>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >テスラ(TESLA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

テスラはたった10年でポルシェと同じ台数を出荷するようになり、発売1年めのモデル3は「アメリカで「最も売れたプレミアムカー」に

もう誰もテスラを無視することはできない テスラが2018年の業績を発表し、その販売台数は創業以来もっとも多い245,240台であった、と報告。この数字がどれくらいのものかと言うと、同じく過去最高を記録したポルシェの販売台数が256,255台であり、つまりテスラは2003年の設立から数えて15年、最初のクルマ(ロードスター)を発売してからわずか10年でこの数字を達成した、ということになります。※テスラですら、設立から第一号車の発売までに3年を要している こちらもオススメ、関連投稿テスラが上海で「ギガファクト ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW X3 Mの画像がリーク。その外観、「330km/h」まで刻まれるスピードメーターが明らかに

出力は最高で500馬力と言われるが、さすがに300km/hは超えないだろう BMW X3 Mの外装そしてメーターパネルがリーク。上の画像もメーター内に表示されるX3 Mの姿ですが、外装デザインはこれで「決まり」ということになりそうです。なお、BMWは昨年9月にX3 M、X4 Mのティーザーキャンペーンをスタートさせており、カモフラージュつきながらもその姿を公開していますね。スペックについては不明ながらも、新開発の直6ターボが搭載されるとみられ、その出力は最大で454馬力を発生させる、という報道も。 BMW ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・カイエン関連

【動画】ポルシェ・カイエン・クーペのプロトタイプがテスト中。なぜかアルファロメオ・ステルヴィオを同伴させての走行

ポルシェがまさかの「アルファロメオをベンチマーク」? ポルシェ・カイエンクーペと思われるプロトタイプのスパイ動画が登場。先日はスパイフォトが出回りましたが、「動画」は今回がはじめてかもしれません。この動画ではそのシルエットを確認でき、しかし「クーペ」とはいうものの、メルセデス・ベンツGLCクーペ/GLEクーペやBMW X4/X6ほどリアウインドウの傾斜はクーペ風ではなく、これはポルシェの属するフォルクスワーゲングループのSUV全般に見られる傾向。 実際にアディは「Q8」をクーペSUVとして位置付けていて、 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

【動画】メルセデスAMG ONEのレビュー動画登場。内外装のあの部分はこうなっていた

パワートレーンの問題が原因で開発は難航中 しばらく話題に乏しかったメルセデス・ベンツのハイパーカー、「AMG ONE」ですが、今回トップギアによる動画レビューが登場しています。メルセデスAMGは、この「ONE」について2019年より走行テストを開始すると(2018年秋の市販車公開時に)述べており、実際にプロトタイプが走行させてはいるものの、パワートレーンの調整にて開発が遅れている、とも言われていますね。 なお、メルセデスAMG ONEはF1マシンからそのまま移植したパワートレーンを持ちますが、これを「市販 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >パガーニ(PAGANI) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >デンマークの自動車メーカー >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) ■自動車・バイクの購入検討/比較など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他の国の車 >その他ポルシェ関連/ニュース ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

0-100km/h加速ランキング2019年最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場

ガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそう スポーツカーのスペックのうち、重要な要素として「0-100km/h(アメリカだと0-60mph)加速」が挙げられますが、ここで主だったクルマの数字をピックアップ。最新モデルに加え、参考のために過去モデルやヒストリックモデル(ランボルギーニ・カウンタックなど)の数値も拾っています。これを見ると、ポルシェが上位にあるのはもちろんですが、けっこうメルセデス・ベンツが頻繁に顔を出していて、このあたりはニュルブルクリンクのラップタイムランキング同様です(高級車のイメージ ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連

「100台の注文が集まれば生産する」とされたポルシェ・ケイマンGT4ラリー。718ケイマンGT4クラブスポーツをベースに生産決定

現段階では競技専用。公道走行可能なモデルの発売も熱望 先日、「100台の受注が集まれば生産する」と発表されたポルシェ・ケイマンGT4ラリー・コンセプト。今回ポルシェが正式に「ケイマンGT4ラリーを市販する」と発表し、つまり100台の受注が集まった、と考えて良さそう。なお、先日発表されたケイマンGT4ラリー”コンセプト”は981世代のケイマンGT4をベースとしていたものの、市販モデルは718ケイマンGT4クラブスポーツをベースにする、とのこと。 ケイマンGT4ラリー・コンセプトの詳細はこちら。 ポルシェ「ケ ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >フェラーリ(Ferrari) >フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren)

今度はマクラーレン・セナが競売にて転売。同競売にはレクサスLFA、フォードGT、マクラーレン12Cハイスポーツなど限定車が一挙に登場

マクラーレンは他メーカーに比較すると転売が多いように思われる 米オークション会社バレット・ジャクソンが、自身の主催する競売にてマクラーレン・セナを出品する、と発表。マクラーレン・セナは500台のみの限定で、アメリカ市場には120台が割り当てられていますが、そのうちの一台が販売に供されるということになりますね。なお、このセナのシャシーナンバーは「005」なので、かなり早い段階で納車された個体ということもわかります。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向 ...

ReadMore

■近況について ■食べ物や飲み物など ■ニュース

トリュフ専門店「アルティザン ドゥ ラ トリュフ(ARTISAN DE LA TRUFFE)」へ行ってきた。チーズリゾットは絶品だ

どの料理もトリュフづくし さて、今回の香港グルメ紀行第一弾。ハーバーシティ内にある「アルティザン ドゥ ラ トリュフ(ARTISAN DE LA TRUFFE)」へ行ってきたわけですが、ここはその名の通りトリュフ専門レストラン。とくにこのお店を目指していたわけではないものの、なかなかにトリュフ専門店というのも珍しく、「いっちょトリュフでも食べてみるか」ということに。※日本だと東京ミッドタウンに入居している。本店はパリ こちらもオススメ、関連投稿香港グルメ紀行、「市場」編。新鮮な食材を使用した海鮮料理を食べ ...

ReadMore

>スウェーデンの自動車メーカー >中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus) ■ニュース

ロータスが今後「中国産」になるとの報道。親会社の吉利汽車が武漢に建設する新工場にて吉利、ボルボとともに生産予定

理論的に考えるとやっぱり「そうなる」 ロータスが中国の自動車メーカー「吉利汽車(Geely)」傘下となってしばらく経ちますが、その吉利汽車は中国・武漢に1500億円を投資して新しく工場を建設する見込み。そして今回ロイターが報じたのが、「ロータスも今後、吉利汽車の武漢工場で製造される」ということで、「わかっていたけど実際に報道されると、ちょっとショック」。 こちらもオススメ、関連投稿ボルボ/ロータスの親会社、吉利汽車が空飛ぶ車の会社を買収。今後はロータスも空へ?テスラが上海で「ギガファクトリー3」の建設に着 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アウディA1「オールロード」のスパイフォト。小粒でピリリと辛いアウトドア風味に?

アウディは「オールロード」をサブブランドとして確立したい? アウディA1"オールロード"とみられる車両のプロトタイプが走行中。その登場が公的に語られたことはないものの、ニュルブルクリンクほか、今回の寒冷地でもテストされるなど、発売に向けて具体的な動きが見えるのも事実です。これまでの「オールロード」はA4アバント、A6アバントをベースとしており、ワゴンボディの車高を上げ、樹脂製のクラディングやロックガード風のデザインを持つ前後バンパーやサイドシルが与えられ、ややワイルドな印象を持つ、というのがその文法。

ReadMore

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >マツダ(MAZDA) ■ニュース

【試乗:マツダCX-8】さすがフラッグシップ。ここまで「上質」という言葉が似合う車を他に知らない

投稿日:2017/12/23 更新日:

| トータルでの印象に破綻がない |

さて、マツダCX-8に試乗。
先日もマツダより発表があり、目標月販台数を大きく超える受注を集めた、とされる人気モデル。
マツダのSUVはかなり人気が高く、CX-5もやはり高い支持を集めていますが、今回のCX-8は「3列シート」というのが大きな特徴となっています。
試乗したのは最上位グレードの「XD L Package(画像はPROACTIVE、つまり一つ下のグレード)」。








マツダはモデルごとに上手くデザインを分けている

なおCX-8のグレード構成は下記の通り。
マツダが示した受注内訳だとXD L PACKAGEが51%、XD PROACTIVEが41%、と上位モデルに受注が集中することに。
いずれのグレードであってもエンジンは共通となり、差異は安全装備やホイールサイズ、内装の素材やアダプティブヘッドライトの有無、というところですね。

XD 2WD:3,196,800円/3,429,000円
XD PROACTIVE 2WD:3,537,000円/3,769,200円
XD L PACKAGE 2WD:3,958,200円/4,190,400円

今回の試乗車はXD L PACKAGE、スペックは下記の通り。

ボディサイズ:全長4900/全幅1840/全高1730ミリ
車体重量:1780kg
最小回転半径:5.8メートル
エンジン:SKYACTIV-D 2.2(2.2リッターディーゼル)
出力:190馬力
トランスミッション:6AT
駆動方式:4WD

マツダCX-8の外観をチェックしてみよう

DSC04327

以前にもCX-8プロトタイプの展示をチェックしているものの、改めて見ると「よくできているなあ」と思える車。
全体的に均整が取れており、躍動感に溢れるプロポーションを持ちながらも、細部に至るまで考え抜かれた構造や繊細なデザインを持っています。
よって、遠くから見ても、近くから見ても納得できる車、ということですね。

現在マツダはSUVラインアップについてCX-3/CX-5/CX-8を持ちますが、それぞれに同じデザインイメージを持たせながらも微妙にパーツ同士の比率を変えており、上のモデルになればなるほどフロントグリルが大きく、相対的にヘッドライトは小さく。

DSC02310

それによって高級感が演出されているということになり、逆に番号の小さいモデルほどスポーティーさが感じられるデザインに。
例えばメルセデス・ベンツ、BMW、アウディもこういった「モデル間におけるデザインの関連性」を強める戦略を用いていルものの、それらよりもマツダはちょっと「進んだ」考え方と手法を取り入れているのかもしれませんね(特にメルセデス・ベンツだと拡大/縮小コピーのような感じにとどまる)。

DSC02300

CX-8はどこからどう見ても「マツダ」であることには変わりなく、にもかかわらずマツダは各モデルごとの特徴や差異をしっかり出せており、従って各モデル間での競合も最小限なのかもしれません(それぞれのモデルにおいて、積極的に選ぶ理由、買いたくなる理由がある)。

ドアハンドルはかなり細くスタイリッシュ。
SUVはグローブをしていても操作をしやすいように大きめのドアハンドルが採用されることが多いのですが、CX-8はかなり繊細なデザインを持っていると言えそうです。

DSC04316

マツダCX-8の内装をチェックしてみよう

ぼくが今回最も驚いたのは内装で、その質感の高さ。
主にアルミ調パーツの仕上げに対してそう感じたわけですが、これらが非常に上品。
本当にアルミパーツを削り出して職人が磨いてるんじゃないかと思える質感で、特にこのパーツが多くなる「Lパッケージ」はおすすめ。※シートの調整スイッチは秀逸

DSC04318

ペダルレイアウトもマツダのこだわるところで、「自然な位置」にあるのが特徴。
これはマツダのオフィシャルコンテンツ「マツダのクルマづくり」にもある通り、近年のマツダにおいてはかなり重視されているところ。

要は、車というのはフロントタイヤを収めるためのホイールハウスがあり、これはタイヤを左右に切った時のことを考えて「かなり大きく」スペースを取る部分。
特に近年のクルマはタイヤが大きく広くなっており、SUV(スポーツカーも)ではその傾向が顕著。
よってこのホイールハウスが室内空間を圧迫し、その分ペダルが車の中央に向けてオフセットされるケースも出てきます。
そうなると、ドライバーは「進行方向に対してまっすぐ」ではなく、「車の中央に向いて」斜めに座ることになり、マツダはこれをヨシとしてない、ということですね。

DSC04329

ただ、ぼくは「ペダルがオフセットされた車ばかり」に乗ってきたのも事実で、そのためマツダCX-8の座席に座った時に「むしろペダルが右(車の外側に向けて)に寄りすぎじゃないか」と思ったほど(それくらい他の車とマツダのペダルレイアウトは差がある)。
しかしもちろんそんなことはなく、走り出すとCX-8のほうが「正しい位置」であることがすぐにわかります。

DSC04324

CX-8はシートの出来も良く、かなりコンフォート寄りではあるものの、座面が柔らかく体が沈み込むのに対し、サイドのサポートがしっかりしているので体が左右に揺れることがなく、かなり安心感があります。
最近はこういった、「座面とサイドとでクッションの硬さを変えている」シートが増えているようですね。

DSC04328

そして「視界」も良く考えられている部分であり、ドアミラーが左斜め前の視認性を妨げないように配慮されていて、「三角窓」はないもののドアミラーとピラーとの間に「隙間」があって、左折時も安心(レンジローバー・イヴォークに乗っている時、一番気になったのはこの部分がドアミラーで遮られ、左折時に歩行者を確認しずらいことだった)。

そのほかダッシュボード、レザーシート、センターコンソールの仕上げや高級感もなかなか。
メーターもインデックスが立体的なパーツとなっており、ここはかなり評価が高いポイントでもあります。

DSC02328

内装においては、ここ最近マツダから発表された一連のコンセプトカーにおいても「高級感」を意識したと公表されていますし、マイナーチェンジを受けたモデルも同様に内装に対しては大きな変更が加えられているので、インテリアも最近のマツダが「こだわる」ところなのでしょうね。

マツダCX-8で走ってみよう

シートポジション、ミラーを合わせ、いざ車をスタート。
クリープはさほど強くなく、ここも上品さを感じる部分。
車道に出てアクセルを踏むと「ぐっと」力強い加速を見せ、さすがはディーゼル、といったところ。

なおディーゼルっぽい振動はなく、これまでのCX-3やCX-5で感じたような「停止してアイドリング中」のノイズ、バイブレーションが非常に少なく、「ガソリンエンジン搭載モデル」と言われても信じてしまいそうなレベルです。

直線や坂道、ワインディングロード含めて結構長い時間をかけての試乗ですが、いずれの場面でも気になるような部分はなく、むしろ加速性能の良さ、上り坂ではトルクの太さが目立っていたと思います。

DSC04317

ハンドリングも素直かつ良好。
車格からしてクイックさ、機敏さを感じさせるセッティングではありませんが、もちろんこれは意図したもので、サスペンションの柔らかさ、室内の静かさ、振動の少なさとピッタリマッチ。
まさに「上質」としか言いようのない乗り味で、高い安心感を感じさせるものですね。

ブレーキについても同様に「クイックに」反応する設定ではなく、ごくごく低速でも扱いやすいフィーリング。
急な飛び出しに対して強くブレーキを踏むような場面でも「ガクン」とならずにピタッと止まる、というイメージですね。

DSC04315

とにかく運転していて快適かつ安楽な車であり、外部からのノイズ侵入も最低限。
風切り音も感じず、恐らくは各部の「フラッシュサーフェス化」が貢献しているのかもしれません。

ちょっと気になった部分といえば、「左右の車体の揺れ」。
これはCX-5では感じなかった部分で、恐らくは車体が大きくなったことで「頭でっかち」のようなバランスになったことに起因していると思われますが、サスペンションがこれをうまく吸収できない場合も。
S時カーブ、ダブルレーンチェンジ、轍を越える際などにそれを感じることになり、前後の揺れがうまく抑えられているだけに「おや」と思うところではありますね。

ただしこれはトヨタ・ハリアー、レクサスNXにも感じる部分なので、特にライバルに比べて劣るというわけではないと考えています(逆に日産エクストレイル、ランクル・プラドはこういった印象はない。レンジローバー・イヴォーク/ヴェラール、ポルシェ・マカンでもやはり感じない部分ではある)。

マツダCX-8はどうだった?

一言で言うと「予想以上」。
ディーゼルという印象からくる騒音や振動も予想より少なく、内装も予想より高品質で、加速も予想より優れ、ブレーキのタッチ、ステアリングフィールも予想以上の上質さ。

全てが上品かつ優雅な車であり、その余裕ある挙動のおかげで、同乗者からは「運転が上手くなった」と錯覚されるほどなんじゃないか、という印象も。

そしてこれらの視覚的、感覚的印象全てが「ぴったりマッチ」している車でもあり、これだけまとまったイメージを出せている車も他にない、と考えています。

DSC04325

7人乗りSUVだと国産ではトヨタ・ランドクルーザー(500万円くらい~)、ランドクルーザー・プラド(360万円くらい~)、スバル エクシーガ・クロスオーバー7(260万円くらい~)、日産エクストレイル(260万円くらい~)、三菱アウトランダー(250万円くらい~)、三菱パジェロ(380万円くらい~)といった選択肢があり、その中ではCX-8はけっこう高い部類。

ただし装備や安全性を考えると、また他の7人乗りSUVについては「アウトドアイメージが強い」ことなど考えると、上質かつ高級感のあるマツダCX-8はこれらの中では「かなり競争力のある」選択肢だと言えそうですね。

DSC04323

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >マツダ(MAZDA), ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.