レガシィ

スバルのキー

熱狂的ファンの多いスバル!いかにしてスバリスタが形成されたのかを考察する。「パワーに対して価格が安い」「数字などスペック的特徴が多い」

| ただしそれは苦肉の策から生まれた戦略だったのだと考える | スバルはけっこう(というか”かなり”)ファンが多いメーカーとして知られます。そして「なぜファンが多いのか」ということはあちこちで語られる ...

スバルはかつて国内販売の2/3を占める軽自動車を切り捨てた!それが現在の躍進に繋がり、スバルをより強くすることに

| スバルが決めたのはたった2つのことだった | President Onlineにて、「スバルがメイン事業だった「軽自動車」から見事に撤退できたワケ」という記事が掲載。スバルは世界的に見ても非常に珍 ...

スバル

凄いなスバル・レガシィ・アウトバック!米にてワゴン市場の80%を占め、単一車種でも全体の1%を占める超人気モデルに

| なぜそこまで売れるのかは全くの謎 | Car and Driverが報道したところによると、北米市場ではSUVやクロスオーバーに加え、「車高を上げたワゴン」の人気が拡大している、とのこと。つまりス ...

スバルがレガシィ、インプレッサにリコール。「シートベルトがロックしない」そしていつまでも続く「エアバッグ」

| そろそろエアバッグのリコールは”出尽くして”もいい頃だが | さて、スバルがレガシィ、インプレッサに対してリコール届け出。インプレッサはシートベルト関連とエアバッグ関連、レガシィもやはりエアバッグ ...

スバルはかつて「新エンジンすら開発できない会社」だった!そんな中、名機EJ20を開発し、名車レガシィを世に送り出したのは一人の”熱血社長”

| 当時、スバルは興銀の支配下にあり、同じく興銀が融資していた日産への配慮から「なにもさせてもらえなかった」 | プレジデント・オンラインにて、「名車レガシィを生んだ銀行マン社長の大胆経営」という記事 ...

スバルの2019年北米販売は2.9%増。とくにアセントが129%増を記録し、もはや成長は”SUV頼み”。一方でBRZは39.1%のマイナスに

| この状況でスポーツカー開発が許されないのは仕方がない | とにかくアメリカでは「SUVしか売れない」状況のようですが、それ以上に明白なのが「スポーツカーが売れない」。これはいずれのメーカーも例外で ...

スバルは北米ワゴン市場にて”85.7%”ものシェアを持っていた!残り14.3%をアウディ、ボルボなど欧州勢が取り合う中で余裕の販売を見せる

| 一番売れているのはレガシィ アウトバック | 北米市場では「ステーションワゴンが売れない」と言われますが、その北米のワゴン市場において、なんとスバルは85.7%ものシェアを持つ、とのこと。ちなみに ...

新型SUBARUレガシィ発表!新プラットフォーム、新エンジン、高級な内装を得てアメリカ市場を徹底攻略

新型レガシィはフラッグシップにふさわしい進化を遂げた スバルがかねてより予告していた新型レガシィをシカゴ・オートショーにて発表。スバルによると「デビュー30周年を迎え、大幅進化した」とのことで、今回の ...

スバル・レガシィに一風変わったリコール。ガソリン残量が実際よりも多く表示され、それを信じるとガス欠に

| スバル・レガシィの燃料計に「過大な航続可能距離が表示」される | スバルがちょっとめずらしい、燃料の残量が不正確という内容のリコールを発表。 これによると、「実際よりも多くの燃料があると示して」し ...

スバルが12万台にリコール届け出。レガシィのパーキングブレーキが作動しない、もしくは走行中にイキナリ作動

| スバルが電動パーキングブレーキの誤作動にてリコール | スバルがレガシィに採用される電動パーキングブレーキに問題があるとしてリコールを届け出。 これによると、電動ブレーキの基盤やセンサーの強度が不 ...

スバルに23万台の大量リコール。対象はレガシィ/インプレッサ、最悪の場合は走行中にエンジン停止

| スバルにまたまたリコール | スバル・レガシィ/インプレッサにリコールの届出。 今回の内容は「燃料装置(燃料ポンプ)の不具合」。 届出内容によると、「燃料ポンプにおいて、ポンプにつながるワイヤハー ...

スバル・エクシーガ、マツダ・アクセラにリコール。スバル/マツダともに今年に入って4回目

マツダとスバルにリコール発生。 マツダは「アクセラ」が対象ですが、「教習車のみ」という極めて珍しいリコールとなっています。 内容としては教習車助手席の座面高さ調整機能の強度不足というもので、詳細は下記 ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5