>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

片岡愛之助も演舞を披露!ランボルギーニ・ウラカンEVO、ウルスのスペシャルモデル「インスパイアード・バイ・歌舞伎」はこんなクルマだ!

投稿日:

| 見れば見るほどこだわりの詰まったカスタムが施されている |

さて、ランボルギーニ・デイ・ジャパン2019にて発表された「インスパイアード歌舞伎(KABUKI)」シリーズ。
これは歌舞伎の要素をを3つに分けたスパシャルエディションにて構成され、「歌(KA)」を表すのがアヴェンタドールSVJロードスター JP63 インスパイアード・バイ・カブキ、「舞(BU)」を表すのはウラカンEVOスパイダーJP63 インスパイアード・バイ・カブキ、そして「伎(KI)」を体現するのがウルス・インスパイアード・バイ・カブキ。

前回アヴェンタドールSVJロードスター JP63 インスパイアード・バイ・カブキについて触れているので、今回は「舞」「伎」、つまりウラカンEVOとウルスを紹介してみたいと思います。

なお、これらのアンヴェールに際して演舞を披露してくれたのは片岡愛之助(事前に知らされていない状態での登場だったのでびっくりした)。

ウラカンEVOスパイダーJP63 インスパイアード・バイ・カブキはこんな仕様を持っている

アヴェンタドールSVJロードスター JP63 インスパイアード・バイ・カブキのボディカラーは「ホワイトとレッドのグラデーション」でしたが、ウラカンEVOスパイダーJP63 インスパイアード・バイ・カブキのボディカラーは深いレッド単色。※会場は演出のためにスモークを焚いているので、ちょっと画像が白っぽい

L1170995

ボディサイドには「JP63」ロゴ。

L1170998

ヘッドライトにはブラック、フロントバンパーにはホワイトの隈取り。
とくにフロントバンパーのエッジの処理は、テルツォ・ミッレニオのように「Y」が強調されることになり、なかなかに新しい印象です。

L1180001

センターにはブラックのストライプ。

L1170895

リアフェンダーにも隈取りをモチーフにしたストライプ。

L1170820

「おっ」と思わせるのは、リアフェンダーとCピラーとの境界にあたる部分のパネル、そしてサイドステップに「グラデーション」が用いられていること。
これだけでもずいぶん印象が変わり、「和」っぽい、そして穏やかな印象が出るように思います。

L1170817

リアだとランプ周辺やバンパーのフィンがブラックもしくはホワイトに。
驚くべきは、こういった塗り分けやストライプがラッピングではなく「ペイント」で再現されていること、そして塗り分け部分に「段差」がないこと。
ロールスロイスの「コーチライン」には明確な段差がありますが、ランボルギーニやフェラーリではストライプ、塗り分け部に段差がなく、つまりは「ロールス・ロイス以上に仕上げの美しさにこだわった」ということに。
ランボルギーニ、フェラーリというと「走行性能を極限まで追求した」という印象があるものの、こういった美的なところにも走りと同じくらいこだわっていることがわかります。

L1170813

このウラカンEVOスパイダー JP63インスパイアード・バイ・歌舞伎では、細部に至るまでこだわりが反映されていて、「これまででもっとも」カスタムされたウラカンかもしれませんね。

L1170812

インテリアはこんな感じ。
やはりレッド、ホワイト、ブラックというカラーコンビネーションが貫かれています。

L1170799

ちょっとわかりにくいのですが、ドア内張りにはアヴェンタドールSVJロードスター JP63 インスパイアード・バイ・カブキ同様、「扇子」モチーフのグラフィックが再現されています。

L1170802

ランボルギーニ・ウルス・インスパイアード・バイ・歌舞伎こんな仕様を持っている

そしてこちらは「伎」を表現するウルス。
マットホワイトのボディカラーが特徴的で、サイドステップ、フロントバンパー、リアディフューザーにレッドのアクセントが入ります。

L1180030

サイドステップはこんな感じ。

L1180039

こちらはリアディフューザー。
トランクリッドスポイラー、リアディフューザー、フェンダーアーチ、フロントスポイラー等は「ヴィジブルカーボン」が採用され、ほかの二台(アヴェンタドールSVJとウラカン)ほど”目立つ”仕様ではないものの、実はけっこうお金がかかってるんじゃないか、と思わせます。

L1180034

フェンダーアーチはこう。

L1170937

はじめてウルスの「マット」カラーを見ましたが、大変に美しいカラーだと思います。

L1170939

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・ウラカン関連, >ランボルギーニ・ウルス関連, ■近況について, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.