>ポルシェ(Porsche)

新型ポルシェ911GT3は前モデル比でニュルのラップタイムを12.3秒更新。歴代9位に

投稿日:2017/05/11 更新日:

ポルシェがフェイスリフトを受けた新型911GT3にて、ニュルブルクリンクのタイムを12.3秒短縮した、と発表。
新型911GT3は前モデルに比べて25馬力の出力向上を果たしていますが、タイム更新に使用したのはPDK、リアホイールステアリング、カーボンセラミックディスクブレーキ付きの車両(タイヤはミシュランスポーツカップ2)。

新型911GT3のエンジンは4リッターフラット6、出力は500馬力で0-100キロ加速は3.2秒、最高速度は時速317キロ。
外観だとエアフロー改善のためにフロントバンパーなどが変更されており、これは近年のフォルクスワーゲン・アウディグループの特徴。

同じグループだと「ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ」がエアフロー改善、さらにはダウンフォースのコントロールまでをアウティブエアロで行なっており、今年のジュネーブ・モーターショーで発表された「ゴルフRパフォーマンス」でもやはりエアフロー改善をテーマに掲げていますね。

それにしても「12.3秒改善(7:12,7)」とは相当な向上で、馬力、そして公表されている部分以外にも新型911GT3ではかなり変更されている部分があるのでしょうね。

なお、新型911GT3のタイムは「相当なもの」で、歴代で9位にランクされるタイム。
となると、おそらくは新型911GT3RSは当然もっと速いはずなので、メルセデスAMG GT R、日産GTーRニスモのタイムも上回るかもしれませんね。
↓おおよそ近いタイムのランキング

6.日産GT-Rニスモ(1500万円) 7:08.68(2015)オンボード
7.メルセデスAMG GT R 7:10,92(2017) オンボード
8.グンペルト・アポロ・スピード(3800万円?) 7:11.57(2009)オンボード
9.ダッジ・ヴァイパーSRT-10 ACR(1500万円?) 7:12.13(2010)オンボード
10.レクサスLFA ニュルパッケージ(4450万円?) 7:14.64(2012)オンボード

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5