ad-728





>ミニ(MINI) ■映画や音楽、本について

こんなカスタムが似合うのはミニだけ。ペンキぶっかけ、アート風カスタムのミニ・ペースマン

2018/02/25

| こういったカスタムが似合うのはミニしかない |

内装スペシャリスト、カーレックス(CARLEX)がミニの内装カスタム”ミニ・ペイントワークス”を公開。
これまでのレザーやアルカンタラを使用した高級路線とは異なり、一気にアーティスティックに。
かなり奇抜なインテリアカスタムだともいえますが、ミニにはこういったカスタムのほうが似合っているのかもしれない、と思わせるほどの仕上がりに。

文字通りペンキぶっかけ

全体的には各パーツにペンキをぶっかけ、シートなど生地をしようしている部分は張り替えた上にパッチワークなどダメージ風加工。
面白いのはセンターコンソール両脇やダッシュボード、ドアの白い樹脂製トリムには「ペンキがかかっていない」ことで、もちろんこれは意図的に「塗り分けた」のでしょうね。

mini_painterworks_4

使用される生地はデニムっぽいもの。
ステッチもランダムで、そのラフさがいい感じ。

mini_painterworks_3

このあたりは容赦なくペイント。
シフトレバーのブーツにもランダムステッチが用いられています。

mini_painterworks_2

シートのステッチはなかなかナイス。
ティム・バートンの映画「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」に登場する「サリー」を思い出します。

nightmare

この「垂れた」感じが秀逸。

mini_painterworks_17

こちらはその内装カスタムが施されるミニ・ペースマン。
ボディはベイビーブルーにラッピングされているものの、「まさか内装がそんなことに」とは思わせないところもいいですね。
かろうじてサイドスカットルのみが内装カスタムを連想させるグラフィックを持っています。

mini_painterworks_9

カスタムに使用したステッチと同じデザインをもつグローブ。
カーレックスは内装カスタム時にこういった「小物」も同時に製作してくれることが多いようですね。

mini_painterworks_7

なお、こういった「ペンキぶちまけ系」アートだとまず思い起こすのは「サム・フランシス(1923-1994)」。
スウォッチとのコラボでも有名なアーティストですが、ただペンキを撒くだけではなく、「にじみ(日本の絵画から影響を受けたとされる)」といった細かい技術も使用されていることでも有名。

sam

あわせて読みたいアート/サイケデリック風カスタム関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ミニ(MINI), ■映画や音楽、本について
-, , , , , , ,