ロールスロイス

ドナルド・トランプ大統領が乗っていたロールスロイス・ファントムが競売に

ドナルド・トランプがホワイトハウスに入るまで乗っていたロールスロイスが競売に!本人のサインとメッセージ入り、プレミア付きで相場の「倍」の予想落札価格

| ドナルド・トランプはけっこう面白いクルマに乗ってきたようだ | さて、ドナルド・トランプ大統領が以前に所有していた2010年モデルのロールスロイス・ファントムがオークションに登場。これはドナルド・ ...

ロールスロイスの新オプション「折りたたみチェア」

ロールスロイスが新オプション「アウトドア用折りたたみチェア」発売!磨き上げたアルミとカーボン使用、価格はなんと92万円

| ある意味ではロールスロイスらしい、そしてロールスロイスの世界観を体現したオプションだ | さて、人類が作りうる最高のクルマ、ロールスロイス。そういった完璧なクルマには完璧なオプションがふさわしく、 ...

フェラーリ・ローマ

誰がそんなに買ってるの!?2020年11月、昨対でもっとも伸びたのはフェラーリの「2.6倍」!なお今年一番成長したブランドもフェラーリ

| やっぱりフェラーリのブランド価値は絶大だ | さて、2020年11月の輸入車登録。全体だと単月で前年比96.3%というところまで回復しており、なかなかの数字だと言えそう。参考までに国産車だと前年比 ...

北極圏での活動をイメージしたロールスロイス、そしてベントレーのレンダリング!究極の姿がここにある

| このロールスロイス・カリナンであれば快適に北極を走行できそう | さて、様々な「もしも」系レンダリングを発表しているAbimelec Designですが、今回はロールスロイス・カリナンやベントレー ...

マイナーチェンジ(フェイスリフト)版BMW X7

まだグリル大きくなるの?巨大グリルを持つ新型BMW X7が目撃。まるでロールスロイスのような顔つきに

| おそらく今後、BMWはシリーズ間でもデザイン的相違を拡大させるに違いない | さて、BMW本社付近にて、新型BMW X7のプロトタイプが目撃。これはモデルライフ半ばのフェイスリフト(マイナーチェン ...

ロールスロイス・ブラックバッジの限定モデル、ネオンライト

ロールスロイスが「初のネオンカラー」を採用した限定シリーズ"ブラックバッジ・ネオンナイツ"発表!ドーン、レイス、カリナンに設定

| まさかロールスロイスが純正にてこういったボディカラーを展開するとは | さて、ロールスロイスは「ブラックバッジ」なるBボーイ系シリーズを展開しており、これはグリルやバッジ類がブラックへと変更され、 ...

その名は「アズナム・パラディウム」!イタリアから"アメリカントラックベースの超高級ハイパーリムジン"登場

| 一見するとまず売れなさそうに見えるものの、珍しいものを求める富豪にとっては興味を抱かせるクルマなのかも | さて、世の中には様々なカスタムカーが存在しますが、今回紹介する「アズナム・パラディウム( ...

ランボルギーニ・ウルスの事故

なぜこんなことに?ロールスロイスとランボルギーニ、あわせて7000万円の事故発生。なお片方のドライバーは逃走

| イギリスの片田舎で起きた高級車同士のクラッシュに住民騒然 | 英国にてロールスロイス・ゴーストとランボルギーニ・ウルスの絡む事故が発生。ロールスロイス・ゴーストの車両本体価格は約3500万円、ラン ...

CO2、騒音に続いて「光」までもが規制対象に!EUにてロールスロイスの「光るマスコット」が禁止。「光るグリル」はOKらしい

| そこまで規制しなくてもいいのでは | さて、ますます締め付けが厳しくなる自動車業界。CO2排出量、音量に続いて今回は「光」が規制対象となっており、EUにて新たに設定されたlight polluti ...

ロールスロイスが同社「初」のエレクトリックモデルを開発中との報道!「ハイブリッドを通り越してイキナリEVだ」

| ロールスロイスは変化することで生き残ってきた | さて、ロールスロイスは現在「初」の量産モデルとなるエレクトリックモデルを開発中、とのこと。これはカーメディア、Automotive News Eu ...

北京MSにて、中国最上位ブランド紅旗よりフラッグシップモデル「H9+」「E-HS9」公開!ロールスロイスへの対抗馬

| デザイナーはもとロールスロイスのジャイルズ・テイラー | さて、北京モーターショーにて、中国でもっとも高級なブランド「紅旗」のフラッグシップセダン「H9+」、そしてフラッグシップSUV「E-HS9 ...

新型ロールスロイス・ゴースト発表!「グリルはLED内蔵で光る」「室内は静かすぎてエアコンの送風音すら気になるほど」

| すべてにおいて新型ゴーストは大きな進化を遂げている | ロールスロイスが予告通り、フルモデルチェンジ版となる新型ゴーストを発表。プラットフォームはファントムそしてカリナンと同じフレキシブル・アルミ ...

お騒がせなロールスロイスのワゴンはコーチビルダーによるワンオフモデルだった!「レイス・シルバースペクター」

| 1台だけではなく合計7台が製造される模様 | さて、先週から今週にわたりネット上を騒がせた「ロールスロイスの謎ワゴン」。まずは全身をカモフラージュで覆われたプロトタイプがスクープされ、その次にそれ ...

【今日のニュース:英国車編】ベントレー・フライングスパーにカーボンパーツ装着の特別仕様車設定、ロールスロイスのワンオフワゴンが目撃に

| これでようやく「世界最速のセダン」っぽいルックスに | さて、今日のニュース、英国車編。まずは昨年6月に発売されたばかりのベントレー・フライングスパーに追加となった「スタイリング・スペシフィケーシ ...

ロールスロイスがエンブレムを変更!スピリット・オブ・エクスタシーは二次元化、ブランドカラーはパープルに

| ロールスロイスがパープル?だが聞けばその理由にも納得 | さて、自らのクルマをして「人類が作りうる最高の自動車」と表現するロールスロイス。その思想の源流にあるのは、副創業者であるサー・ヘンリー・ロ ...

ロールスロイスの謎ワゴン試作車目撃→職人が早速予想CG製作。本家ロールスからは9/1に新型ゴーストを発表とアナウンス

| このまま発売されてもおかしくないほどの秀逸なレンダリング | つい昨日、「ワゴンボディを持つ謎のロールスロイスのプロトタイプ」のスパイ動画が公開されたところですが、早速アーティストによる「予想レン ...

ホンダやフェラーリで経験を積んだデザイナーの描く「NSXコンセプト」!そのほかマツダ、日産等の秀逸なレンダリングも

| いずれも劣らぬ素晴らしいデザイン | ホンダやジャガー・ランドローバー、BMWでエクステリアデザイナーを努め、フェラーリではエクステリアデザインチームのインターンシップも経験したデザイナー、ジュリ ...

【今日のニュース:英国車編】ベントレーが限定コンチネンタルGT生産開始、ロールスロイスも限定ドーン発表、そしてEVコンバート企業がクラシックファントム等をEV化し販売

| クラシックカーのEV化は今後、なかなかいいビジネスになるかもしれない | さて、今日のニュース、英国車編。まずはベントレー・コンチネンタルGTの限定モデル「ベントレー・コンチネンタルGTリミテッド ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f