>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニのツーリングに参加してきた!空港滑走路を借り切ってゼロヨン大会を走ってきたぞ

合法にてフル加速できる機会はそうそうない さて、ランボルギーニ大阪/神戸さん開催のツーリングに参加してきましたが、今回はそのレポート「二回目」。ツーリングの目的地は和歌山県にある「南紀白浜空港」。ここの旧滑走路を借り切って、公道では試すことが出来ない、ランボルギーニの持つ加速性能を体感しようというのがこのツーリングの主な目的となります。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニのツーリングに参加!なんと納車直後のアヴェンタドールSVJも登場ポルシェ718ケイマンのキーホルダーを「作って」みた。ボッテガ・ヴ ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

最新レストア事情。ポルシェ356のレストアついでに「あえて」58年を過ごした風の褪色カスタムを

なにもピカピカの新車に戻すだけがレストアじゃない ちょっと新しい、いや古い「レストア」を施したポルシェ356B(1961年製)が登場。レストアというとすべてのパーツを新品状態に戻し、ピカピカの新車状態へと組み上げる作業を想像しますが、この356Bは修復すべきところは修復しながらも、「当時から今までそのまま時を経ていたらどうなっていたか」という想定のもと、あえて「古く」レストアしたもの。なお、こういったレストアはちゃんとした一つのジャンルとして存在するようで、「Patina Restoration(パティー ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

タイ発、ランボルギーニ・アヴェンタドールのリバティーウォークカスタム。ほかにもGT-R×JPSカラー、S660×マールボロカラーを公開

このボディカラーは刺激的 タイのチューニングショップ、インフィニティ・モータースポーツがなんとも格好良いランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタムカーを公開。これはリバティーウォークのオーバーフェンダーキットを装着した上でレーシングカーのようなグラフィックへとラッピング。なお装着されるエアロキットはフロントバンパー、フロント/リアのリップスポイラー、ワイドフェンダー、リアウイング、フロントフードだと報じられています(車高が落ちており、かつロゴがあることからもエアサスペンションも装着していると思われる)。 ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI)

20台のみの限定モデル、ブガッティ・シロンスポーツ110Ansが転売。その価格5億円、納車は10月28日

どうしても転売だけは抑えることができない さっそくブガッティの限定モデル、シロンスポーツ110Ans エディションの生産枠が転売に。これはブガッティ設立110周年を記念して20台のみが発売されたレアカー。今回販売情報が掲載されているのはMobileですが、ここではこれまでにもメルセデスAMG ONE、アストンマーチン・ヴァルキリー、マクラーレン・セナ、ブガッティ・ディーヴォ等の生産枠が転売されています。 はじめてブガッティ・ディーヴォの転売が登場。12/28に生産が完了する「生産枠」が2.3億円増しの8. ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

メルセデス・ベンツがいい動画を公開した!ベンツ婦人が自動車の有用性を知らしめるために「人類で初めて自動車で旅行した女性」となった様子を実写化

当時、自動車は邪魔者扱いでだれもその有用性を理解していなかった メルセデス・ベンツがこれまでとは一風変わった動画を公開。これはメルセデス・ベンツのルーツに触れるもので、まるで映画のような仕立てを持つものとなっています。内容としては「自動車を発明した」メルセデス・ベンツ創業者(当時の社名は今とは異なる)であるカール・ベンツの妻、ベルタ・ベンツが「女性で、かつ世界で初めて」自動車によって旅行したときの様子を再現したもの。 当時は自動車自体の存在が知られておらず、知っている人にとっても「うるさく、馬よりも遅い」 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェラーリが香港のオーナー向けにワンオフ「プロトティーポ」を製作。フェラーリ史上、”もっともエクストリームなクルマ”に

香港には高名なコレクターが多数存在する フェラーリが明日に「史上もっともエクストリームなワンオフプロジェクトを発表する」と公開。今回Facebook上にてその予告がなされていますが、プロジェクト名は「Prototipo(プロトティーポ)」。なお、このプロジェクトをフェラーリに依頼したのは「Blackbird(ブラックバード)」で、これは香港の正規フェラーリディーラーでもあり、つまりこのワンオフモデルは香港のオーナーがオーダーしたものだということになりそう(TK Makなる人物だと言われている)。

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニのツーリングに参加!なんと納車直後のアヴェンタドールSVJも登場

限定車とはいえ、まさかこれが市販車とは さて、先日アップしたとおり、ランボルギーニ大阪/神戸さん主催のツーリングへ参加。画像や動画、内容が盛り沢山なので、数回に分けてお送りしたいと思います。まず今回は、ツーリング前日に納車になったばかりという、アヴェンタドールSVJ。目にするのは今回二度目ですが、何度見ても驚きを隠せない迫力、そして遠目からでも「何かが違う」と一瞬でわかるオーラを持っていますね。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場へ。限定ムルシエラゴ、アヴェンタドールを画像に ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがまたまたトンデモ特許出願。「クルマを盗もうとしたヤツには催涙ガスを噴射してやる」→事故して自分に噴射されるとちょっと嫌だ

さすがに催涙ガスを積んだクルマを運転する気にはなれない これまで数々の奇っ怪な特許を出願してきたトヨタ自動車ですが、今回はなんとも驚くべき盗難防止装置を考案。トヨタはアメリカと日本では「盗難車ランキング上位」にあり、その対策としての意味合いもありそうですが、その内容はなんと「不法にクルマをスタートさせようとすると催涙ガスが噴射される」。 英国で最も盗まれるのはBMW X5!トップ10はBMW、ベンツ、ランドローバーのみ。日本とアメリカの盗難車ランキングも見てみよう その名は「ビークル・フレグランス・システ ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フィアットの格好良いコンセプトカー「ファストバック」。デザイナーが「アバルト版」、しかも市販バージョンのレンダリングを作成

たぶん市販時には「ファストバック」という名前ではなくなりそう FCA(フィアット・クライスラー・オートモビル)は2018年のサンパウロモーターショーにて「ファストバックコンセプト」を発表していますが、フィアットはこれを南米市場向けとして2020年に市販する、とアナウンス。つまり、残念ながら南米以外では発売されないということになり(実際にFCAは南米向けに「トロ」なるピックアップトラックも販売中)、しかし今回レンダリングアーティストがその「市販モデル」、そして「アバルトバージョン(アバルトと言うからには南米 ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley)

今度は中東。ベントレーに「真珠テーマ」のベンテイガを5台も同時注文したオーナーが現る

その名も「ベントレー・ベンテイガ・パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー」 ベントレーが中東市場向けにベンテイガのスペシャルエディション「パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー(Pearl of the Gulf by Mulliner)を5台のみ生産した、と発表。これは文字通り中東の真珠産業への歴史へのオマージュとなり、内外装は「パール」をイメージした仕様を持っていますが、驚くべきはベントレーが設定した限定モデルではなく、中東のオーナーがベントレーに(5台も)注文したものだそう。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore



>ポルシェ・ケイマン関連 ●ポルシェ718ケイマン(982)

購入したポルシェ718ケイマンに装着されるオプションを見てみよう(外装編)

投稿日:2018/08/04 更新日:

| 購入したポルシェ718ケイマンにはこんなオプションが装着されている |

さて、ポルシェ718ケイマンに装着されているオプションにつき、ここでそれぞれの内容を紹介してみたいと思います。
ぼくのポルシェ718ケイマンはポルシェセンター北大阪さんが店頭販売用に「見込み」で発注したもの。
よって経験上の”売りやすい”人気オプションが装着されている、ということになりますね。

今回ここでは「外装」に関するオプションを紹介してみたいと思います。








グラファイトブルーメタリック:150,000円

「ブルー」とはいうものの実際の見た目は「グレー」で、そしてメタリックカラーといえども「ソリッド」に近い色味を持つ不思議な色。
軍隊で使用されるカラーにも近いという印象ですが、718ケイマンのイメージカラーとしても採用され、しかし2019年モデルからはカタログ落ちしてしまうカラーでもあります。
ポルシェ718の場合、ソリッドの「スタンダードカラー」は標準色として追加「0円」、しかしメタリックカラーだと追加150,000円。
そしてスペシャルカラーだと「383,000円」の追加料金がかかりますが、これは日本車とは比較にならないほど高価なオプションですね(トヨタFJクルーザーでは”マットカラー”75万円、というものはあった)。

光を反射して明るく輝くマイアミブルーとは対照的に、「周囲の光を吸収してしまう」特殊な色合いだと考えていますが、都会的な印象もあり、ぼくにとって「一度は選択してみたかった」ボディカラーでもあります。

ダイナミックコーナリングライト:158,000円

これはステアリングホイールの切れ角に応じてライトもその方向を向くというもので、便利ではあるものの価格が高いオプション。
この価格を出したとしても光源は「キセノン」であってLEDにはならず、しかし981ボクスター/ケイマン時代ではベースモデルの光源が「まさかのハロゲン」であったことを考えると、まだマシなのかもしれません。

この「ライトで進行方向を照らす」のは日本だとさほど必要になる場はないものの、欧米では街灯のない山道もあり、「これがないと困る」場面もあると考えられ、そのためか特に欧州車はマトリクスLEDヘッドライトやレーザーライトなど、ライティングにこだわることが多いようです。

なおヘッドライトの内部構造のデザインがちょっと変わり、プロジェクターランプユニットの外側4箇所がLEDによって光ります。
ただしこれはオプションのLEDライト装着時の「クワッドLED」とはまた違う位置や光り方を持つもので、718ケイマンのヘッドライトは「標準」「ダイナミックコーナリングライト」「LEDライト(323,000円)」「テインテッド(ブラックインナー)ヘッドライト(232,000円)」と4種類あり、それぞれ見た目が異なることに。

下の画像は911カレラのものですが、左がダイナミックコーナリングライトつき、右がLEDヘッドライトの「ポジション(スモール)」ランプが点灯した状態。

pdls

こちらはその作動原理を開設した動画。

19インチ・ボクスターSホイール:325,000円

ポルシェ718ボクスターにおいて選択できるホイールは標準含め7種類。
標準ホイールは18インチ、そしてそこからオプションとして19インチ、20インチを選択できることになります。
ポルシェのホイールはかなり高価で、たとえば20インチ「ターボ」ホイールだと70万円もコストがかかることに。

この「19インチ・ボクスターSホイール」はほかの19インチホイールに比較すると高価ですが、その理由が「デザインの複雑さ」にあるのか、それとも素材や製法にあるのかどうかは不明です。

ただし、経験上ではありますが実際にホイールの重量を測ってみると、ポルシェのホイールは「かなり軽い」ものが多く(社外の”軽量”を謳っているホイールより軽い場合もある)、このあたりはさすがポルシェだと言えそう。

detail_M397_l_0



電動格納ミラー:55,000円

これも国産車との比較だと「信じられない」ことですが、ポルシェ718では電動格納式ドアミラーがオプション扱い。
ポルシェのスポーツモデルでは「伝統」とも言えるもので、これはケチっているのではなく、車体上部や側面という「重心やロールセンターから遠い」ところにある重量物をちょっとでも減らそう、というポルシェの思想から(電動格納ミラーはモーターを使用するので、その分重い)。

ただ、日本においては「ミラーを折畳まねばならない」状況に遭遇することは往往にしてありそうで、必須とも考えられるものの「ちょっと高いなあ」と思えるオプション。
ポルシェの購入金額はこうやって高くなってゆくわけですね。

detail_M748_l_0

パークアシスト+バックカメラ:279,000円

これも国産車に比較すると「かなり高い」部類のオプション。
ただし「一回ぶつけると」これくらいの金額が修理費用として飛んでゆくことになるので、これも「やむなし」かもしれません(2019年モデルからオプション価格が下がっている模様)。

detail_M638_l_0

アルミルック燃料キャップ:24,000円

これは定番とも言えるものですが、セルフ給油の度に満足感を感じさせてくれるもの。
ただ、アルミ削り出してはなく、樹脂製キャップの上に成形したアルミ板を被せてあるだけ、という構造なので過剰な期待は禁物(それでもけっこうイケてると思う)。

このキャップは世代が変わっても使用が可能な場合が多く、よって工場装着ではなく、納車されてから「取り寄せ」で装着する方がベターだと考えています。
そうすれば手元には「もともとの樹脂製キャップ」が残ることになり、また別のポルシェに乗り換えたとしても追加購入したアルミルック燃料キャップが手元に残るから(工場装着オプションだと樹脂製キャップはついてこない)。

detail_MXYB_l_0

あわせて読みたい、関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ポルシェ・ケイマン関連, ●ポルシェ718ケイマン(982)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.