>ミニ(MINI) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

新型ミニ「エースマン」公式ティーザー画像が公開。ハッチバックとクロスオーバーとのギャップを埋める存在として4月24日に発表予定

ミニ・エースマン
MINI

| 生産はまず中国にてスタート、そしてパワートレーンは「ピュアエレクトリックのみ」 |

ハッチバック、クロスオーバー同様に新世代のデザインを身にまとって登場

さて、ミニがブランニューモデル「エースマン」のティーザー画像をリリース。

これは2022年7月に発表された「エースマン コンセプト」の市販モデルということになりますが、4月24日に中国(北京モーターショー)にて公開されることが報じられています(その前にはオンラインでのお披露目があるかもしれない)。

ミニ エースマン コンセプト発表!新デザイン言語「カリスマ・シンプリシティ」採用第一号、クロスオーバーの下に位置するSUVとして市販化予定
ミニ エースマン コンセプト発表!新デザイン言語「カリスマ・シンプリシティ」採用第一号、クロスオーバーの下に位置するSUVとして市販化予定

| 新しいミニのエクステリアデザインは「丸」から「角」へ | 一方でインテリアデザインは「円と直線」を継続 さて、ミニが予告通りエースマン・コンセプト(Aceman Concept)を発表。これはクラ ...

続きを見る

新デザイナーによるブランニューミニ第一弾

なお、このミニ エースマンは新任デザイナー、オリバー・ヘイルマー氏による新しいミニのデザイン言語「カリスマ・シンプリシティ」を採用した初のブランニューモデル。

実際の市販モデルとしては新型ミニ・ハッチバックとクロスオーバーのほうが先に登場することになりますが、「新デザイン言語を採用した全くの新しいモデル」としてはこのエースマンが”初”ということに。

5

ミニ史上もっともミニマリスト。新型ミニクーパーSは「カリスマ的シンプル」を追求、一方で「ゴーカートモード」を装備し走りもアピール
ミニ史上もっともミニマリスト。新型ミニクーパーSは「カリスマ的シンプル」を追求、一方で「ゴーカートモード」を装備し走りもアピール

| 新型ミニクーパーは「もっともクラシックミニの考え方」を忠実に反映したミニだといえる | そのデザインは内外装ともに大きく変化、しかし「ミニらしさ」は失っていない さて、ミニが予告していた「新型ミニ ...

続きを見る

今回公開されたオフィシャルフォトを見ても分かる通り、このミニ エースマンのカモフラージュの下には「ほぼ完成された市販モデル」の姿が隠されており、いつでもデビューできる準備が整っていると考えていいのかも。

このミニ エースマンの全長は4,075ミリ、全幅は1,754ミリ、全高は1,495ミリだとされ、新型ミニクーパーSよりも217ミリ長く、新型クロスオーバーより354ミリ短いというサイジング。

3

そしてこの車体サイズから想像できるように、エースマンは「ミニクーパーSとクロスオーバーとの中間」としての位置づけとなり、「後継モデルがない」とされるクラブマンの代替としても機能することになりそうです。

ミニ・クラブマンは現行世代のみで生産終了。「もはやクラブマンが生き残る余地はありません。そのポジションはエースマンが代わりに占めることになるでしょう」
ミニ・クラブマンは現行世代のみで生産終了。「もはやクラブマンが生き残る余地はありません。そのポジションはエースマンが代わりに占めることになるでしょう」

| ミニ・クラブマンはあまりに高価になりすぎ、その存在意義が希薄になってしまったものと思われる | そして新世代ミニのラインナップはシンプルに さて、ミニはつい先日「新型」ミニ・ハッチバックにクロスオ ...

続きを見る

新型ミニ エースマンは「EVオンリー」

なお、「ガソリンエンジンとピュアエレクトリックパワートレーンとが提供される」ミニ ハッチバック、そしてミニ クロスオーバーとは異なり、このミニ エースマンは「EVオンリー」にて市場に登場することになり、バッテリー容量はミニクーパーSEと同じ54.2kWhだとされ、となると搭載されるエレクトリックモーターはやはりミニクーパーSEと同じ215馬力(フロントマウント)なのかもしれません。※ただし車体が大きいぶん、満充電あたりの航続距離はミニクーパーSEの404kmよりも短くなるものと思われる

2

現時点ではグレード展開、そしてJCWの投入があるかどうかについては触れられていませんが、ミニの責任者であるステファニー・ヴルスト氏は「完全な電動車両である新型エースマンは、当社の成功したクロスオーバーよりも小さなSUVを求める顧客に新たな機会をもたらします。 当社の製品ポートフォリオの一貫した電動化は、ミニブランドの将来を明確に示しています」とコメントしており、つまるところエースマンは非常に重要なポジションを占めると考えてよく、となるといくつかのバリエーションが投入されると考えて然るべきなのかも。

なお、生産についてはまず(長城汽車とのジョイントによる)中国工場にて開始されるそうですが(納車は2024年末から)、2026年には英国オックスフォードでも生産が開始される、とも報じられています。

1

合わせて読みたい、ミニ関連投稿

「ガソリン版」新型ミニ・クロスオーバーも正式発表。ベースグレードはHV化され170馬力、JCWは先代よりパワーダウンして300馬力に。先進的ルックスはEV版同様
「ガソリン版」新型ミニ・クロスオーバーも正式発表。ベースグレードはHV化され170馬力、JCWは先代よりパワーダウンして300馬力に。先進的ルックスはEV版同様

| おそらくはこの後にPHEV版新型クロスオーバー、EV版にもパフォーマンスが向上したJCWが追加されるものと思われる | 新型ミニ・ハッチバック/クロスオーバーとも、投入される地域によって仕様が大き ...

続きを見る

新型ミニJCW(ジョン・クーパー・ワークス)発表。専用の内外装に加えて「ゴーカートモード」を備え、見て楽しい、のって楽しいクルマに
新型ミニJCW(ジョン・クーパー・ワークス)発表。専用の内外装に加えて「ゴーカートモード」を備え、見て楽しい、乗って楽しいクルマに

| 新型ミニは「細かいところが変わっているものの」全体的には紛れもないミニである | ミニのデザイナーは本当にいい仕事をしたと言っていいだろう さて、ミニがピュアエレクトリック化された新型ミニクーパー ...

続きを見る

新型ミニ・クロスオーバー発表。さらに大きく高級に、そしてディティールが洗練されてクラスアップ。ミニ史上初の「ドイツ生産」に
新型ミニ・クロスオーバー発表。さらに大きく高級に、そしてディティールが洗練されてクラスアップ。ミニ史上初の「ドイツ生産」に

| まずはピュアエレクトリックモデルのミニ・クロスオーバーS / SE ALL4が発表、ガソリンモデルは後に追加 | ミニの新しいデザイナーは本当にいい仕事をしたようだ さて、ミニが新型3ドアハッチバ ...

続きを見る

参照 / Photo:MINI

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ミニ(MINI), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,