ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

テスラは先行者利益によって得たマージンを使用して「値下げを行っても十分な利益を確保できる」。一方で新興そして既存自動車メーカーはこの値下げについてこれない可能性

投稿日:2023/01/22 更新日:

テスラ

| テスラはまたしても他社の一歩先へ、そして他社を淘汰の渦に突き落とす |

この段階でかなりの新興EVメーカーが消滅するものと思われる

さて、テスラが大きく値下げを行ったこと、そして値下げによって販売が急増していることが報じられる昨今ですが、テスラは電気自動車市場で早くから優位に立ち、コストを下げて利益を上げてきたことでも知られます。

そして今回報じられているのは、その「コストを引き下げる」という戦略が有効に作用しており、市場が新たな競争相手で溢れかえってEVの価格がいかに下落し価格競争になろうともテスラに利益を与え続けている、というニュース。

テスラ
やはり値下げの効果は大きかった?中国にてテスラの販売が急増、そして米国では新規投入した廉価グレードが一瞬で完売。これからEVは仁義なき価格競争に突入か

| テスラはこの状況を見越して「値下げ競争下でも生き残ることができる」ようにコスト管理を行ってきたようだ |この記事のもくじ| テスラはこの状況を見越して「値下げ競争下でも生き残ることができる」ように ...

続きを見る

テスラの一台あたり利益は203万円

ロイターの最近の調査によれば、2022年第3四半期においてテスラは1台当たり15,653ドルの粗利益を上げたとされ、これはフォルクスワーゲンなどの競合他社の2倍以上、トヨタの4倍、フォードの5倍に相当するのだそう。

このコスト優位性は、生産コストをコントロールするための大規模な投資の結果であって、新しい組み立てライン技術、バッテリー製造の内製化、設計の標準化などがコストを低く抑えることに役立っており、それらが積み重なってこの利益を生み出していると考えられますが、いち早くにEVマーケットに参入し、ブルーオーシャン状態にて生産台数を拡大したことによって(コスト引き下げのための)大規模投資が可能になったのだと考えられます。

テスラ・モデルY
テスラの1台あたり生産コストは2017年に比較して半分以下の43%にまで下がっていた!そのほとんどは製造工程と設計の最適化によってなされている

| テスラはEV製造を第三の自動車の製造における革命だと考えている |この記事のもくじ| テスラはEV製造を第三の自動車の製造における革命だと考えている |そして、この革命の意味を理解できない自動車メ ...

続きを見る

現在は多くの新規EVメーカーが市場に参入し、かつフォードやGM、BMW、メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲンなど既存自動車メーカーが積極的にEVを投入している状況ではありますが、このシチュエーションは「テスラにとって不利」「テスラの存在を希薄化している」と言われたものの、このEV戦国時代において、テスラはこれまでのリードによって得た「低コストで生産が可能になった」という状況をフル活用しており、またしても優位性を発揮していると言わざるを得ない状態です。

テスラ・モデルY

テスラ
テスラがアメリカでも「値下げ後に爆売れ」!多くのテスラの店舗が過去最高の受注を記録との報道、他社は悲鳴か

| 他社も値下げを行いたいところだろうが、テスラを超える値下げを行うことは難しく、いたずらに値下げをすると利益を失うだけになるのかも |この記事のもくじ| 他社も値下げを行いたいところだろうが、テスラ ...

続きを見る

逆にほかの新興EVメーカー、既存自動車メーカーがEVのコストを引き下げようとしても「そもそもまだ採算ベースに乗ってない」可能性が高く、その先行投資段階において値下げを行ったり、コストを下げた次世代EVの開発を行うことは非常に困難なのかもしれません。

トヨタは「EV用に開発したE-TNGAのコストでは、今後のEV競争に勝つことは不可能」と判断し、E-TNGA開発コストを捨ててでも低コストEVプラットフォームの開発に乗り出すと報じられていますが、つまりは「そうでもしないと、またしてもテスラに市場を牛耳る機会を与えてしまう」ことになるのだとも考えられます。

トヨタ・クラウン
トヨタのEV計画はやはり見通しが甘かった?来年早々にサプライヤーを集めコロナ後初のグローバルミーティングを開催。修正計画を説明との報道

| トヨタはどう考えてもEVに対する認識が甘く、先を読めなかったとしか言いようがない |この記事のもくじ| トヨタはどう考えてもEVに対する認識が甘く、先を読めなかったとしか言いようがない |ある意味 ...

続きを見る

テスラの動きはフレキシブル

なお、テスラは2022年に数回値上げを行い、パンデミック下による利益の最大化に力を注いでいたものの、逆にその”状況”が改善されれば値下げが可能になるとコメントしたことも。

ただしその際にはまだまだインフレが続いていて、サプライチェーンが分断されていたこともあって誰もが「値下げなどは夢のまた夢だろう」と考えていて、しかし年末年始にかけて「まさか」の値下げを行っており、これは文字通りの予想外。

テスラ・モデルY
テスラCEO、イーロン・マスク氏が度重なる値上げについて「恥ずかしいレベル」とコメント!「しかしすべてインフレのせいであり、これが改善すれば値下げの可能性も」

| これだけ値上げしても顧客がついてきているのはさすがテスラ。もう一流ブランドだと言っていい |この記事のもくじ| これだけ値上げしても顧客がついてきているのはさすがテスラ。もう一流ブランドだと言って ...

続きを見る

しかしながらテスラには値下げを行ってでも需要を喚起セねばならない理由があり、それは「そうしないと生産能力が余剰になるから」。

現在はカリフォルニア、テキサス、上海、ベルリンといった4つの工場(ギガファクトリー)を持ちますが、これら工場でもつねにアップデートを行っているために生産能力がどんどん拡大しており、4工場をあわせた生産能力は現在で年間450万台にのぼると言われます。

テスラ

テスラ
テスラがテキサス工場の稼働率を工場させるために中国の管理者を招聘。いつの間にアメリカ人は中国人に教えを請わなくてはならなくなったのか

| いつの間にか中国人は勤勉で知られ、高い品質の製品を生産するように |この記事のもくじ| いつの間にか中国人は勤勉で知られ、高い品質の製品を生産するように |まさかアメリカ人が中国人に色々と教わる時 ...

続きを見る

一方、北米では年間280万台のEV需要があるといい、つまり「450万台」という生産能力は北米のEV需要を遥かに超えていて、ほかの地域での販売もあるとはいえど、さらにカナダやメキシコでもギガファクトリーの建設を行うとされる今、需要を作っておかないと工場が遊んでしまうことになり、となるとそのぶん経費がかかるだけとなってしまうわけですね。

よって今後しばらく、テスラはこの値下げを有効に活用してゆくことになるかと思いますが、相変わらず「追ってくるものの先をゆく」ことになるのかも。

まずテスラはモデルSをヒットさせ、これを見た他社がモデルSのライバルを作って市場投入する頃にはモデル3にて別の市場へと移っており(残された他社だけが争う形になった)、そして中国はじめ新興EVメーカーが今度はモデル3の対抗を市場投入した頃には「値下げ」にて競争の軸を新たな、そしてテスラが勝てる分野へとシフトさせることとなっています。

テスラ・モデルY

つまり、ワリを食ったのはテスラを追いかけた競合他社ということになり、それは今回の「値下げ」でも同じことで、すでに(この時点で利益が出ていないと言われる)シャオペンが値下げを行っており、おそらくはNIOなど他メーカーも追随せざるを得ない状況なのは間違いなく、ここでテスラのように「コスト改善ができるレベルに達していないメーカーは」自滅し淘汰されてゆくのかもしれません。※シャオペンの2023年第3四半期における1台当たりの粗利益はわずか4,565ドル、純損失は11,735ドルなので、値下げに耐えることができる体質ではない

一方のフォルクスワーゲン、フォード、GMなどの既存大手自動車メーカーはガソリン車において大きなアドバンテージを持つ一方、EVの生産プロセスを合理化するだけの経験や生産規模がなく、歴史とともに大きくなってしまった会社そのものの運営コストもかかるため、この価格競争について行くのは難しいかもしれません。

いずれにせよ、先行することで多くのマージンを手に入れたテスラは、強力な武器を持っていると考えてよく、「その分野でのフロンティアになる」ことの重要性がわかるひとつの事例でもありますね。

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラが米高級車市場にてメルセデス・ベンツを抜きBMW、レクサスに次ぐ「3番手」に躍り出る!なお株価上昇に乗じ、イーロン・マスクのCEOの弟はテスラ株売却で110億円を稼いだもよう
EVの品質/コスト検証の第一人者「今後、生き残る自動車メーカーはフォードとテスラ、リビアンだけだろう」。新興メーカーはほぼ全滅との見解

| リビアンについては情報が少なく判断できないが、テスラとフォードを除くと「ほかはこの変革期を乗り切れない」ということに異論はない |この記事のもくじ| リビアンについては情報が少なく判断できないが、 ...

続きを見る

テスラ
テスラが新型EVについて言及!「生産コストはモデル3 / モデルYの半分となり、販売台数は現在の全テスラを凌ぐものとなるだろう」。これによって利益の大幅増・株価高も期待

| テスラが新型EVについて触れるのはかなり久しぶりのことでもある |この記事のもくじ| テスラが新型EVについて触れるのはかなり久しぶりのことでもある |これまでにもテスラはひたすら生産効率を追求し ...

続きを見る

テスラ
テスラ中国のNO.2がテスラ本社のNo.2に昇進し「イーロン・マスクの次に偉い人」に!寝食を忘れて上海工場の立ち上げに従事、世界第一の工場に成長させた人物

| たしかにイーロン・マスクCEOは「アメリカ人に比べて中国人はよく働く」とコメントしていた |この記事のもくじ| たしかにイーロン・マスクCEOは「アメリカ人に比べて中国人はよく働く」とコメントして ...

続きを見る

参照:Reuters

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA)
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5