3シリーズ

BMW、アウディにリコール。BMWは「タイヤが切れない」アウディは「火災の可能性」「燃料漏れ」と重篤な内容

| 燃料漏れやショートはよく見る部類だが、「タイロッドが折れる」のは初めて聞いた | さて、BMWとアウデイが合計で3件のリコール届け出。まずはBMWですが、かなり珍しい例で「タイロッドが破断する」と ...

BMWが今年の夏に「ほぼ全モデルにマイルドHV標準化」。加えてインフォテイメントシステムの大幅アップデートを実施

| BMWはフェイスリフトを待たずにこれらの改良を実施する気だ | BMWはフェイスリフト版となる新型5シリーズ/6シリーズGTを発表し、X2にプラグインハイブリッド「X2 xDrive 25e」を追 ...

最近流行っとるん?BMW 3シリーズの外板を取り払い「外骨格化」。ドアなし、ルーフなし、ボンネットなし、そしてエンジンは1,000馬力

| これだけの技術があればフルスクラチでクルマを作れそうだ | ここ最近、ワイルドな改造を楽しむ人々が北米で増加中。ロックダウンの影響なのかどうかはわかりませんが、ステイホームならぬステイガーレジとい ...

アルピナが「高回転ガソリンエンジン並の」高トルクディーゼルを搭載する「D3 S」発表!BMW 340dベース、サーキットよりもアウトバーンを目指した高速ツアラー

| 0-100km/h加速は4.6秒、最高速は273km/hの俊足モデル | アルピナが「B3」に続き、ディーゼルエンジン搭載の「D3 S」を発表。これらはBMW 3シリーズ(M340d)のホワイトボ ...

新型BMW 5シリーズが完全リーク!フロントは3シリーズっぽく変更され、全体的に筋肉質なサルーンといったイメージに

| BMWは5シリーズのキドニーグリルを(さほど)巨大化させなかった | ここしばらく頻繁に目撃されている新型(フェイスリフト/マイナーチェンジ版)BMW 5シリーズですが、オフィシャルと見られる画像 ...

慣れとは恐ろしいな・・・。新型BMW 4シリーズの巨大グリルを見ても何も感じなくなった自分に驚きだ

| 今回の新型BMW 4シリーズのプロトタイプには「カナード」つき | BMW 4シリーズの最新プロトタイプが目撃に。先日目撃された個体よりもさらにカモフラージュが薄くなっていますが、驚かされるのは巨 ...

(たぶん)新型M3よりも過激!アーティストの考えた「BMW 3シリーズ・コンセプト」のデザインがカッコイイ件

| そのオーバーフェンダーはミニ・ジョンクーパーワークスGP風の”フロート”フェンダー | これまでにも様々な「もしもこんなクルマがあったなら」というレンダリングを公開してきたEmre Husman氏 ...

これはBMW3シリーズのEV版?ロングホイールベースを持つ試作車が目撃に

| BMWはエレクトリックカーに真剣なのか及び腰なのかわからない | BMWは2023年までに25ものエレクトリックモデルを追加すると発表していますが、そのうちの一つと見られる「エレクトリック3シリー ...

恐るべしテスラ!2019年、モデル3は単独で「BMW2/3/4/5/6/7/8シリーズを足したよりも多くの台数」を売った模様

| 一方BMWの販売は大きく下がり、中古相場も下落の一途 | サーキット走行やドラッグレースにおいてもテスラ・モデル3の強烈なパフォーマンスが報じられているところですが、今回Cleantechnica ...

ACシュニッツァーがさらに過激な「BMW 3シリーズ専用エアロ」発表!ここまでくればもうMモデルはいらないかも

| ACシュニッツァーはデザインテイストが比較的よく変わる | ACシュニッツァーが「さらに」過激なBMW 3シリーズ(G20世代)向けのエアロキットを発表。ACシュニッツァーはこれまでにも3シリーズ ...

BMW「みんな知っているか?3シリーズワゴンのリアはガラスだけでも開くぞ?」あまりにこれが使われないため、このままだと次期モデルでは消滅する機能の筆頭に

| 狭くて天井の低いところでは便利な機能 | BMWは先日「3シリーズ・ツーリング(ワゴン)」を発表していますが、新しく導入した装備の一つが「リアハッチの分割オープン」。これはテールゲートとは別にリア ...

BMWが早速「8シリーズ・グランクーペ」「3シリーズ・ツーリング」向けのオプションを公開。ゴールドのホイールも

| 今のところ、ゴールドを積極的に押し出しているのはBMWくらい? | BMWが例によってニューモデル向けの「Mパフォーマンス」オプションパーツを発表。今回の対象は最新モデルである3シリーズ・ツーリン ...

新型BMW 3シリーズ・ツーリング発表!セダンに比較して上質な内外装が与えられ、走りはもちろん荷室容量、使い勝手も向上

| ボディ剛性も向上し、足回りの強度もアップ。重心も低くなって走りもスポーティに | BMWが新型3シリーズのワゴンボディ、「ツーリング」を発表。「3シリーズ」自体は1975年に登場し、現行のG20世 ...

衝撃!1982年のBMW 3シリーズと2019年のX7とではフロントグリルのサイズがここまで違う

| しかしながら実際のところはユーザーに受け入れられているようだ | とにかく大きくなってゆくことで知られるBMWのキドニーグリル。これは常々(あまり良くない方向で)話題とされるもののBMWはそんなこ ...

ACシュニッツァーが新型BMW 3シリーズ向けのカスタムパーツ発売。BMW純正パーツとどう違うのか比較してみよう

| BMWはコントラスト、ACシュニッツァーは一体感を重視しているようだ | BMWはG20世代となる新型3シリーズを発表し、その後間もなくMパフォーマンスによるカスタムパーツを発表。そして今回ACシ ...

早速ドイツのチューナーがBMW 8シリーズ・カブリオレをマットグリーンにラッピング!内装はホワイト、アクセントはブラック

| 8シリーズにこういったカスタムを施す例はかなり珍しい | BMW 8シリーズ・カブリオレのカスタムカーが登場。これはその外装を「マット・クリプトン・グリーン」へとラッピングし、各部にグラフィックを ...

BMWアブダビが新型3シリーズのカスタム一番乗り!純正エアロキットはなかなか格好いいぞ

ただしこのボディカラーは日本では選べない BMWアブダビが世界ではじめて新型3シリーズのカスタムを披露。BMWアブダビはロールスロイス、ミニも併設する巨大ディーラーで、ロールスロイスの販売台数は「世界 ...

新型BMW 3シリーズのボディカラーは日本だと3色→欧米では102色。ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニの純正カラーも選べるナゾ

日本だとブラックとホワイトで80%を占め、あとはせいぜいグレー BMWが新型(G20)3シリーズにつき、欧米向けのコンフィギュレーターをオープン。これを見ると、ボディカラーはカスタムカラー抜きで18色 ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5