>ポルシェ・ケイマン関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

【動画】ポルシェ718ケイマン”T”のプロトタイプが走行中。このサウンドはやはりNAではなくターボエンジン?

718ケイマンTは2〜2.5リッターターボエンジン搭載というウワサだが ポルシェ718ケイマンTと見られるプロトタイプがニュルブルクリンクを走行中。718ケイマンTは、サーキットにフォーカスしたモデルといえども「ケイマンGT4」ほどハードコアではなく、パワーよりも「ハンドリングに特化した」と考えられるモデル。 ポルシェからはまだ何のアナウンスもありませんが、エンジンは2.5もしくは2リッターターボ採用にて360馬力を発生し、ケイマンSに比較して30キロほど軽量化される、というウワサ。 この記事のあとによく ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

0-100キロ加速2秒!アウディPB18 e-tron市販化に向けてアウディ幹部が動き始める

| アウディPB 18 r-tron市販の可能性がわずかながら浮上 | アウディのエクステリアディナー統括責任者、アンドレアス・ミント氏が英国Autocarに語ったところでは、ペブルビーチにて公開したコンセプトカー「PB18 e-tron」の市販化に向け、現在本社に強力に働きかけている、とのこと。 なおPB18 e-tronの大きな特徴はインテリアにあり、ステアリングコラムとシート、その他操作系が一緒になったユニットが右に左にと動き、つまり「右ハンドルにも、左ハンドルにも、センターハンドルにも」なる、とい ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

ブラバスが新型メルセデス・ベンツAクラスのカスタム「B25」公開。ベースはAMGではなくA250、これはいいかも

| ブラバスがなぜかメルセデスAMG A35ではなくA250をチューンした | ブラバス(BRABUS)がメルセデス・ベンツA250のチューニングプログラム「B25」を発表。 AMGモデルの”A35”ではなく、通常ラインのA250をベースとしたところがミソとなっています。 エンジンはブラバスの「PowerXtra」パッケージによってノーマルの224馬力から46馬力アップの270馬力となり、0-100キロ加速は5.9秒、最高速度は時速250キロをマーク。 なおメルセデスAMG A35は306馬力、0-100 ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

「セイコー×ジウジアーロ」復刻腕時計を買ってみた!イタ車乗りには「イタリアンカラー」バージョンだ!

| 予約していたセイコー・ジウジアーロがやってきた | さて、先日”19年ぶり”に復刻されると紹介した「セイコー×ジウジアーロ」デジタル腕時計ですが、予約していた”エストネーション”モデルが早速やってきたので紹介したいと思います(セイコー本体が販売するものに比較すると発売が1ヶ月近く遅く、おそらくはセイコーがオリジナルモデルとの競合を避けるためにデリバリーを遅らせたのだと思われる)。 このセイコー×ジウジアーロはもともと35年前に「スピードマスター」として発売されたものですが、その後商標の関係か「スピード ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >韓国の自動車メーカー ■ニュース

【統計】最も壊れにくいのはトヨタ、修理費が最も安いのはマツダ。疑惑の韓国勢も上位にランクイン

故障のカウントはチェックランプベース。韓国車はチェックランプが簡単に点かないのか 今回、「CarMD」が各メーカーの自動車に発生するトラブル(エンジンチェックランプの点灯回数をカウント)をまとめ、かつ修理コストについて統計をとった結果を発表。これは1996年式から2018年式までの560万台を調査した大々的なもので、その母数を考えるとけっこう「アテにしていい」データかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿2018年品質調査。韓国勢が1-3位独占、もっとも改善したのはマツダ、一番信頼できるクルマはポルシ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911カブリオレには蛍光っぽいグリーンも追加?新しい形状のヘッドライトも

ポルシェは1990年代風の明るいボディカラーを復活させる? さて、すでに新型ポルシェ911カレラSが発表されていますが、続々とそのバリエーションがテスト中。これまでにも911カブリオレ、911ターボ、911GT3といったバリエーションが目撃される中、今回はそのうちの911カブリオレ、しかし「これまでに無い「新ボディカラー」を身にまとったプロトタイプが激写されることに。 そのボディカラーはなんと「蛍光グリーンっぽい」明るい緑で、マカンに採用された「マンバグリーンメタリック」も驚きではあるものの、このグリーン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ニュル最速、ポルシェ911GT2RS「MR」の価格が公開。7秒を削るのに1226万円の「MRキット」装着が必要

「標準の」911GT2RSは3656万円、つまり合計で4882万円 現在、ニュルブルクリンクの「王座」争いはランボルギーニとポルシェによって行われており、まず2017年に、2013年以来王座にあったポルシェ918スパイダーの記録(6:57.00)を、ランボルギーニが「ウラカン・ペルフォルマンテ」で更新(6:52.01)。するとその直後にポルシェが「911GT2 RS」にてさらにタイムを短縮し(6:47.03)、さらにランボルギーニは6:44.97にてこれを破ることとなっています。そして問題は「その後」で、 ...

ReadMore

>フォード(FORD) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

まさかの「ランボルギーニをマスタングに」改造したクルマ。見た目はFR、実はミドシップ

ポルシェ911ターボのパーツも使用、この仕上げは驚くべきレベル アメリカンマッスルカーとイタリアンスーパースポーツとは「パフォーマンスは似ていても」その性質は大きく異なり、それぞれにファンが付いている、という状況かと思います。そしてイタリアンスーパースポーツにはミドシップが多く、アメリカンマッスルにはFRが多いようにも思いますが、なんと今回登場するのは「その両方」をかけあわせてしまったクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿これまで見たカスタム・マスタングの中でNo.1。英国空軍モチーフのマスタングGTが登場 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリはパーツだけでもやっぱりフェラーリ!399台が限定販売されたエンツォフェラーリのエンジン単体が4100万円で販売中

フェラーリのパーツは「腐っても(腐ってないけど)」鯛。どんな状態でも最高の価値を発揮する ebayにて、エンツォフェラーリ(2003)のエンジン単体が販売中。6リッター自然吸気V12、出力は650馬力というスペックですが、販売者の掲げる即決価格はなんと「4100万円」。フェラーリ812スーパーファストの新車価格が3910万円ということを考えると「異常」とも言える価格設定とも考えられそう。 ただ、エンツォフェラーリは現在3億円近い価格で取引されるクルマでもあり、その価格を考えると、クルマの中でも大きな価値を ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなものを買った。ナイキのテックパックダウンベスト、テックフリース ジョガー

ナイキは誕生月には15%オフのクーポンを送ってきてくれる さて、最近買ったもの三連発。すべてナイキの製品ですが、これはナイキオンラインストアに会員登録しておくと、誕生月に「全ての製品を15%引きで購入できる」ため(そう、ぼくは12月が誕生月)。よって、安く買える機会を狙って購入したということになりますが、この「15%引き」は誕生月であれば何度も利用できるのがいいですね。 こちらもオススメ、関連投稿最近買ったもの。ナイキのテックフリースパンツ、プーマ ×STAMPDコラボパーカーナイキがテックフリースの新作 ...

ReadMore



>ポルシェ911関連 >ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 >フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・ウラカン関連

ポルシェに求めるもの、ランボルギーニやフェラーリとの違いについて

更新日:

何を求めてポルシェを買うのか?

IMG_7096

ぼくがポルシェに求めるのは走行性能ではない

ぼくがポルシェに対して求めるものは何か?と考えた場合、それは「走行性能」ではないのですね。
ぼくはさほど飛ばしませんし、サーキットもほとんど走らないので、極限における性能は不要です。
よって、GT系に魅力は感じますが、おそらく購入することはないだろう、と考えています(まさに”持て余して”しまう)。
実際にスピードが出るに越したことはありませんが、ぼくはそれより「スピードが出そうな外観」を好む傾向にあり、そのためにスーパーカーに惹かれるのかもしれません。








ポルシェのGT系については、サーキットでのタイムが大きく意味を持つ車ですが、フェラーリやランボルギーニはそうではないと考えています(そのためにオフィシャルでは、一部モデルを除いてタイムを公表していない。そもそもプライベーターが純正状態でサーキットを走るならば、ポルシェもしくはGT-Rのほうがずっと向いているように思える)。
よってフェラーリ、ランボルギーニは「存在してこそ(存在自体に)意義がある」車、とぼくは捉らえているのですね。

ポルシェは乗ってナンボだ

ではポルシェは?と聞かれると「乗ってナンボ」の車だと思います。
ただ、「乗って」の定義が人によって変わる、と考えます。
ぼくのように「日常的に乗る」場合もあれば、「サーキットでタイムを削る」場合もあります。
それは人それぞれで、ポルシェは人それぞれの目的のために、幅広い車を用意しているのかもしれません(現在、ポルシェ911シリーズだけで21種類もある)。
そのため、ぼくの目的においては「乗りやすさ」「維持費」が重要であり、そのためにボクスターのベースモデルや、今考えているマカン(もちろんベースモデル)がマッチしている、と考えるのです。
存在するだけでは意味が薄く、かつ「車の造られた目的に合わない」使い方をしてしまうと存在意義すら希薄になるのがポルシェだとも考えています(そこが質実剛健なドイツと、快楽を追求するイタリアとの差かもしれない)。

IMG_7131

逆にフェラーリやランボルギーニのほうが「広い目的に」マッチするのかもしれません(セレブが買い物に使用しても、腕に覚えのあるドライバーがサーキットで走っても)。
不思議なものですが、フェラーリ458、488GTB、ランボルギーニ・ウラカンのような「それぞれのブランドのエントリーモデル(と言って良いものか)」は、言うなればボクスターだと「2.7モデルから今後登場するスパイダー」、911だと「911カレラから911GT3RSまで」、ケイマンだと「ベースモデルからGT4まで」の性格、つまりポルシェだとそのモデルの下から上までの性質を含有しているように思われます。

それぞれ前の世代のフェラーリF430、ランボルギーニ・ガヤルドではそう感じたことはなかったのですが、現行のV8フェラーリ、V10ランボルギーニでは間違いなくそう(ポルシェのベース~トップグレードまでカバー)感じるのですね。
以前は、ポルシェ911GT3に対応するものがフェラーリF430だったりランボルギーニ・ガヤルドであったと言えますが、現在のフェラーリ458(488GTB)、ランボルギーニ・ウラカンはポルシェ911(ベースモデル)の性格も、ポルシェ911GT3の性格も持ち合わせている、ということですね。

この部分が、以前に「ウラカンと組み合わせる車としては、ボクスターはウラカンと性格が重複している」とアップした部分でもあります。

名称未設定-1

 

ポルシェの各モデルにはそれぞれの役割が細分化され割り当てられている

ポルシェはモデルが細分化した分、それぞれのモデルのカバーする領域も限定されるようになり、しかしフェラーリやランボルギーニはモデル数が少ないためにそれぞれのカバーする領域が広くなっているのではないか、ということです。
ポルシェは限定された目的に各モデル内グレードを対応させ、モデル内(ボクスター、ケイマン、911)での競合を食い止めながらも、同時にモデルレンジ自体の幅を拡大しているわけです(モデル内で各グレードの守備範囲を広くすると、グレード間でカニバリズムが発生する)。

ポルシェは年産20万台を目指しており、そうするとBMWやメルセデス・ベンツ、アウディの一部を獲得する必要があります。
そのためには、「今までポルシェを買わなかった」層にアピールすることも必要で、こういった戦略になるのでしょうね。
「今まで買わなかった人に買わせる」のはランボルギーニやフェラーリも同じで、「究極の走行性能」を求める人だけをターゲットにすると市場が小さく(かつ、今ではレッドオーシャン)、そのためには「走行性能はさほど重視しないが、格好良い車、希少性の高い車に乗りたい」という要望を満たすために「乗り心地が良くなったり」していると考えられます。

IMG_7107

テクノロジーの進歩がポルシェを大きく変えた

ただし、それは容易に出来ることではなく、両方(カバーする範囲を狭める/広くする)の実現はテクノロジーが可能にした、とぼくは考えています。

ボクスターのベースモデルの乗り心地が良くなり日常性が増したのもテクノロジーのおかげで、GT3系のような速さを実現できたのもテクノロジーのおかげだと思います(可変エンジンマウントやターボに採用されるVTGは凄い技術だと思う)。
そう考えると、ポルシェにおける「幅」つまり日常性とサーキット性能、という守備範囲もそれが拡がり、深くなってきていると言えますね。
日常性だとセダン、サーキット性能だとレーシングカー、というところまで範囲が拡張されているのかもしれません。

そして同様に、ウラカンにおいてはマグネライドや可変ステアリングにて、日常~極限の状態まで対応できるようになったのもテクノロジーの賜物だと考えています。

そのような考え方もあって、ぼくは旧モデルに固執することはなく、常に「新しいテクノロジーに触れたい」と考えており、そのために最新モデルを好む傾向にあるのです。

なお、ぼくがポルシェに求めるものは「日常性」と「信頼性」であり、それに合ったモデルとなるとやはりベースグレードで、かつ日常性がもっとも高いと思われるマカンになると考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ポルシェ911関連, >ポルシェ・ケイマン関連, >ポルシェ・ボクスター関連, >フェラーリ(Ferrari), >ランボルギーニ・ウラカン関連
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.