ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサスが「LC イエロー・エディション」追加。ストラクチュラル・ブルーに続く特別カラー第二弾?

| 「ストラクチュラル・ブルー」に続く新たな特別仕様 |

レクサスが「LCイエロー・エディション(LC Yellow Edition)」を発表。
実車はパリ・モーターショーでの発表だそうですが、ひとまずはオンラインにて先行公開されています。
ボディカラーは「フレア・イエロー(Flare Yellow)」で、これはレクサスLC発表時に設定された「ネープルス・イエロー」とは異なる専用色。

外装色のほか内装も専用色

その他の「特別仕様」としては外装だと21インチホイール、カーボン製パーツの追加(ルーフ、リアスポイラーなど)、インテリアではイエローのアルカンタラ、コントラストステッチ採用の10way調整式レザーシート/ステアリングホイール/アームレスト、ヘッドアップディスプレイ、マークレビンソン・プレミアムオーディオ等。

lexus

レクサスLCは「スタイリッシュなスポーツクーペ」という位置づけですが、プラットフォームには新開発のGA-Lを使用し、ボディ剛性は「LFA同等」。
パワートレインについて「LC500」には5リッターV8/477馬力、ハイブリッド版の「LC500h」だと3.5リッターV6(299馬力)+180馬力のモーターを組み合わせ。

lexus5

トランスミッションは前者が10速AT、後者がマルチステージハイブリッドトランスミッション(電気式無段変速機)が与えられ、価格はそれぞれ1300万円/1350万円。

lexus2

発売後には「目標の36倍」に相当する台数を受注したとして話題になりましたが、継続して好調さを維持しているようで、比較的(価格に比して)目にする確率の高いクルマでもあります(自宅近辺だけでも3台が生息している)。

ライバルはポルシェ911、メルセデス・ベンツSクラスクーペあたりになるかと思われますが(この両者はまったく違うクルマなれど、レクサスLCは両方の性格を内包している)、それらと比較しても十分な魅力を発揮できる一台だと思います。

今回の「イエロー・リミテッド」については価格や限定台数/対象地域など詳細の公表はなく、そのボディカラーについても「こだわり」は謎のまま。

lexus3

レクサスはLCはについて、先日モルフォ蝶の翅に着想を得た構造色を採用する「ストラクチュラル・ブルー」をテーマにした特別仕様車を発売していますが、今回のイエロー・リミテッドがその第二段的な扱いになるのかどうかも不明。

↓こちらが「ストラクチュラル・ブルー・エディション」

ただ、いたずらに走行性能を追わず、「色」といった視覚を刺激するところにこだわったのはレクサスらしく、他のライバルたちとはちょっと違うところでもありますね。

あわせて読みたい、レクサスLC関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , ,