ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダが電動化社会において「必要な企業とされるべく」世界規模での組織変更を行うと発表。EV開発の集約、それによる開発加速を狙うことが狙い

投稿日:

ホンダ

| ただし、ホンダは企業文化的に「個」を尊重するあまり、強烈なリーダーシップを取ることができない |

そしておそらく、今の時代は「個を尊重する」よりも「価値観に合わない人・モノを切り捨てる」ほうが重要である

さて、ホンダが「4月に新しい部門を設立し、電動化の推進をさらに加速させる」という計画を推進し、あわせて世界規模での事業運営方法に関する組織変更も行う、と発表。

これによると、自動車、二輪車、パワースポーツ部門の電動化を集約するため、新たに「Electrification Business Development Operations」部門を創設することになり、その組織主導にて電動化そして電気自動車の開発を加速させると述べています。

ホンダによれば、この部門は2022年4月に初めて発表した「事業開発オペレーションズ」をベースとしたものですが、その際には、2030年までに全世界で30台のEVを製造する計画を発表していますね。

新型NSXはEVで復活?ホンダが4輪電動化計画を発表し「スペシャリティ」「フラッグシップ」という2つのスポーツモデルを導入すると発表
新型NSXはEVで復活?ホンダが4輪電動化計画を発表し「スペシャリティ」「フラッグシップ」という2つのスポーツモデルを導入すると発表

| これまでホンダはエレクトリック化で「出遅れた感」があったが、ここで一気に巻き返しを図る計画か |この記事のもくじ| これまでホンダはエレクトリック化で「出遅れた感」があったが、ここで一気に巻き返し ...

続きを見る

ホンダは新たな専門部門を設立し電動化を加速へ

ホンダは、この新しい部門に5兆円を投資する予定だとコメントしており、2024年に米国市場向けにGMと共同開発した2車種を投入するほか、2027年までに中国向けに10車種の新型EVを投入するとしています。

さらにホンダは電気自動車専用のプラットフォーム「Honda e:Architecture」を開発し2026年に展開を開始することについても触れ、2030年までにEVの年間生産台数を200万台とすることを目標としている、とのこと。※トヨタは2030年までに年間350万台のEV製造を目標として掲げている

なお、ホンダは電動化に対しては積極的とも消極的とも判断がつかないような行動を取っていますが、全体としてその行動が遅れがちなのは事実かと思います。

そしてもう一つ大きな問題は、ホンダは「あまりに現地化が進み、コストがかさむ」会社になっているということ。

【動画】米国にてフルモデルチェンジ版 6代目ホンダCR-V発表!内外装や走りの質が大きく向上、これまでのファミリーイメージから「アクティブでスポーティ」に

これは本田宗一郎の「現地で売るものは、現地で作った方がいい」を推し進めた結果、「現地で売るものは、現地で考える」というようになってしまったからだと考えていますが、世界中で「同じことを別々の事業所で」行っており、かつそれらのノウハウが共有されていないように見えるので、とてつもなく無駄が発生しているものと思われます。※ただしここ数年は、先代~現行シビックなどのグローバルモデルが増加している

なんでこんなことに・・・。ホンダ社長「車種、グレード、オプションを減らす」。営業利益率はトヨタの1/4へと転落し、”儲からない会社”へと没落

| ホンダは純血主義をやめ、地域別展開をやめてグローバル化を目指すべき |この記事のもくじ| ホンダは純血主義をやめ、地域別展開をやめてグローバル化を目指すべき |ホンダの操業コストはかなり高いなぜホ ...

続きを見る

たとえばEVにおいて、日本のホンダでは「ホンダE」を開発し、アメリカではGMとの提携にて(上述の通り)2車種を、そして中国ではまた別の組織がEVを開発しているわけですね。

ホンダが北米向け電動SUV「プロローグ」公開!GMとの共同開発、おそらくはシボレー・ブレイザーと多くを共有するようだ。デザインはこれまでのホンダとは似て非なるもの
ホンダが北米向け電動SUV「プロローグ」公開!GMとの共同開発、おそらくはシボレー・ブレイザーと多くを共有するようだ。デザインはこれまでのホンダとは似て非なるもの

| ボクとしては、このホンダ・プロローグのデザインはなかなかイケてると考えている |この記事のもくじ| ボクとしては、このホンダ・プロローグのデザインはなかなかイケてると考えている |今後、ホンダのE ...

続きを見る

ホンダは現在の「企業文化特有の問題」を認識しているが

もちろんホンダはこういった問題を認識していて、だからこそ少し前から「情報の集約」を行い、そして今回の「電動化を一括管理する部署の設立」を行うのだと思われますが、それでも「世界戦略車」として本社で一括してEVを開発し、それを世界中で販売するフォルクスワーゲンやテスラのコスト、そして開発スピードにはとうてい太刀打ちできず、よって電動化については大きく後手に回っているのも間違いなさそう。

なお、こういった背景には、ホンダの「個を尊重する」という企業文化があるのだと思われ(そのためかホンダは様々な社内ベンチャーを立ち上げている)、しかし100年に一度と言われる自動車業界の転換期において、そういったことをやっている場合ではないんじゃないかと思うことも。

ホンダが社内ベンチャーから誕生した電動スクーター「ストリーモ(Striemo)」を発表!新会社も設立、価格26万円 / 限定300台にて先行抽選販売受付中
ホンダが社内ベンチャーから誕生した電動スクーター「ストリーモ(Striemo)」を発表!新会社も設立、価格26万円 / 限定300台にて先行抽選販売受付中

| ちょっと高いような気もするが、なかなかに面白い乗り物だと思う |この記事のもくじ| ちょっと高いような気もするが、なかなかに面白い乗り物だと思う |日本だとストリーモは第一種原付扱い、登録や乗車時 ...

続きを見る

つまり、現在の電動化においては強いリーダーシップが必要で、それに従わないもの、それ以外は捨ててゆくくらいの覚悟でないと前に進むことは難しい(すでにそれを行っている企業に勝てない)とも考えていますが、それでもホンダはまたソニーと別の事業を立ち上げるなど「無駄」が多いようにも感じます。

ソニー・ホンダモビリティが市販EVブランド「AFEELA(アフィーラ)」、そしてプロトタイプを発表!これはソニー Vision-Sのアップデート版だと考えて良さそう
ソニー・ホンダモビリティが市販EVブランド「AFEELA(アフィーラ)」、そしてプロトタイプを発表!これはソニー Vision-Sのアップデート版だと考えて良さそう

| AFEELA プロトタイプ、ソニー Vision-Sを比較すると多くの点で一致している |この記事のもくじ| AFEELA プロトタイプ、ソニー Vision-Sを比較すると多くの点で一致している ...

続きを見る

今回の発表にあわせ、ホンダは「グローバルな地域事業を統合する」こともアナウンスしていますが、それでも「全世界統一」ではなく、1つ目の地域は北米、2つ目は中国と関連地域、3つ目は日本とアジア・オセアニア、南米、欧州、アフリカ・中東地域の3つの地域に分ける予定だとい、これらの地域をベースに電動化戦略を展開し、各地域に独自の車両を投入するとしているので、やはり欧米の自動車メーカーのような「本社集約型」とまではゆかないもよう(欧米の自動車メーカーは、本社の考えた方向性に各地域を”従わせる”傾向が強いが、日本の自動車メーカーは、世界中の需要をすべて拾おうとするため、”各地域に合わせる”傾向が強い。そのためランドローバーのようなオフローダー専業、フィアットのような小型車専業、フェラーリのようなスーパーカー専業ではなく、日本の自動車メーカーはフルラインアップメーカーであることが多い)。

そのほか、ホンダは経営戦略本部と経営管理本部を設置するとしたうえで、前者は企業戦略の立案・実行・伝達を担い、後者は企業資源の最適化を追求するとも説明しており、「電動化と新たな価値創造により、電動化時代の "社会に必要とされる企業 "へと変革する」ために今回の取組みを行うと述べています。

合わせて読みたい、ホンダ関連投稿

ホンダ
「スポーツカーが売れている」現在、スポーツカーを持たないホンダの存在感が空気に。なぜホンダは時代にマッチせず、やることがすべて裏目に出るようになったのか

| ツイてないという一言で片付けることもできるが、基本的にはホンダらしさを失い、日和ったことがその理由だと思う |この記事のもくじ| ツイてないという一言で片付けることもできるが、基本的にはホンダらし ...

続きを見る

ホンダが「宇宙を目指す」と発表!再利用可能なロケット、アバターロボット、月面でのエネルギー再生システム、さらに地球では「空飛ぶクルマ」の開発も
ホンダが「宇宙を目指す」と発表!再利用可能なロケット、アバターロボット、月面でのエネルギー再生システム、さらに地球では「空飛ぶクルマ」の開発も

| いずれのジャンルも「新しい挑戦」ではあるものの、ホンダの「コア技術」を活かせることが共通しているようだ |この記事のもくじ| いずれのジャンルも「新しい挑戦」ではあるものの、ホンダの「コア技術」を ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5