ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ランボルギーニ新型V12モデル(アヴェンタドール後継)のパテント画像が公開!リヤセクションにおける「パワーの視覚的演出」がスゴかった

投稿日:

ランボルギーニ新型V12モデル(アヴェンタドール後継)のパテント画像が公開!リヤセクションにおける「パワーの視覚的演出」がスゴかった

| まさに「宇宙船のように」とんでもない推進力を発生させそうだ |

さらにはランボルギーニのアイコニックなモデルのデザイン要素、レーシングカーからのフィードバックを受けた意匠も

さて、最近になり様々な情報が出てきているランボルギーニの新型V12モデル(アヴェンタドールの後継)。

今回は新型V12モデルと思われるパテント申請画像がWIPO(World Intellectual Property Organization)にて公開されており、その全容が明らかになっています。

申請者は「Automobili Lamborghini S.P.A.」、なぜか北マケドニア支局に申請されているようですが、まず3月にデビューするとされるこのアヴェンタドール後継モデルと見て間違いなさそうですね。

アヴェンタドール後継モデルはこんなデザインに

そこで今回申請された画像を見てみたいと思いますが、一見して「ランボルギーニ」と認識でき、しかしこれまでのどのモデルよりも複雑な面構成、そして構造を持っているように思われます。

ランボルギーニのチーフデザイナー、ミッチャ・ボルカート氏が「我々が作っているのは宇宙船なのです」とコメントしていましたが、たしかにSF映画に出てきてもおかしくないようなルックスですね。

Lamborghini-V12 (8)

ランボルギーニ・シアン
ランボルギーニ「電動化時代となっても、そのサウンドやデザインによって常にエモーショナルなスーパーカーを提供する。我々のクルマは時代を超越した宇宙船のようなものだ」

| ランボルギーニは電動化に関してはやや出遅れたが、グループ内には豊富な電動化の知識や技術があり、すぐに独自の解決策を見つけるだろう |この記事のもくじ| ランボルギーニは電動化に関してはやや出遅れた ...

続きを見る

フロントはおなじみ「ハの字」をモチーフとしながらも、両サイドにはテルツォ・ミッレニオ、シアンFKP37を連想させる「横Y字」型デイタイムランニングランプを確認可能。

なお、ミッチャ・ボルカート氏がゼロベースからランボルギーニのロードカーをデザインするのは今回がはじめてで(シアンや新カウンタックはアヴェンタドールベースなのでノーカウントとしたい)、というのも同氏の着任は2017年であり、その際にはアヴェンタドール、ウラカン、ウルスのデザインが前任者であるフィリッポ・ペリーニ氏によって形作られていたため。

よって同氏の最初のランボルギーニでの仕事はコンセプトカーである「テルツォ・ミッレニオ」をデザインすることであったのですが、その要素が今回全面的に取り入れられている、ということになりますね。

Lamborghini-V12 (4)

ランボルギーニがボディにバッテリーを織り込んだ”Terzo Millennio(テルツォ・ミッレニオ)”発表。「エレクトリック」「軽量」「空力」を追求

| 未来のランボルギーニはこうなる。次の1000年を示すコンセプトカー | ランボルギーニが予告通り新コンセプトカー、「Terzo Millennio concept(テルツォ・ミッレニオ・コンセプト ...

続きを見る

そしてヘッドライトやフロントバンパーサイドは「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」風(このクルマは将来のランボルギーニを示唆するとアナウンスされていた)で・・・。

ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開
ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEVO2」を公開!リアはカウンタック風、フロントはシアン風のデザインを持ち、「ガソリン世代の集大成」?

| まさかV10モデルにカウンタック風デザインを採用してくるとは |この記事のもくじ| まさかV10モデルにカウンタック風デザインを採用してくるとは |ウラカン・スーパートロフェオEVO2のボディカラ ...

続きを見る

フロントフード上の左右の「V字型」ラインはウラカン・ステラートにて採用されたグラフィックを想起させます。

そう考えると、近年発表されたランボルギーニ各モデルの要素がアヴェンタドール後継モデルに凝縮されていると考えて良さそうですが、「V12モデルとV10モデルとの境界線がクロスした」ことはぼくにとって驚きです(これまで、ランボルギーニはV12モデルを非常に特別視していたので、V10モデルとの共通性をもたせず、孤高の存在として位置づけていた)。

これはまるでアリタリア!ランボルギーニがドーハにてイタリアントリコローレを身にまとう「ランチア・ストラトスっぽい」カラーのウラカン・ステラートを公開
これはまるでアリタリア!ランボルギーニがドーハにてイタリアントリコローレを身にまとう「ランチア・ストラトスっぽい」カラーのウラカン・ステラートを公開

| おそらくはこのイベントのためのスペシャルカラー、しかしラッピングによって再現できそうだ |この記事のもくじ| おそらくはこのイベントのためのスペシャルカラー、しかしラッピングによって再現できそうだ ...

続きを見る

サイドから見ると、いくつかのラインが並行に走っていることがわかり、「計算され尽くした」デザインを持つことがわかりますね。

なお、ドア後ろのインテークはフロントバンパーサイドとシンクロするような「<」型のデザインを持っています(ここもシアンFKP37の影響が感じられるところ)。

Lamborghini-V12 (5)

リアだと横方向を向いた「Y」型テールランプ、大きなフィンを持つディフューザー、そしてリアタイヤむき出しの「ネイキッド」構造などにはチェンテナリオの影響が感じられますが、このチェンテナリオはミッチャ・ボルカート氏の前任者の作品です。

Lamborghini-V12 (3)

ちなみにこちらはランボルギーニ・チェンテナリオ。

44889135925_491fb3da8e_b

ランボルギーニ・チェンテナリオが中古市場に。世界に一台、ライトブルーの個体を画像にて

| 北米にて納車されたランボルギーニ・チェンテナリオがエキゾチックカーディーラーに | ランボルギーニ・チェンテナリオが中古市場に登場。 これはアメリカ西海岸の高級車販売店「プレステージ・インポーツ」 ...

続きを見る

ランボルギーニは「V12エンジン」を強調

そして斜め上からの眺めはかなりスペクタクル。

リアオーバーハングが極端に短く、とくにサイドが短いことは特筆すべきところで、つまり「ロングテール」ではないということですね(高速安定性よりも旋回性を重視しているものと思われる。ランボルギーニは次世代の排他的指標として横Gを挙げている)。

そしてランボルギーニは、そのDNAのひとつでもあるV12エンジンを強調しようという意図なのか、このニューモデルではエンジンが露出しているようにも見受けられます。

もしそうだとすると、ブガッティ・シロンのように、そのパワートレーンを誇示しているということになりますが、おそらくこのアヴェンタドール後継モデルはV12エンジンを積む最後のモデルとなりそうなので、この演出はオーナーの自尊心を満たす重要な演出だとも思います。

Lamborghini-V12 (7)

テールパイプは六角形そして上方に位置し、リアウイングはおそらく可変式(アクティブエアロ)。

給油口のフラップにも「Y」が用いられるなど、細部に至るまでランボルギーニであることを主張しているようですね。

なお、テールパイプに呼応する形でリヤセクションが2つの「コブ」状に盛り上がっており、このあたりも宇宙船(のバーナー)を連想させるところだと思います。

Lamborghini-V12 (6)

ボトムはもちろん「フルフラット」。

Lamborghini-V12 (2)

合わせて読みたい、ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデル関連投稿

ランボルギーニ・エッセンツァ
ランボルギーニ・アヴェンタドール後継、新型V12モデルに新情報!「助手席にもディスプレイ追加」「エンジン単体で850馬力、モーター200馬力で合計1,050馬力」

| ただしいずれも真偽について保証はなく、正確なスペックについてはランボルギーニからの公式発表を待つしかない |この記事のもくじ| ただしいずれも真偽について保証はなく、正確なスペックについてはランボ ...

続きを見る

ランボルギーニ・エッセンツァ
ランボルギーニCEOがアヴェンタドール後継モデルにつき「2023年3月発表」「すでに3000台の受注がある」とコメント!強烈なブレーキングとハンドリング性能を持つことになりそう

| おそらくは「待った甲斐がある」常識を超越したスーパー(ハイパー)カーとして登場することになりそうだ |この記事のもくじ| おそらくは「待った甲斐がある」常識を超越したスーパー(ハイパー)カーとして ...

続きを見る

これまでで最も完成度の高いランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデル試作車が目撃!リア周りはチェンテナリオ風、歴代V12を思わせる意匠も【動画】
これまでで最も完成度の高いランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデル試作車が目撃!リア周りはチェンテナリオ風、歴代V12を思わせる意匠も【動画】

| フロントオーバーハングはけっこう延長されるように見え、その雰囲気はけっこう大きく変わるのかもしれない |この記事のもくじ| フロントオーバーハングはけっこう延長されるように見え、その雰囲気はけっこ ...

続きを見る

参照:Motor1, WIPO

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5