規制

英国で販売が停止されていたスズキ・ジムニーが「2シーターの商用車」として復活

英国で販売が停止されていたスズキ・ジムニーが「2シーターの商用車」として復活!なお価格は乗用車バージョンよりも20%以上高いようだ

| 仕様としては2シーター化、カーゴスペース拡大、スチールホイールなど装備の簡素化 | おそらく生産は「インド」だと思われるが、その詳細は公開されていない さて、英国にて販売が停止されていたスズキ・ジ ...

ポルシェが公式に「米カリフォルニアでは、騒音規制にひっかかってしまい、新型911GT3のMTを販売/登録できない」とコメント

Oh!ポルシェが公式に「米カリフォルニアでは、騒音規制にひっかかってしまい、新型911GT3のMTを販売/登録できない」とコメント

| マニュアル・トランスミッションに対しては、あらゆる面において「締め付けが厳しく」なっているようだ | もはやマニュアル・トランスミッションは小排気量スポーツカーにしか搭載できなくなりそう さて、ポ ...

マニュアル・トランスミッション

マニュアル・トランスミッションは安全技術の義務化、環境対策によって消滅?衝突被害軽減ブレーキとの相性が悪く、エンジン回転数の制御が難しいMTは社会にとっも「悪」に

| 近代のクルマは「トランスミッション単体」で語ることができず、すべてが統合して制御されている | どう考えても、一部のマニアのためにトランスミッションを生き残らせることは難しい 現在マニュアル・トラ ...

ダッジのV8エンジン

ダッジCEO「規制や社会の風潮によって、もはやV8エンジンは虫の息だ・・・」。これまで数々の危機を乗り越え存続してきたアメリカンマッスルもこの時代を生き延びることはできないだろう

| 大排気量エンジン、自然吸気、マニュアル・トランスミッション。どんどん自動車の歴史を作ってきたアイコンが消えてゆく | さて、ダッジというとアメリカンマッスルの代表格のひとつとなった感があるものの、 ...

テスラ・スーパーチャージャー

2020年、通年ではじめて黒字化したテスラ。その利益構成は「自動車販売だけ」ではなく、他の自動車メーカーに販売する「クレジット」もかなりの割合を占めていた!

| テスラは将来的に、「バッテリー」「ソフトウェア」の販売も計画しているというが | さて、2020年にはじめて「通期で黒字を達成した」テスラですが、その利益構成は「車両の販売のみによるものではない」 ...

2021年から「新車の匂い」が規制により消滅する可能性!反面、代替素材の使用によって車内が「何かが腐ったような臭い」で充満する可能性も

| 現代の自動車は様々な方面からの規制によって変化を強いられている | さて、新車から新車の匂いが無くなるという報道。この報道によると、新車の匂いが規制によって薄められる、もしくは姿を消すことになるだ ...

スズキ・ジムニーが英国で販売終了!6月に日本でジムニーシエラの販売数が前年比3倍になったのは「英国分が日本に回ってきた」から?

| スズキ・ジムニーの生産能力は限られており、スズキは厳密に各地域ごとの割当を調整している | スズキ・ジムニーがイギリスから撤退との報道。※英国で販売されていたのは日本での「ジムニーシエラ」ただしこ ...

ポルシェ「今後、エンジンを大排気量化するかもしれん」。なお911カレラについては「自然吸気には戻らない」

| どうやら今後、「排気量当たりの馬力上限規制」が導入されるようだ | ポルシェが「今後、大排気量へ移行するかもしれない」というコメントを発し周囲を驚かせることに。ポルシェはこれまでにも何度か(排気量 ...

欧州にてスズキ・ジムニーが販売終了との報道!売れているはずなのにいったいなぜ?

| なにもかも環境規制のせいだった | Autocar India報じたところによると、欧州にて、スズキ・ジムニーが「販売終了」になるとのこと。これは多くの自動車メーカーが抱える問題同様に「CO2排出 ...

メルセデスAMG GT

メルセデスAMGがピンチ!このままでは欧州の規制に対応できず、「最大で75%のモデルが販売終了」になる可能性が報じられる

| 欧州の規制は、想像するよりも遥かに厳しい内容を持つようだ | 現在、メルセデス・ベンツは欧州の厳しい規制に対応するためにモデルラインアップの見直しを迫られており、とくにAMGモデルの多くはその対象 ...

テスラ・サイバートラック

独認証機関「テスラ・サイバートラックは欧州で登録できない。タイヤを小さくし、ライトを大きくし、カドを丸くし、衝撃を吸収できるバンパーを装着しないと」

| すべての条件を反映させると、もうそれはサイバートラックではない | ドイツの認証機関、TUV(テュフ)にて車両を担当するシュテファン・テラー氏が現地メディア、シュピーゲル(Spiegel Onli ...

欧州にてマツダ・ロードスター存続の危機!2リッターモデルが廃止され「販売は20%ダウンするだろう」。いったいなぜ?

| なにもかも欧州の厳しいCO2排出規制のせい | 欧州にて、マツダ・ロードスターの販売が20%減少するであろう、とのレポート。これはFinancial Timesが報じたもので、マツダは「CO2排出 ...

フェラーリが新型V12エンジンの特許を出願。フェラーリはなんとしても「自然吸気V12エンジン」を諦めない

| フェラーリはV12エンジンを生き残らせるためにハイブリッドもターボ化も行わない | フェラーリが新型V12エンジンの特許を出願。この出願自体は2019年4月24日になされたものですが、公開となった ...

朗報か悲報か!?デイトナはじめロレックスのスポーツモデルに対し正規販売店が11月から購入制限導入開始。なぜ導入されたのか、中古相場がどう変わるのかを考える

| ちなみに今回の購入制限について、日本ロレックスは関与していない | Livedoor Newsによると、日本においてロレックス正規販売店が、ステンレスケース採用の「スポーツモデル」について購入制限 ...

フェラーリ「V12エンジンは排ガスの他、騒音規制に対応させることが困難」。2018年から導入された騒音規制がネックだと語る

| それでもフェラーリは「V12エンジンのために戦う | 近年のガソリンエンジンに対する締め付けは厳しくなる一方ですが、とくに大排気量V12エンジンを持つメーカーにとっては頭の痛い問題であるのは間違い ...

メルセデス・ベンツ「今後のAMGモデルのサウンドはずっと静になるだろう」。これに限らず欧州の騒音規制のおかげでスポーツカーのサウンドはどんどん静かに

| これからのガソリン車は「締め付けられる」一方。性能や魅力の維持が大変な時代に | メルセデスAMGのプロダクト企画部門のトップ、バスティアン・ボーゲンシューツ氏によると、「将来のメルセデスAMGの ...

フェラーリ含むスーパーカーが今後生き残るには「乗り越えねばならない壁」が2つある?それは何なのか見てみよう

| どちらもフェラーリの本質的価値に影響しかねない | 東洋経済にて、「フェラーリが乗り越えるべき2つのハードル」という記事が掲載に。記事内では様々な規制や社会情勢の変化において、スーパーカーも大きく ...

アストンマーティン「我々はV12エンジンを見捨てない。それが禁止されるまではなんとしても生き残らせる」

しかしながら「規制」によってパワーダウンしたV12エンジンだと誰も欲しがらないというジレンマ アストンマーティンCCO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)、マレク・ライヒマン氏が英国TopGearに ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5