>フェラーリ(Ferrari) ■近況について ■外国ネタ・旅行など

フェラーリワールドへ行ってきた。試作品を置いてある「ガレリア・フェラーリ」など展示物を紹介

投稿日:2017/03/15 更新日:

フェラーリ・ワールド・アブダビの中にある「ガレリア・フェラーリ(Galleria Ferrari)」。
これはけっこう見ごたえのあるもので、フェラーリ現行世代の開発途中モデル(クレイモデル?)に加えてプロトタイプを展示。

2011年"Tenso"。

GTC4ルッソのインテリア・リファレンス・モデル。
外装はなく、バスタブ状シャシーの中にインテリアが再現されています。

こちらもGTC4ルッソの外装リファレンスモデル。

こちらはGTC4ルッソのクレイモデル。
微妙に市販モデルとは形状が異なりますね。

F12TRSリファレンスモデル。
F12TRSはワンオフモデルであり、リファレンスモデルといえども実際に見るのは初めて。

こちらのFXX Kもモックのようですね。

488スパイダー。

このラ・フェラーリもやはりリファレンスモデル。

ガレリア・フェラーリの室内。

こちらは別のスペースですが、古いレーシングカー。

ここでちょっと食事。
館内にはしっかりしたレストラン「リストランテ・カヴァリーノ」からファミレス風の「マンマ・ロッセリア」、カフェ「エスプレッソ・ロッソ」などがありますが、今回は「オフィサーズ・フードクォーターズ」へ。
イタリアとアラブ料理を融合させたファストフード、という感じですね。

アラブ風のゴマを使用したピザにポテト、モッツァレラチーズのフライ、何か巻いたアラブ風のラップサンド、フライドポテト。
ポテトの入れ物やナプキンも「フェラーリ」で、この辺りはとことん「非日常」を演出しています(その辺に置いてある花瓶にまで跳ね馬のマークがある)。

なおファストフードといえども注文してからちゃんと作ってくれるので、出来上がりを知らせてくれるアラームを持たされます。

ゴミ箱の「取っ手」はシフトノブ風。

その他周辺の様子など。
いたるところにイタリア風、そしてフェラーリっぽい演出があり、しかし妙に落ち着く空間となっていて、家族や、子供に付き添ってきたフェラーリに興味のない人でも楽しめるようになっているのはいいですね(ぼくはもっとハードなフェラーリファンが集まる場所かと考えていたのですが、実際は非常にフレンドリーな雰囲気があり、逆にフェラーリに興味のない人でもフェラーリファンになってしまうほど)。

各アトラクション脇には、一緒に来たものの「乗らない」人が休憩したり見守ったりする場所が設けられていて、非常によく考えられた施設だと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->フェラーリ(Ferrari), ■近況について, ■外国ネタ・旅行など
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.