>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニがワンオフモデルのアヴェンタドールSVJ「JP63」公開!歌舞伎にインスパイアされた和風ランボ

投稿日:

| まさかこう来るとは思ってなかった。片岡愛之助の演舞にてアン・ヴェール |

さて、ランボルギーニ・デイ・ジャパン2019へ。
ランボルギーニ・デイ・ジャパンとは今年で4回目を迎える「年例」ランボルギーニ祭りで、これまでの3回は関東にて開催され、今回は「初」となる関西での開催となっています。

ネタが豊富なので何編かにわけてお届けしようと思いますが、まずはもっともインパクトの大きな「アヴェンタドールSVJ JP63インスパイアード歌舞伎」から紹介したいと思います。
これは会場にて「サプライズ」公開されたもので、事前にはまったく情報が伝えられていなかったニューモデルだけに文字通り「驚き」。
そして「歌舞伎」だけあって、そのアンヴェールは六代目 片岡愛之助によって行われるという更なるサプライズ演出がなされています。

「アヴェンタドールSVJ JP63インスパイアード歌舞伎」は何の前触れもなく公開された

こちらがその発表会場。
正面のモニターに映し出されるイラストが「なんとなく歌舞伎っぽいな・・・」と感じていたのですが、オープニングと同時に登場したのが片岡愛之助(ちょっとびっくり)。

L1170737

その見事な演舞はこちらの動画にまとめてあります。
なお、片岡愛之助は”フェラーリ派”だと聞いたことがありますが、演舞のあとはしばし会場にてランボルギーニを見物して帰ったようですね。

演舞に続いてランボルギーニの地域マネージャーの挨拶があり、そこで驚きのアンヴェール。
同時に公開されたのはウラカンEVOスパイダーの歌舞伎インスパイアードモデル、そして日本初公開となるアヴェンタドールSVJ63ロードスター。
なお、この「歌舞伎」シリーズは3台にて構成され、アヴェンタドールSVJロードスターは「歌」、ウラカンEVOスパイダーは「舞」、別会場にてアンヴェールされたウルスは「伎」を表現している、とのこと。※ウラカン、ウルスは別途紹介の予定

L1180026

そしてさらにその後にはランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏の挨拶があり、その様子は歌舞伎シリーズ公開の様子とともに、こちらの動画にまとめてあります。

アヴェンタドールSVJ JP63インスパイアード歌舞伎はこんなクルマ

「アヴェンタドールSVJ JP63インスパイアード歌舞伎」はアヴェンタドールSVJロードスターをベースに作られた(おそらく)ワンオフモデル。
車体前半はホワイト、後半はレッドというカラーリングを持ちますが、その中間はなんと「グラデーション」。

L1170833

フロントには歌舞伎をモチーフにした隈取り。

L1170759

さらにフロントからフェンダーへと続く隈取り。

L1170889

ドアには「JP63」の文字、そして日の丸。

L1170992

Cピラーにも隈取り。

L1170839

リアウイング内側はホワイト、そして上段はヴィジブルカーボンにレッドのエッジ。

L1170846

リアバンパーはホワイトにレッドのエッジ(リアディフューザーにはレッドのエッジ)。

L1170853

サイドもホワイトにレッドのエッジ。

L1170872

とにかくこれまで見たアヴェンタドールの中では最高クラスのインパクトを持つ一台ですね。

L1170850

なお、ホワイトとレッドの中間は「ピンク」ですが、ここが「桜」っぽくてこれまたナイス。

L1170986

シザースドアを開けるとさらにインパクト抜群。

L1170989

インテリアもエクステリア同様にブラック、ホワイト、レッド。

L1170882

シートはなんと扇子柄!

L1170877

その他の画像はFacebookのアルバム「Lamborghini Day Japan 2019」に保存中です。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニの限定車関連, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >ランボルギーニ・ウラカン関連, ■近況について, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.