ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ランボルギーニの次期V12モデルはこうなる?目撃された試作車のカモフラージュを剥がしてみた予想レンダリングが登場

投稿日:

ランボルギーニの次期V12モデルはこうなる?目撃された試作車のカモフラージュを剥がしてみた予想レンダリングが登場

| けっこうこの予想レンダリングは現実に近いかもしれない |

ランボルギーニとしては「新しい」要素も見られるだけにアヴェンタドール後継モデルには期待したい

さて、ランボルギーニは今年にウラカンのバリエーションを2つ、そしてウルスのバリエーションを2つ発表し、来年にはアヴェンタドール後継モデルを公開すると言われていますが、今回はそのアヴェンタドール後継モデルの「予想レンダリング」がインスタグラム上へとアップされています。

アヴェンタドール後継モデルについて、これまでにもいくつかその予想レンダリングが公開されているものの、今回の作品は実際に目撃されたアヴェンタドール後継モデルのプロトタイプに施されるカモフラージュをデジタル上にて「剥がした」もので、かなり正確性は高いとも考えられます。

【動画】ランボルギーニ次期V12、アヴェンタドール後継モデルはこうなる?目撃された試作車をもとに予想レンダリングを作成
【動画】ランボルギーニ次期V12、アヴェンタドール後継モデルはこうなる?目撃された試作車をもとに予想レンダリングを作成

| ランボルギーニは現在、アヴェンタドール後継モデルのプロトタイプをテスト中 |この記事のもくじ| ランボルギーニは現在、アヴェンタドール後継モデルのプロトタイプをテスト中 |おそらくは「ランボルギー ...

続きを見る

アヴェンタドール後継モデルやはやり「シアン」に近いデザインを採用?

そして今回の予想レンダリングを見るに、そしてそれ以前のプロトタイプからもわかっていたことですが、アヴェンタドール後継V12モデルは「シアンから多くを引き継いだ」デザインとなりそう。

シアンFKP37が発表された際には「シアンのデザインはシアン固有のもので、ほかのモデルには影響を及ぼさない」とも言われていたものの、なんらかの事情が変わったのかもしれません。

ランボルギーニ「シアンFKP37のデザインはスタンドアローン。今後の市販モデルにその要素が反映されるものではない」

| せっかくの格好良いデザインだけに、ちょっと残念 | ランボルギーニは最新の限定ハイパーカーとして「シアンFKP37」を発売。これはスーパーキャパシタを用いたハイブリッドカーとなり、ブランドの今後の ...

続きを見る

ちなみにこちらはランボルギーニ・シアンFKP37。

Lamborghini-Sian-Side-View-1

そして今回公開された予想レンダリング。

この予想レンダリングは「希望」や「主観」を入れたものではなく、客観的に製作されたものですが、シアンとの共通点はかなり大きい意図考えていいかもしれません(特にリアフェンダーのあたり)。

2

おそらくはヘッドライト付近のデザイン、フロントバンパーについてもシアンから多くを引き継ぐことになりそうですね。

1

なお、アヴェンタドール後継モデルについて、「機能的にアヴェンタドールからはキャリーオーバーするものはない」「デザイン的にもアヴェンタドールとの関連性はない」ということがランボルギーニ自身によって語られており、復帰したステファン・ヴィンケルマンCEOが「新しい時代に突入した」ことを示すためにも、意図的にアヴェンタドールとは異なるデザインを採用することも十分に考えられます(加えて、アヴェンタドールのデザイナーはフィリッポ・ペリーニ氏、現在のデザイナーはミッチャ・ボルカート氏という相違もある)。

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティメ
ランボルギーニCEO「アヴェンタドール後継モデルはこれまでと全く異なるデザインを持ち、LP780-4ウルティメとも何ら関連性を持たない」

| つまりアヴェンタドール後継モデルはデザイン、車体、パワートレーンとも「アヴェンタドールからは引き継がない」ということに |この記事のもくじ| つまりアヴェンタドール後継モデルはデザイン、車体、パワ ...

続きを見る

ランボルギーニのモデルライフは「10年」に設定されており、よって機能やデザインについて「10年」はもちろん、新型に切り替わった後の10年後も第一線を張れるだけのものを与えることを目的に設計されているといい、さらに現ステファン・ヴィンケルマンCEOは「過去にこだわらず、前を見る」という姿勢を強く押し出しているので、なおのこと「(アヴェンタドールからさらに先に進んだ)未来志向」のデザインを採用することになりそうですね。

【動画】はじめてランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルの姿が目撃される!テールパイプは「かなり」高い位置に、そして六角形モチーフも健在
【動画】はじめてランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルの姿が目撃される!テールパイプは「かなり」高い位置に、そして六角形モチーフも健在

| 見た限りでは、より繊細に、そしてよりアグレッシブなスタイルが与えられることになりそうだ |この記事のもくじ| 見た限りでは、より繊細に、そしてよりアグレッシブなスタイルが与えられることになりそうだ ...

続きを見る

新型ランボルギーニV12モデルの予想レンダリングはこちら

あわせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニ・シアンFKP37
ランボルギーニCEO「二度とカウンタックLPI800-4のようなレトロカーを発売することはない」。「我々に必要なのは過去ではなく、過去を破壊しながら未来に進むことだ」

| 一本筋が通っているように見えるランボルギーニの展開も、CEOによってはずいぶん方向性が違っていたようだ |この記事のもくじ| 一本筋が通っているように見えるランボルギーニの展開も、CEOによっては ...

続きを見る

ランボルギーニ・シアン
【動画】63台限定のハイパーカー、ランボルギーニ・シアンFKP37が5台も一堂に会する!それぞれ個性の異なる仕様を見てきた

| ここまで仕様を考えるのにも相当に時間がかかったものと思われる |この記事のもくじ| ここまで仕様を考えるのにも相当に時間がかかったものと思われる |設計技術や加工技術の新歩によっクルマの表現手法は ...

続きを見る

ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開
ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開!リアはカウンタック風、フロントはシアン風のデザインを持ち、「ガソリン世代の集大成」?

| まさかV10モデルにカウンタック風デザインを採用してくるとは |この記事のもくじ| まさかV10モデルにカウンタック風デザインを採用してくるとは |ウラカン・スーパートロフェオEVO2のボディカラ ...

続きを見る

参照:huydrawingcars

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5