■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミニ(MINI) ■ニュース

ミニが起死回生を賭けるピュアEV「ミニクーパーS E」の動画を公開し7/9に公開すると発表。しかし競争力を発揮できないだろうと思うその理由

| もはや”ミニだけしか持ちえない”優位性は失われた | ミニが初の量産EV「ミニクーパーS E」を7月9日に発表するとアナウンスし、それにあわせてティーザー動画も公開。現時点ではスペックについては一切語られず、しかし動画を見るとその姿は「紛れもないミニ」。走行する姿を見るに、つい先日目撃されたプロトタイプと同一のカラーリングを持っているようですが、該当プロトタイプが目撃されたのは今回のプロモーションビデオ撮影現場だったのかもしれませんね。 これがピュアエレクトリックMINI、「ミニクーパーS E」だ!偽 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

ニュルブルクリンクの市販車ラップタイムランキング最新版。2019年前半は大きな変動がなく上位安定

| 波乱の2018年とは大きく異なり天下は平定された | さて、2019年も半分を過ぎたため、ニュルブルクリンクのラップタイムのランキングを整理。ただ、2019年は大きな変動はなく、いくつかのクルマが上位以外に入ってきたくらい。具体的には43位のフェラーリ812スーパーファスト、56位のポルシェ718ケイマンGT4(暫定)、70位のBMW M5コンペティション、86位のルノー・メガーヌR.S.がランクインしています。 こちらもオススメ、関連投稿2018年11月の国内輸入車登録ランキング。ヒットが出るも「後 ...

ReadMore

>プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー2008発表!「208」をベースにしながらも更にアクティブかつスポーティーに。ピュアエレクトリックモデルも追加

| プジョーのデザインはここ数年で大きくライバルを引き離した | プジョーが新型2008を発表。2013年に発売された初代に続く2代目ということになりますが、欧州車にしてはけっこう早いタイミングでのモデルチェンジだと思います。おそらくは、ベースとなる208が新型へ移行したことで多くのパーツ/コンポーネントを流用できる、またそのほうが生産効率が良いであろうこと、そして競争が厳しいコンパクトSUVクラスでの競争力確保、といったところがその理由ではないかと考えています。 新型プジョー208発表!ライバルが一気に ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ612スカリエッティをワゴンボディにコンバートするコーチビルダー登場!「FFやGTC4ルッソで満足できない人」にオススメ

| その出来は内外装ともに純正をリスペクト。さらにワンオフ感も漂う | 歴史上、「フェラーリをワゴンにカスタム」した車両はいくつか存在しますが、ここにまた新たな一台が登場することに。これはVandenbrink Designが公開したもので、ベースは612スカリエッティ。正直、「最初からこうだったんじゃないか」と思えるほどの自然さを持っており、無理やりっぽさがまったく感じられないカスタムカーです。なお、もとのフェラーリ612スカリエッティはこんなクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かっ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ・ロードスターをNAのまま「リッターあたり100馬力超え」に。1馬力あたり1万円のリーズナブルなチューニングキット登場

| これまではハードルの高いターボキットしかラインアップれていなかった | マツダ・ロードスターのターボチューンで知られるイギリスのBBR。これまでも「ポン付けターボキット」等を発売してきたものの、今回は珍しく「ターボ無し、自然吸気エンジン」のままでパワーアップを目論むチューニングプログラムを発表。日本以外の国だとロードスターのエンジンは1.5リッターではなく2リッターを採用しているため、今回発表されたのも「2リッターSkyactiv-Gエンジン向け」ということになりますが、このチューニングキットには”得 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

中国にて違法登録されたフェラーリが押収→競売へ。なぜ中国では違法に登録される例が多いのかを考える

| スーパーカー一台にかかる税金は「もう一台分」に等しい | 中国にて、フェラーリ599GTBがなんと約3万円という開始価格からオークションへと出品されることに(しかも最低落札価格はない)。該当のフェラーリ599GTBは中国は南方のドンガンにて警察署が保管している個体で、保険未加入、かつ未登録が発覚したための押収された個体だそう(一部の国や地域では無保険は違法)。この(み保険、未登録という)事実は、このフェラーリが事故を起こした際に発覚したものだとされ、つまり装着されるナンバープレートも「違法に」取得した ...

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

アクラポヴィッチの炸裂音はハンパない!マフラーほかホンダCBR250RRのカスタム(2)

さて、購入したバイク、ホンダCBR250RRのカスタム第二弾。前回はETC車載器やフロントスクリーン、ビレットレバーなどを紹介しましたが、今回はそれに続くカスタムを紹介してみたいと思います。まずはアクラポヴィッチ(AKRAVOVIC)製マフラー。CBR250RR用のアクラポヴィッチ製マフラーには「競技用」と「合法(JMCA認定)とがありますが、ぼくが取り付けたのは「合法」アクラポヴィッチ。早朝や深夜に出入りすることがあるということ、そもそもマフラー交換は音量を変えたいわけではなく見た目の変化を求めたこと、 ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

コレ出たらゼッタイ買う!アウディTTのオフローダー、「TTサファリ」が公開に

| 今のところワンオフモデル、残念ながら市販化の可能性は低い | アウディがファンイベント向けに制作されたアウディTTのワンオフモデル、「TTサファリ」を公開。フォルクスワーゲン、アウディ、シュコダは毎年こういったイベントを開催しており、そのイベントにて「研修生が製作したカスタムカー」を公開するのもまた通例。フォルクスワーゲンは毎年ゴルフのカスタムカーを公開することでも知られていますね。 VWが毎年恒例の「GTI祭り」に380馬力のゴルフGTI、400馬力のゴルフRを出展。このまま市販して欲しいレベル こ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンの新型ミドシップスポーツ、AM-RB003の名称は正式に「ヴァルハラ」になると発表。限定500台、1.5億、1000馬力のハイパーカー

| どう考えても死角が見つからない | アストンマーティンがは開発中のハイパーカー「AM-RB003」について、その名称が「ヴァルハラ(Valhalla)」になると発表し、同時にロゴも公開しています。AM-RB003はその名からもわかる通り、「AM-RB001」ヴァルキリーに次ぐハイパーカー。※002が欠けているのは、ヴァルキリーAMR Proが”002”に該当するからだと思われるそしてヴァルキリー同様にレッドブル(RB)が開発に参加し、ヴァルキリーとの強い共通性が感じられるデザイン、そしてミドシップレイ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M2 CSのインテリアがはじめて目撃。なおボディパーツの多くはカーボン製とのウワサ

| 一説によると「想像するよりも遥かにアグレッシブな外観を持つ」という話も | 色々とウワサの絶えない期待のニューモデル、BMW M2 CS。これまでにも様々なスパイフォトが公開されていますが、今回は「インテリア」がはじめて捉えられることに。なお、今のところBMW CSについての確たる情報は少なく、すべては「ウワサ」程度にとどまります。

ReadMore



■服や小物、時計、雑貨など

セイコー・アストロンどうなん?ジウジアーロ限定モデルを考える

投稿日:2015/12/12 更新日:

名称未設定-11

最近ちょっと気になるセイコーアストロンの限定版、「SEIKO Astron Chorograph 2015 Giugiaro Design Ref.SBXB037」。
これは世界限定5000本で、その名の通りジウジアーロがデザインした腕時計。








当時のジウジアーロがデザインする最新の自動車「パルクール」の要素が入っており、かなりアバンギャルドなデザインと言えますね。

info_20150327_01

裏蓋にはホイール形状のデザインや、あちこちにイタリアントリコローレが入り、ブレスレットはチタン(黒)にセラミック(白)が組み合わせられるというデザイン。
インデックスのフォントもイタリックが用いられるなど、かなり凝った仕様となっています。

なお、下記が通常のモデルなので、いかにこの限定版がジウジアーロの本気によってデザインされているかがわかると思います。

名称未設定-1

ケースはチタン製でサイズ44.6ミリとかなり大柄。
ブレスレットは上述のようにチタンとセラミック。
通常であればぼくの購入検討の対象に入らない腕時計ですが、興味を持ったのはやはり「ジウジアーロ」というところが大きいですね。
イタルデザインの創始者であり、イタルデザインはVWがアウディグループに吸収され、その株式のほとんどをランボルギーニが保有している、というのが興味を持つきっかけ。

そしてなぜ通常は購入検討の対象に入らかいのかというと、ぼくはメカメカしい腕時計には興味を感じるものの、それよりももっとパーツの一つ一つが大きな腕時計が好きなため、と言えます。
普及価格帯だとニクソンや、それより上だとUボート、ベル&ロスがその典型ですね。
かつ独特のケース形状(これもベル&ロスやパシャ、ロイヤルオークなど)が好きであり、セイコーやシチズンのように「普通の形状の中に最先端の機能を詰め込む」という日本車的なところにあまりお金は払えない、と感じているためです(ただし嫌いではない)。

なおセイコーは日本有数の時計メーカーであり、その高い技術力は世界中で認められるところ。
安価なものから高価なものまでラインナップを揃えるのも世界で類を見ないところですね。

ぼくも過去にセイコーといえばスピードマスター(ジウジアーロデザインのデジタル)、スカイプロフェッショナル、メドゥーサなど様々なモデルを愛用してきましたが、それなりに記憶に残っています。

ですが、それらはいずれも特殊なモデルで、シンプルなセイコーウォッチはなかなか購入対象にはのぼりません。
とくにグランドセイコーはその見た目と価格が吊り合わないと考えているわけですね。
ただしあくまでもそれは「見た目」の話で、その保証体制や耐久性、高い加工品質においては比類ないということはよく理解しています(技師はそれぞれ固有の、そして個人の体型にあった机を使用して作業するところなどクラフトマンシップに対しても)。

ただ、この外見で65万円はちょっとキツいなあ、と思うのです。
言うなればパテック・フィリップにお金を払うようなもので、見栄っ張りのぼくとしては普通の外見にここまでの大金は払えない、と考えるのですね。

SBGH039

話をアストロンに戻しますが、アストロンは世界初のGPSソーラー腕時計であり、現在でも唯一全タイムゾーンに対応する腕時計でもあります。
ぼくは現在こういった高機能な腕時計を保有しておらず、一本は所有してみたいと考えるのですが、価格がいかんせん高価(324000円)。

この金額があればベル&ロス(BR-01)の中古が買えるなあ、と考えたりするとなかなか手がでないわけですね。

ただしこの腕時計は限定モデルでもあり、購入をためらううちに市場から姿を消してしまうことも考えられ、早めの決断が必要だとは認識しています。

関連投稿:セイコーとジウジアーロのあらたなるコラボウォッチ「アストロン8X」

セイコーとジウジアーロについて、以前にUPしたとおり浅からぬ関係があるわけですが、今回は「アストロン」シリーズにて、ジウジアーロとのコラボ腕時計が誕生。
発売は2015/7月、5000本限定で価格は324000円。

アストロンというと高級GPSウォッチですが、その最新シリーズ「8X」シリーズにジウジアーロがデザインを加えたものとなります。

ケースやストラップを一からデザインしたものではありませんが、既存モデルの細部にまで手が入り、イタリアン・トリコローレがあしらわれていますね。
替えで付属するレザーストラップのステッチ、スモールセコンドなどにも赤、白、緑の三色があり、メタルブレスにはストライプが入ります。

デザインコンセプトは「アヴァンギャルド」ということで、腕時計らしくないデザインが特徴。
インデックスもイタリアン(斜体)、ケースバックには最近のVWアウディグループのホイールっぽいデザイン(ランボルギーニ・ウラカンの”ミマス”のような)を採用、ボックスも専用のライン入りであったり、とスペシャル感満載であります。

なお、ジウジアーロは一昨年あたりに「パルクール」のライン入りモデル(かつイタリアントリコローレを用いている)を発表しており、これに近いイメージですね。
パルクールはランボルギーニ・ガヤルドのエンジンと車体をベースに、サスペンション(多分プッシュロッドになっていた)とトランスミッション(6速シングルクラッチから7速ツインクラッチへ)を変更したもので、高いロードクリアランスが特徴。
後にアウディがこれを活用して「ナヌーク・コンセプト」を発表しましたが、これもぜひ発売して欲しいコンセプトカーのひとつです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

-■服や小物、時計、雑貨など
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.