>シボレー(CHEVROLET)

2023年でコルベットは70周年!1年間だけ「70周年記念パッケージ」が用意され、全車のエンブレムは「(2023年モデルのみ)70周年特別仕様」へ

2023年でコルベットは70周年!1年間だけ「70周年記念パッケージ」が用意され、全車のエンブレムは「(2023年モデルのみ)70周年特別仕様」へ

| コルベットがもっとも成功した状態で70周年を祝うことができるのは喜ばしい |

C8コルベットがここまでの成功を収めるとは誰も想像していなかっただろう

さて、コルベットは2023年に「70周年」を迎えることになり、そこで2023年のコルベット(ベースモデル)、そしてコルベットZ06には「70周年記念パッケージ」が用意される、とのこと。

これについては先日シボレー本体が「うっかり」情報を先行公開してしまったものですが、今回正式にパッケージオプションの設定がアナウンスされたということになります。

シボレーが「うっかり」自社サイトにコルベット70周年記念車「Z06 70thアニバーサリー」を掲載!すぐに取り下げられるも情報が拡散してしまう
シボレーが「うっかり」自社サイトにコルベット70周年記念車「Z06 70thアニバーサリー」を掲載!すぐに取り下げられるも情報が拡散してしまう

| ブラックとホワイトという、ある意味「らしくない」組み合わせで来たようだ | 現在のところ価格は不明、早ければ3月から本国では受注が開始れるようだ さて、よくあるのが「自動車メーカーが間違って”うっ ...

続きを見る

Corvette-70th-Anniversary-Edition-1

ボディカラーは2色のみ

なお、このパッケージオプションはどのカラーでも選べるわけではなく、ボディカラーはカーボンフラッシュメタリックとホワイトパールメタリックトライコートの2種類のみに限定され、記念ロゴ入りセンターキャップが取り付けられた専用ホイールにはダークフィニッシュが施され、エッジレッドのストライプが入ります。※ボディ形状については、クーペ、コンバーチブルの両方を選べる

そのほか車両にはエッジレッドのブレーキキャリパーと特別仕様バッジが装着され、オプションでサテン・グレーまたはサテン・ブラックのストライプを装着することも可能です。

2023-Corvette-Z06-70th-Anniversary-Edition-3

インテリアについては、スエードマイクロファイバーインサートと”70th Anniversary Edition”のロゴが入ったツートンカラーのレザー張りGT2シート、またはコンペティションスポーツシートが選択でき、さらにはレッドのコントラスト・ステッチ、同じくレッドのシートベルトが与えられることに。

加えて専用シルプレートや70周年記念ロゴ入りのスエードマイクロファイバーステアリングホイールなど特別な演出が施され、ボディ形状にクーペを選択した場合には、エンジンカバーがエッジレッドにペイントされる、とのこと。

このほかの特別装備としては"リアバンパープロテクターとトランクカバー "が付属しているといい、レッドステッチと70th Anniversary Editionロゴが入ったカスタムラゲッジセットもラインアップされているようですね。

2023-chevrolet-corvette-z06-70th-anniversary-interior-leaked-photo

今回シボレーは数枚の写真を公開しただけですが、2023年型コルベットZ06の第1号車には70周年記念パッケージが装着されるといい、これは1月29日にバレットジャクソンによってオークションにかけられるため、その際には実車を見ることができることになりそうです。※収益は退役軍人とその家族を支援する「オペレーション・ホームフロント」に寄付される予定

70周年目のコルベットはすべてが特別仕様

なお、70周年となる2023年に製造されるコルベットには「すべて」特別仕様のバッジが装着されるもよう。

Corvette-70th-Anniversary-Edition-3

ボディそしてインテリアにはそれぞれ70周年仕様のエンブレムが装着されることもアナウンスされています。

ちなみに「その年だけの特別エンブレム」については、ベントレーやBMW (オプション)も導入済みですね。

Corvette-70th-Anniversary-Edition-4

来年でBMW M社は50周年!2022年に販売されるMモデル、Mスポーツパッケージ装着車には1年限りのスペシャルエンブレムが選択可能に。一部車種ではヘリテージカラーの設定も
来年でBMW M社は50周年!2022年に販売されるMモデル、Mスポーツパッケージ装着車には1年限りのスペシャルエンブレムが選択可能に。一部車種ではヘリテージカラーの設定も

| 2022年はBMW、そしてBMW Mにとって忙しい年になりそうだ | BMWの100周年記念のときみたいに「え?」となったりすることはなさそうだ さて、BMW M社は2022年5月24日に創立50 ...

続きを見る

合わせて読みたい、シボレー・コルベット関連投稿

シボレーがコルベットに「スポーツドライバーズエディション」設定。4人のレーシングドライバーの好み、そして「輝かしいレースの歴史」を反映

いずれも劣らぬ魅力を放つ4つの仕様 シボレーが現行C7コルベットのラインナップに「コルベット・グランスポーツ・スポーツドライバーズ・シリーズ」を追加。これはコルベット・レーシングチームとともにデザイン ...

続きを見る

シボレー・コルベット
C8コルベットのオープン比率は42%、これは1969年以来の高水準。クーペと同じ運動性能、収納スペースを確保しハードトップ化したことが効いたようだ

| スポーツカーといえども多くの人が快適性や積載性を気にしている模様 | C8コルベットはあらゆる点において成功したスポーツカーだと言える さて、現在アメリカでもっとも(在庫の)回転が速いクルマとして ...

続きを見る

シボレー・コルベット
59年の時を経てはじめてGMが「4人乗りコルベット」の計画があったことを公開!リアのスプリットウィンドウはブガッティがモチーフだった

| 4人乗れたとしても後部座席はかなり狭そうだ | C2世代のコルベットの全幅は1768ミリしかない さて、シボレーはコルベットをついにミドシップ化していますが、最初にミドシップ化の話が出たのは60年 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->シボレー(CHEVROLET)
-, , , ,