>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

さよならメルセデス・ベンツSLC。23年の生涯に幕を閉じるにあたり初代をイメージした最終記念モデル登場。同時に現行SLも終了に伴い特別仕様が登場

メルセデス・ベンツSLKは一つの時代を築いたと言っていい メルセデス・ベンツが「中国で売れないから」後継モデルはないとしていたSLC(旧SLK)に「ファイナル・エディション」を設定(日本への導入は未定)。つまりこれで現行SLCの寿命も終了ということになり、ついにその灯火が消えることに。「ファイナル・エディション」が設定されるのはSLC300とAMG SLC43で、面白いのはSLC43ボディカラーが「(初代SLK発表時のカラーをイメージした)サンイエロー」のみ、SLC300のボディカラーがセレナイトグレーで ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】その名は「ヒデト・ブルー」!世界で最も高価なペイントを持ち、オプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンが東京にいた!

オーナー友人の開発による、特殊なメタルフレークを使用した「世界にひとつ」の塗装 世界中からスーパーカーのレビューを届けてくれる女性ユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。これまでにもケーニグセグ・レゲーラや5000馬力のデヴェル・シックスティーン、アポロ・インテンサ・エモツィオーネ(IE)の試乗レビュー、ピニンファリーナ・バッティスタなどレア中のレア車のを紹介しています。そして今回はなんと「東京」から世界に一台のボディカラーを持つ、そしてオプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンをレポート。 こち ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

【動画】アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートのオプショングリルは430万円!デザイン変わらず、しかも重量アップなるも、ここにお金を払うのが真のコレクター

製造にかかるのは3000時間、アルミ製なので見た目はシルバーに 以前に「4種類あるアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートすべてをコンプリートした男」を紹介しましたが、それに引き続きその中の1台、ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテが別のオーナーへと納車に。その様子を紹介するのは「4台コンプリート」時と同じくユーチューバーのMr JWW氏。そしてこれらを納車するのはイギリスにある「アストンマーティン最古のディーラー」とのこと。 【動画】総額数億円?アストンマーティン・ザガートシリーズ4台全てを同じカラ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダが欧州仕様マツダ3(アクセラ)のスペックを公開。上位モデルには181馬力のSkyactiv-Xエンジン+24Vハイブリッドシステム搭載

スカイアクティブGエンジンでもマイルドハイブリッドとドッキング 発表されるやいなや大きな反響を受け取ることとなった新型マツダ3(アクセラ)ですが、国内外から様々なレビューが登場しているほか、今回マツダが欧州仕様のスペックそして画像を大量に公開。これに先駆け、ドイツ国内仕様ではあるもののカーコンフィギュレーターが公開され、新しいボディカラーそしてオプションの詳細も判明していますね。 マツダが新型アクセラのカーコンフィギュレーターを公開。新色「ポリメタルグレー」に”デザインパッケージ”はなかなかナイス こちら ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

スバルが新型コンセプト「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」の発表を予告。刺激的なクーペスタイルSUV?

レガシィを更に発展させた「たくましさ」「筋肉質」なデザイン スバルが2019年3月に開催されるジュネーブ・モーターショーにて、新型コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」を展示する、と公開。公開された画像ではその細部を知ることは出来ないものの、これまでのスバルとはやや異なる、しかし新型レガシィで見せた「たくましさを強調」したデザインを更に進化させた外装を持つようです。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ドイツのチューナーがメルセデスAMG GT Rをカスタムし+65馬力の650馬力に。ボディカラーは「前後色違い」の個性的なルックスへ

それでもホイールは「純正」なのが質実剛健なドイツのチューナー風 ドイツのチューナー、FolstaがメルセデスAMG GT Rをチューン。流石にドイツのチューナーだけあって「質実剛健」ぶりを発揮し、外観よりもパワーアップに注力しているのが「ドイツのチューナーあるある」。そしてその出力はノーマルの585馬力から65馬力アップの650馬力へ。なお、パワーアップ後のパフォーマンスは非公開ですが、0−100キロ加速はノーマルの3.6秒から向上しているのは間違いのないところだと思われます。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルスがトラックになればこんな感じ?実際に富裕層向けチューナーがカスタムしそう

ランボルギーニ・ウルス”トラック”の後ろ半分は意外と普通 おなじみレンダリングアーティスト、Rain Prisk氏がランボルギーニ・ウルスの「ピックアップトラック」をレンダリングにて作成。ウルスは登場以来様々なレンダリングが作成されていますが、この「トラック」が出てきたのは意外と遅かったな、という印象です。なお、実際のウルスは予想を越える大きなヒットとなり(その”予想”の数字自体もかなり大きかった)、2019年もしくは2020年にはランボルギーニの販売を「(ウルス登場以前、2017年に比較して)倍」に押し ...

ReadMore

>テスラ(TESLA)

テスラ・モデル3のカスタム第一号登場。カーボンパーツ装着とローダウンにてイメージ一新。テスラはちょっとカスタムするとやたら格好良くなるようだ

相当な台数の販売が予想されるだけに今後カスタム市場も盛り上がりそう ランボルギーニやメルセデス・ベンツのカスタムを公開してきたRevozportですが、今回はテスラ・モデル3のカスタムを披露。これは「R-Zentric ワイドボディ・モデル3」と命名されており、見るからにアグレッシブ。ただ、今回公開されたのは「シュトラッセ(ストリート)」バージョンとなり、残念ながらワイドではなく「通常」ボディのようですね。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」は安い?フェラーリF12「クリエイテ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ロリンザーが軍用Gクラスをレストモッド。ミリタリーテイストを残しつつもブラックとレッドのポップな仕上がりに

スイスアーミーからの「退役」車両をレストアがてらカスタム メルセデス・ベンツのカスタムで知られるロリンザーですが、「ロリンザー・クラシック」なる部門にてメルセデス・ベンツのレストアを行っており、今回はレストア+モディファイ=レストモッドによって生まれ変わった1993年製メルセデス・ベンツGクラスを公開。なお、同じくメルセデス・ベンツのチューナでもあるブラバスもレストア事業を開始していて、今後チューナーにとってもレストア、ひいてはレストモッドはひとつの大きなビジネスチャンスになるのかも。 え?あのブラバスが ...

ReadMore



■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■ニュース

【試乗:VW アルテオン〜後編】コスパだけじゃない。走行性能や快適性、その実力は相当なものだ

投稿日:2018/01/15 更新日:

| ブランド間のヒエラルキーを崩しかねない”アウディイーター” |

フォルクスワーゲン・アルテオンの試乗レビュー「後編」。
前編ではアルテオンの基本的な性質やスペック、外装デザインについて触れましたが、ここまで「筋肉質」と言う表現が似合う車もそうそうない、と考えています。
直線をプレスラインで表現し、それにハリのある面を加えることでこれまでにない立体感を表現しているように思われ、それに金属調の加飾も加わり、スポーティーさ、躍動感、上品さなど様々な要素を備えた車だと言えそう。








二度見するほど美しい車

とにかくその佇まいというか強烈なオーラはこれまでのフォルクスワーゲンにないもので、道路ですれ違ったとしても「え?今の車なに?」と振り返りそうな美しさ、そしてインパクトがある、と思います。

DSC04985

フォルクスワーゲン・アルテオンの内装を見てみよう

インテリアに関しても上位ブランド、アウディ譲りの高品質パーツのオンパレード。
メーターはアウディの「バーチャルコクピット」、そしてペダルもアウディと同じもの。

DSC05030

レザーシートには独特のパターンがステッチにて施され、カーボン調クロスも採用。
メモリー機能もついており、運転席にはマッサージ機能まで内蔵されています。

DSC05027

インフォテイメントシステムは最新のタッチ式"Discover Pro"。
エアコン吹き出し口はトリムと同化するようにデザインされ、フロントグリルと同じように「横方向のルーバー」にてワイドさが強調されたデザイン(新型ポルシェ・パナメーラもそうですが、エアコン吹き出し口を隠すのは最近のフォルクスワーゲン・アウディグループのトレンドである模様)。
全体的にエッジが強調されたパーツが与えられており、それらがソリッドでスマートな印象を醸し出しているようですね。

DSC05023

アンビエントランプも前席から後席まで。発光色はブルー、イエロー、ホワイトから選択可能。
後席も広々!

DSC05040

フォルクスワーゲン・アルテオンで走ってみよう

室内に乗り込んでまず感じるのは見晴らしの良さ。
ダッシュボードが低く、サイドのベルトラインも低いので見晴らしは抜群。
新形状のドアミラー越しの後方視界も良く、全方位にわたってかなり死角が少ないという印象です(ドアミラーは結構大きいものの、これが視界を邪魔することはない)。

ドライビングポジションも決まりやすく、ステアリングホイールやペダルレイアウトもかなり良好。
ここで驚くのはステアリングホイールに使用されるレザーの質感で、「手に吸い付くような」なめらかさ。
この価格帯でこの質感を持つ車はなかなかなく、これは現行世代のゴルフにも通じる部分ですね。

なお、フォルクスワーゲンCEOが「手に触れる部分」についてかなりのこだわりを見せていると聞いたことがあり、他メーカー車に採用されるウインカーレバーのタッチまでもチェックし、それを超える操作感を自社の車に与えるべく関係者に指示を行なっている、とも言われます。

キーは「スマートキー」化されており、新形状へ。
エンジンスタートはアウディと同様にセンターコンソール上のプッシュボタンを押して行いますが、エンジン始動時の静かさは特筆もの。
ぼくのアウディTT(8S)と同じMQBプラットフォームそして2リッターエンジンを持つはずですが、全く異なるレベルの静粛性を持っているのには驚きです。

DSC05005

操作系は基本的にアウディと同じで、セレクターレバーをDレンジに入れて電気式パーキングブレーキを解除しアルテオンの試乗スタート。
ここでも驚かされるのは7速DSGの滑らかさで、ステアリングホイールの手触り同様、「まさにスムーズ」。

アルテオンの足回りは?

さらに驚くのは足回りのしなやかさ、そして乗り心地の良さ。
これもステアリングホイールと同じく「吸い付くような」印象があり、むしろ段差を越えるのが楽しくなるほどのしなやかさ(この段差を越える時はどういった動きをするんだろう、と期待したくなる)。

それでいて「柔らかすぎる」と感じることはなく、ホイールサイズが20インチということを考えると「どうやってこんな素晴らしいセッティングを出したんだろうな」と不思議になるくらいですね。

実際にカーブを曲がったとしても気になるようなロールは見せず、レーンチェンジを行ってもそのロールがすっと収まり、まるで何語もなかったかのような所作を見せてくれます。

アルテオンのブレーキは?

ブレーキについては初期はマイルド、踏み込んでゆくとしっかり効くという感じ。
よってストップ&ゴーの多い街中でも安心してブレーキを踏むことができ(ピッチングも抑えられていてフラットライド)、しかし止めたいときには止めたいところでピタリと止まる、という印象です。

余談ですがホイールのカラーが「マットグレー」なので、ブレーキダストは目立たないかもしれません。



アルテオンのハンドリングは?

アルテオンのサスペンションはフロントがマクファーソン・ストラット、リアが4リンク式。
フォルクスワーゲンはじめアウディでも多く採用される形式で、かなり熟成が進んだもの。
横方向の剛性が高く、コーナリング中の安定感は抜群だと言えます。

ホイールベースが2835ミリと長いために挙動がマイルドで、しかしハルデックス5の持つとトルクベクタリングによって加速やコーナリングには最適なトルク配分が行われており、ダルい印象は全くなし。
ステアリングについても可変レシオを持つ「プログレッシブステアリング」が採用されているため、「ぐるぐるステアリングホイールを回さなくても」狭い道を曲がったり簡単に駐車することができます。

DSC05017

アルテオンの加速は?

何と言ってもエンジン出力は280馬力、しかも4WDシステム”4MOTION”を持つために不満など出るはずもなく、通常の走行ではまず満足できるレベル(ぼくのアウディTTでも240馬力に満たない)。

なおお馴染み「ドライブモード」も備えているので、これを「スポーツ」に設定すればかなり高回転までシフトチェンジを行わない設定となり、合わせてダンパーの特性、ステアリングホイールの「重さ」も変化し、状況に応じた使い方も可能となっています(ゴルフRとは異なり、エキゾーストサウンドまでは変化しない模様)。

正直どうなのフォルクスワーゲン・アルテオン

デザイン性に優れ、筋肉質かつ知的で上品な印象も受けるアルテオン。
実際に乗ってみてもそれは同じで、手に触れる部分、加速したり減速したりカーブを曲がってみた印象もやはり「筋肉質で知的」。
見た目と実際の印象とがこれほどマッチする車も他にないと思える一台で、その見た目に惚れたのならば、その「性格」も見た目通りなので、まず買って間違いのない一台。

実際にアルテオンを見て試乗してみても「すごいなこの車」という感想しかないのが事実であり、アウディTTと同じプラットフォームと足回りやエンジンを持ち、しかもパワフル。
ステアリングも可変レシオを持っていて、トルクスプリット式フルタイム4WD、可変ダンパー、電制デフロックが与えられ、さらには7速DSG搭載にて燃費は公称値で13.3km/L。

インテリアだと9.2インチサイズのタッチ式インフォテイメントシステム、バーチャルコクピット(デジタルメータークラスター)、LEDヘッドライト、シーケンシャルLEDウインカー、快適なレザーシートを装備し、アンビエントライトまで。

安全装備では渋滞追従支援システム、アダプティブクルーズコントロール、レーンキーピングアシスト、レーンチェンジアシスト、リヤトラフィックアラート、パークディスタンスコントロール、プリクラッシュブレーキシステム、ダイナミックコーナリングライトなどなど。

DSC05033

およそ「現時点で考えうる走行性能向上や快適性向上、安全性向上のための装備は「全部」入っていると言ってよく、同グループのアウディ含め、メルセデス・ベンツ、BMWであれば「この価格でこの装備」は絶対にありえないという設定となっています(これ以上何を望もうか、というレベル)。

とにかく「お買い得」感の強い車ですが、唯一の懸念は「フォルクスワーゲン」である、ということ。
コストパフォーマンスはずば抜けている車ではあるものの、フォルクスワーゲンにしては高価であることは間違いなく、そしてそのブランドイメージに対してその対価を支払うことに抵抗がある人も多そう。
ディーラーさんの話だと実際に「この(VWの)エンブレム他のに変えられんの?」という人も多いそうで、これを気にするのはぼくだけではなさそうです(それをフォルクスワーゲンも理解しているからこそ、この価格設定なのだと思う)。

ただ、アルテオンは「割安」なだけの車ではなく、その走行性能や快適性も非常に高いレベルにあり、正直「自分のTTもアルテオンと同じレベルの走行性能や快適性を備えていたらよかったのに」と思うほど。
それほどまでに衝撃的な車であることは間違いなく、久々に大きな衝撃を受けた車であるのは間違いありません。

他の画像はFacebookのアルバム上に公開しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.