ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ランボルギーニ・ウルス「ハイブリッド」試作車が目撃される!右リアに充電ポートを備え充電可能なPHEVとなるもよう【動画】

投稿日:2023/01/26 更新日:

ランボルギーニ・ウルス「ハイブリッド」試作車が目撃される!右リアに充電ポートを備え充電可能なPHEVとなるもよう【動画】

| おそらくはポルシェ・カイエン、そしてベントレー・ベンテイガPHEVと多くを共有することに |

現時点ではこのルックスのまま発売されるかどうかは定かではない

さて、スーパーカー系スパイユーチューバー、Varryx氏がランボルギーニ・ウルス「PHEV」のプロトタイプを収めた動画を自身のYoutubeチャンネルへと公開。

ランボルギーニは2022年に「ウルスS」「ウルス・ペルフォルマンテ」を発売し、これらは純粋にガソリンエンジンのみで走る最後のウルスだと言われており、そして次に登場するのがこの「ウルスPHEV」だと見られています(実際の名称がどうなるのかはまだわからない)。

そしてランボルギーニはこのウルスPHEV、そしてアヴェンタドール後継モデルとなるV12ハイブリッド(こちらはプラグインハイブリッドとなるかどうかはわからない)、さらに来年にはウラカン後継であるハイブリッドスポーツを発売し、全てのモデルを電化することになるわけですね。

ウルスのハイブリッド化は難しくない?

なお、ランボルギーニ・ウルスは(同じフォルクスワーゲングループ内にある)ポルシェ・カイエン、ベントレー・ベンテイガと多くを共有していますが、それらにはPHEVがすでに用意されており、よってウルスをPHEV化するのはさほど難しくはないのかも(むしろ、今まで発売されなかったほうが不思議でもある)。

なぜランボルギーニがこれまでウルスPHEVを発売しなかったのかはナゾではあるものの(おそらくは開発リソースの問題だったのだろうと思う)、今回目撃されたのがそのウルスPHEV。

7

ランボルギーニの工場から姿を表しており、フロントやサイドには高電圧バッテリーを搭載することを示すステッカーが貼られています(ドライバーがイケメン)。

6

ウルスPHEVは左リアに充電ポートを備える?

リアにも高電圧ステッカーが貼られていますが、左のリアフェンダーには給油口フラップのものがあり、しかしこれは「充電ポート」なのかもしれません(ランボルギーニはこれを隠そうと努力しているようだ)。

5

ちなみにこちらはガソリン版のウルスですが、左リアには充電ポートがないことがわかります。

1

こちらもガソリン版のウルス。

右リアに給油口のフラップがありますね。

2

ちなみにこの充電ポートらしきもの以外はまったくカモフラージュが施されておらず、ウルスPHEVがこのデザインのまま発売されるのか、それとも独自のルックスをもって発売されるのかはまったくナゾではありますが、正式発表を待ちたいところでもありますね(アヴェンタドール後継モデルの発表が3月だとされるので、ウルスPHEVは話題の分散を考慮し、9月くらいの発表となるのかも)。

4

ランボルギーニ・ウルスPHEVの試作車を捉えた動画はこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニの2022年は過去最高の9,233台!ウルス、ウラカンも記録更新、納車待ち期間は1年半に。日本は現在5番目に大きな市場
ランボルギーニの2022年は過去最高の9,233台!ウルス、ウラカンも記録更新、納車待ち期間は1年半に。日本は現在5番目に大きな市場

| ランボルギーニは排他性を強調する戦略を採用、そのため「多品種小ロット生産」へ |この記事のもくじ| ランボルギーニは排他性を強調する戦略を採用、そのため「多品種小ロット生産」へ |そのため各モデル ...

続きを見る

ランボルギーニが「エンジンソング3部作」最終章、ウルス(V8)編を公開!唯一のターボエンジン、そして怒涛のトルクをドラムのビートで表現
ランボルギーニが「エンジンソング3部作」最終章、ウルス(V8)編をSpotify上にて公開!唯一のターボエンジン、そして怒涛のトルクをドラムのビートで表現

| アヴェンタドール、ウラカンに積まれる自然吸気高回転型エンジンとは異なるV8ターボの深いサウンドを表現 |この記事のもくじ| アヴェンタドール、ウラカンに積まれる自然吸気高回転型エンジンとは異なるV ...

続きを見る

まさかのランボルギーニ・ウルス「3ドア」!マンソリーが後部ドアを排除してクーペ化したマンソリー・ヴェナタス・クーペ EVO Cが8台のみ限定販売
まさかのランボルギーニ・ウルス「3ドア」!マンソリーが後部ドアを排除してクーペ化したマンソリー・ヴェナタス・クーペ EVO Cが8台のみ限定販売

| マンソリーはつい最近も「観音開き」化したメルセデス・ベンツGクラスを発表したばかり |この記事のもくじ| マンソリーはつい最近も「観音開き」化したメルセデス・ベンツGクラスを発表したばかり |その ...

続きを見る

参照:Varryx

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5