>スウェーデンの自動車メーカー >ロータス(Lotus)

ボルボが「ハンドリング・バイ・ロータス」に?ボルボのエンジニアが語る

投稿日:2017/06/06 更新日:

オーストラリアのメディア「Drive」のボルボに対するインタビューにて明らかになったところでは、「ボルボは将来的にロータスのサスペンションチューニングに関する技術を恩恵として受けることになるだろう」とのこと。
これはボルボX60のチーフエンジニアが語ったもので、話の出処を考えると現実味がありそうですね。
※ロータスが吉利汽車に買収されたことによって、ボルボとロータスは同じ吉利汽車傘下に

なおロータスが吉利汽車に買収されると発表があったのはつい最近ですが、ボルボのエンジニアにまで話が行っているとなると、すでに吉利汽車の中では「ボルボとロータスとを結びつけて相乗効果を出すプラン」ができあがっているのかもしれません。

「ハンドリング・バイ・ロータス」というといすゞピアッツァやジェミニで有名で、実際のところ評価は非常に高く、ロータスのサスペンション/ハンドリングのセッティング技術は非常に高い模様。
しかしボルボはSUV中心よ?という声もあるかと思いますが、ロータスは同じくいすゞの「ビッグホーン(SUV)」においても足回りのチューニングを担当しているので、大きく重い車についてもそれなりのノウハウはある、と考えられます。

ちなみにメルセデスAMGのハイパーカー「プロジェクト1」についてもメルセデスAMGがロータスにサスペンション/ハンドリングのチューンを依頼するというウワサも出てきたほどなので、ロータスはこの業界においては「突出した」強みを持っていると言えそうですね。

吉利汽車が今後どのようにロータスを活用するのかは不明ですが、もしかすると(タタが買収したピニンファリーナのように)様々な自動車メーカーとの関連性を深め、それまで培ってきた「技術」をお金に換えてゆくのかもしれない、と考えたりします。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->スウェーデンの自動車メーカー, >ロータス(Lotus)
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5