ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

ロールスロイス

ブラバスが最上位カスタム「マスターピース」発表!これによってコンプリートされたロールスロイス・ゴーストがスゴすぎた

ブラバスが最上位カスタム「マスターピース」発表!これによってコンプリートされたロールスロイス・ゴーストがスゴすぎた

| ブラバスではロールスロイスでは「行ってくれない」パンテオングリルのブラック化を実施 | そのイメージはラグジュアリーさを残しつつ精悍に ここ最近、非常に高いレベルのカスタムが施されたコンプリートカ ...

ロールスロイスが世界で最も高価なクルマ、「ボートテイル」2台めを公開!価格は最低30億円、3台のみが製造される特別モデル

ロールスロイスが世界で最も高価なクルマ、「ボートテイル」の2台めを公開!価格は最低30億円、オーナーは真珠王後継者、車内には数々の真珠モチーフ

| ロールスロイス・ボートテイルの車体も素晴らしいが、その「付属品」もまた素晴らしい | ロールスロイスは「次なるワンオフモデル」に取り掛かっているというが さて、ロールスロイスは(ブガッティ・ラ・ヴ ...

ロールスロイスが2023年モデルのファントムを発表!「小さなことが完璧を生むが、完璧は小さなことではない」。顧客の小さな要望を取り入れ、より完璧に

ロールスロイスが2023年モデルのファントムを発表!「小さなことが完璧を生むが、完璧は小さなことではない」。顧客の小さな要望を取り入れ、より完璧に

| グリル形状変更とともに内部が発光するようになり、さらには各パーツのブラック化対応、ヘッドライトは”スターライト”に | ハイエンドメーカーでは「顧客の要求したカスタム」がのちにオプションとして反映 ...

【動画】「これはいい買い物をした」。前澤友作に1億3000万円、世界限定88台のアストンマーティンV12スピードスターが納車される

【動画】「これはいい買い物をした」。前澤友作に1億3000万円、世界限定88台のアストンマーティンV12スピードスターが納車される

| V12スピードスターを運転した感覚は「自動車を超越している」 | リヤウインドウやサイドウインドウどころか、フロントウインドウもナシ さて、数々のスーパーカーやハイパーカーを所有する前澤友作氏。す ...

まさかのロールスロイス・カリナンをオフロードカスタム!オーバーフェンダーにルーフトップテント、タイヤにホイールなどをあわせると2000万円以上かかるもよう

まさかのロールスロイス・カリナンをオフロードカスタム!オーバーフェンダーにルーフトップテント、タイヤにホイールなどをあわせると2000万円以上かかるもよう

| 現在はまだ企画段階、しかし実際に注文が入っており近日中に製作にかかることになりそうだ | カリナンの車両代金含めた総額だと7000〜8000万円くらいは必要かも さて、様々なクルマを本気でカスタム ...

マクラーレン

BMWがマクラーレンと電動スポーツカーの共同開発を行う覚書を締結したようだ・・・。ただしアウディの横槍によってそれが無効になる可能性が報じられる

| この現象はまさに、1990年代末の「フォルクスワーゲンとBMWとのロールスロイス買収劇」を思い起こさせる | BMWについては2017年ごろから「マクラーレンと提携、もしくは買収」という報道が何度 ...

ロールスロイスが新たなるワンオフモデル「ファントム・カーボンヴェイル」発表!元F1エンジニア、現芸術家の製作するアートを反映させたカスタム仕様

ロールスロイスが新たなるワンオフモデル「ファントム・カーボンヴェイル」発表!元F1エンジニア、現芸術家の製作するアートを反映させたカスタム仕様

| ロールスロイス・ファントムにはもともと「こだわり」を反映させるためのスペースが車内に用意されている | 150層もの積層カーボンをインテリアに使用 さて、ロールスロイスはこれまでにも様々な顧客から ...

【動画】娘に「ガソリン車は環境に悪いからパパの車に乗りたくない」と言われたロールスロイスオーナー。EVコンバートを開始するも4年と多額の費用がかかり自宅を売り払う羽目に

【動画】娘に「ガソリン車は環境に悪いからパパの車に乗りたくない」と言われたロールスロイスオーナー。EVコンバートを開始するも4年と多額の費用がかかり自宅を売り払う羽目に

| 現在は無事にEVコンバートを完了し、無事に家族とともに暮らせるようになったようだ | なぜそこまでロールスレイス・レイスにこだわったのかはわからない さて、カナダ在住のヴィンセント・ユーさんがカス ...

ロールスロイス

2022年2月の輸入車登録台数が発表。ロールスロイスやフェラーリという、「平均価格帯が最も高い」ブランドの販売が前年を上回る。ロールスは月に20台も登録されて、やはり「あるところにはある」ようだ

| 日本市場は世界的に見てもかなり「特殊」な部類だと思われる | とくに超高級車の安定度はピカイチ さて、日本自動車輸入組合による2022年2月の輸入車登録台数が発表に。全体的には1万6685台(前年 ...

ロールスロイス初のEV「スペクター」はこうなる?スプリットヘッドライト採用、大型化したボディで高級感倍増

ロールスロイス初のEV「スペクター」はこうなる?スプリットヘッドライト採用、大型化したボディで高級感倍増

| 空気抵抗になりそうなパルテノングリルがどうなるのか気になる | スペクターの発表はおそらく来年末だと言われている さて、ロールスロイスは初のピュアエレクトリックカー「スペクター」の発売準備を進めて ...

ロールスロイスがそのマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」を電動化時代に向けモデルチェンジ!片足を前に出し、低く身構えるようになったぞ

ロールスロイスがそのマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」を電動化時代に向けモデルチェンジ!片足を前に出し、低く身構えるようになったぞ

| スピリット・オブ・エクスタシーは111年前に比べると高さが半分くらいになっていた | これだけ長い間、そのデザインをほぼ変えずに来たマスコットも珍しい さて、ロールスロイスがピュアエレクトリックモ ...

ロールスロイスの最新ワンオフ「ファントム・オーキッド」登場!蘭の花が持つ「立ち直る力」を表現すべく、複数アーティストと共同し2年の開発期間を経て完成

ロールスロイスの最新ワンオフ「ファントム・オーキッド」登場!蘭の花が持つ「立ち直る力」を表現すべく、複数アーティストと共同し2年の開発期間を経て完成

| ロールスロイスのオーナーは車両のカスタムに「もう一台買えるくらい」お金をかけていそう | 現在、ほぼ100%のロールスロイスがこういった「カスタム車両」だと言われている さて、これまでにも古い木材 ...

ロールスロイス

ロールスロイスCEO「今後発表されるであろうレイス、ドーン、ファントム、ゴースト、カリナン後継となるEVの価格はガソリンモデル時代と同じものとなるだろう」

| ロールスロイスは「そのセグメントに応じた」適正な価格設定を心がけているようだ | もちろん「利益が取れる」という前提であることは間違いない さて、現在各プレミアムカーメーカーがEVへのシフトを進め ...

ロールスロイスがまたまたロシア市場向けにカラフルな限定モデルを投入!5台限定の「カリナン ブラック&ブライトコレクション」

ロールスロイスがまたまたロシア市場向けにカラフルな限定モデルを投入!5台限定の「カリナン ブラック&ブライトコレクション」

| ロシア市場はロールスロイスにとってけっこう大きな市場であるようだ | しかもけっこう派手なボディカラーが受け入れられるようだ さて、ロールスロイスが「カリナン ブラック&ブライトコレクション」を発 ...

ロールスロイス

ロールスロイスの2021年における販売台数は「117年の歴史の中で過去最高」!前澤友作「ファントム織部」のようなオーダーメイド車両の製作依頼が急増

| コロナの影響が色濃く残った2020年に比較して伸びるのは当然のこと、過去最高を発表する自動車メーカーが相次ぐ | 台数に加え、「利益」のほうが大きく伸びたんじゃないかと思う さて、現在各自動車メー ...

いったいいくらするのコレ!マンソリーが中東向けにロールスロイス・カリナンのカスタムカー「スペシャルUAE」を発表

いったいいくらするのコレ!マンソリーが中東向けにロールスロイス・カリナンのカスタムカー「スペシャルUAE」を発表

| 内外装とも手が入っていない部位はないというほどの超カスタムモデル | しかもボディはマットなグラデーション塗装 さて、フェラーリ、ランボルギーニ、ブガッティなどハイエンドカーメーカーを対象としたチ ...

さすがは「反逆者のための車」ロールスロイス!顧客が新車オーダーしたピンクの特別仕様カリナンを公開

さすがは「反逆者のための車」ロールスロイス!顧客が新車オーダーしたピンクの特別仕様カリナンを公開

| なかなかこのボディカラーでロールスロイスをオーダーする猛者はそんなにいない | そしてそのオーダーを受けるロールスロイスもまた「なかなかの」ものだ さて、「伝統」「紳士的」「高級」といったイメージ ...

ロールスロイス

ロールスロイスCEO「レザー以外の内装も用意しているが、今までにそういったオーダーを受けたことはない。レザーが高級素材として求められるのには理由がある」

| やっぱり今のところはレザーを超える高級な張り材は無いのかもしれない | 結局ベントレーも「脱レザー」ができずにレザーに回帰 現在世界中がエコでサステナブルな方向へと動いており、そして何かと槍玉に挙 ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5