちょっとした不安も |この記事のもくじ| このところのテスラはやや理解し難いところがあり、ちょっとした不安も |もちろん、イーロン・マスクCEOには ...

続きを見る

参照:Tesla Motors Club, Associated Press, etc

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->テスラ(TESLA), ■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5