>フェラーリ(Ferrari)

ちょっとマラネロ行ってくる。フェラーリ博物館、エンツォ博物館の行き方など

投稿日:2017/01/26 更新日:

ランボルギーニ工場/ミュージアム訪問に合わせてフェラーリの博物館にも行ってきます。
フェラーリの博物館は二つあり、ひとつはフェラーリの本社の近くにある「ムゼオ・フェラーリ・マラネッロ」、もうひとつはフェラーリ創業者、エンツォ・フェラーリの生家を改装した「ムゼオ・エンツォ・フェラーリ」。

フェラーリ博物館についてもフェラーリ・ジャパンのサイトに記載があり、そこからイタリアの博物館サイトへジャンプしますが、そこでチケットの購入が可能。

チケットの購入はこちら(チケット購入サイト)でできますが、ムゼオ・フェラーリ・マラネッロ、ムゼオ・エンツォ・フェラーリ個別、もしくは両方のチケットを同時に購入することもできます。

片方のみを購入する場合は博物館の名前をクリックし、両方一緒に行く場合は「COMBINATO MUSEI FERRARI MODENA E MARANELLO」をクリック(一緒に購入しても割り引きはない)。

ぼくは今回ランボルギーニの工場、ミュージアムとともに1日でフェラーリの両博物館を訪れますが、参考までにおおよそのスケジュールはこんな感じ。

8時45分 ホテル発
9時45分頃 ムゼオ・フェラーリ・マラネッロ到着、見学と昼食(フェラーリ内のカフェ)
11時45分頃 ムゼオ・フェラーリ・マラネッロ
12時15分頃 ムゼオ・フェラーリ・エンツォ見学(1時間)
13時15分頃 ムゼオ・フェラーリ・エンツォ出発
14時 ランボルギーニ工場+博物館見学(1時間30分)
15時30分頃 ランボルギーニ出発
16時15分頃 ホテル着

なおムゼオ・フェラーリ・マラネッロはモデナ駅からシャトルバスが出ており(有料)、ムゼオ・フェラーリ・マラネッロとムゼオ・エンツォ・フェラーリとの間にもシャトルバスが運行しているものの、そこからランボルギーニへ行くための公共交通手段はなく、タクシーもしくは車をチャーターする、またはレンタカーくらいしか方法が無いようですね。

正確には一旦モデナまで戻ったりすれば鉄道とバスを乗り継いでランボルギーニまで行けるようですが、時間的に効率が悪く、ぼくはレンタカーを借りるか車をチャーターする予定。

フェラーリ本社付近の地図を見ると、工場とムゼオ・フェラーリ・マラネッロとは数百メートル離れており、近所にはフェラーリ・ストア、フェラーリにちなんだショップがたくさんあることがわかります。

なおフェラーリの場合はオーナー(すでに手放していても可)でないと「工場訪問」はできず、ここはランボルギーニとは異なるところ。
一部ツアーなどで「フェラーリ工場訪問」と記載のあるものがありますが、それらは「工場の敷地内に入るだけ」というものばかりで、やはり一般人が工場内を見学することはできないようです。

下はムゼオ・フェラーリ・マラネッロのストリートビュー。

こちらはムゼオ・エンツォ・フェラーリのストリートビュー。

ランボルギーニ・ミュージアム/工場訪問 関連コンテンツ

ちょっとランボルギーニ本社に行ってくる。2017年2月にフェラーリとあわせて訪問予定
ちょっとマラネロ行ってくる。フェラーリ博物館、エンツォ博物館の行き方など
ランボルギーニ/フェラーリ工場訪問当日のスケジュール確定。これから航空券の手配開始
ちょっとフェラーリにも行ってくる。ランボルギーニとあわせてミュージアム訪問予定
気がつけば近づいてきたランボルギーニ本社訪問。工場、博物館について
イタリア・ボローニャに到着。空港内にはランボルギーニの展示も
ランボルギーニ本社工場を訪問。プロトタイプが走っていたりオープンな件
ランボルギーニ本社へ行く。併設ミュージアムの様子を画像と動画で紹介
ランボルギーニ・ミュージアムにて、ミウラ、カウンタック他クラシックモデルを画像にて
ランボルギーニ・ミュージアムにて。「全部カーボン」セスト・エレメントの画像
ランボルギーニ・ミュージアムにて、ミウラとミウラ・コンセプトの新旧対決
ランボルギーニ・ミュージアムにて、アヴェンタドールのベアシャーシ画像
ランボルギーニ・ミュージアムにて、超レアなヴェネーノの画像
ランボルギーニ・ミュージアムにて。もうじき市販のウルスを画像で紹介
ランボルギーニ・ミュージアムにて。悲運のエストーケを画像で紹介
ランボルギーニ・ミュージアムより、「レヴェントン」を紹介。戦闘機と同じ塗料を使用
ランボルギーニ・ミュージアムにて。ディアブロ、ムルシエラゴを画像で紹介
イタリア・ランボルギーニ博物館にて。レアモデルのコンセプトS、カーラを画像で紹介
イタリア・ランボルギーニ博物館にて。F1マシン、レースカーの展示を紹介
ボローニャからドバイへ。空港内のランボルギーニ、免税店のミニカー

関連投稿:エンツォ・フェラーリ・ミュージアムがストリートビュー対応。さっそく館内を見学だ

名称未設定-1

パガーニやランボルギーニ・ミュージアムはすでにGoogleストリート・ビュー対応となっていますが、今回はエンツォ・フェラーリ・ミュージアムがストリート・ビュー対応に。

館内を自由に見ることができ、歴代のF1マシンのほか、貴重な限定モデルも確認することができます。

こちらはランボルギーニ・ミュージアム。

こちらはパガーニ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5