>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】新型MR2が登場したらこうなる!カーデザイナーがCGを作成するも実際のところMR2は発売されるのか?

| トヨタは新型スポーツカーの発売を示唆してはいるが | カーデザイナーそしてユーチューバーでもあるスケッチモンキー氏が「新型トヨタMR2」のデザインを自身で考え、作成してみた動画を公開。「新型」MR2については様々なウワサが出ており、まずトヨタ自身は「86、スープラ、MR2をスポーツカーの3本柱にしたい」とコメント。86はエントリーモデルの役割を担い、スープラはよりハイパフォーマンスというポジショニングだと思いますが、そこでMR2がどういったポジションになるのかは気になるところです(エントリーだと86と ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

なんと南アフリカでは70系ランドクルーザーが現役で販売されている!さらにインフォテイメントシステム、LED室内灯を装備したニューモデル「ナミブ」を投入

| 驚くべきことにFJクルーザーも現役モデル | 70系ランドクルーザーというと従来型メルセデス・ベンツGクラス、先代ランドローバー・ディフェンダーとともに「80年代のオフローダー」を代表する一台。70系ランクルは1984年に発売されていますが、日本国内では1989年に80系、1999年には100系、2007年には現行200系へと移行しています。なお、70系ランクルは「発売30周年」を記念し、2014年8月25日から2015年6月30日までの期間限定モデルとして復活したものの現在は新車で(当然)購入できず ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

凄いの出た!未登録、「新車」のホンダS2000が競売に。しかも後期型AP2の最終モデル、開始価格は1000万円以上

| おそらく、これ以上のコンディションを持つS2000は二度と出てこない | 米ebayに走行わずか153km、つまり「ほぼ新車」のホンダS2000が登場。さらに驚くのは「このクルマは一度も登録されたことはなく」、書類の上でも新車であること。さらにモデルイヤーは2009で、後期型S2000(AP2)の最後の最後ということになりますね。開始価格は98,888ドル、つまり1000万円オーバーという値付けになりますが、コレクターにとっては何としても手に入れておきたい一台かもしれません。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

北米より新型スープラ向けのエアロパーツが登場!オーバーフェンダーなしでもこの迫力

| 実車はSEMAに展示し、パーツも間もなく発売予定 | 現在北米ではスープラのカスタム/チューンが加熱しており、ラスベガスにて開催されるチューニングカーの祭典「SEMA」では様々な改造がなされたスープラが展示される見込み。そしてその中のひとつになるであろう、エヴァーシブモータースポーツ(Evasive Motorsport)が自身のFacebook上にて、「フルエアロスープラ」を展示すると発表。そして嬉しいことに、これは「ワンオフ」ではなく、実際にキットとして発売される、と述べています。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

東京MSに新型トヨタ86/スバルBRZコンセプト出展のウワサ。現行改良型プラットフォーム採用、一説ではターボエンジン搭載も

| ただしボクは「ターボエンジンはない」と考えている | トヨタは新型スープラの配備と納車を開始したところですが、早くも「次期86」のウワサ。10月24日から開催される東京モーターショーにて次期86を示唆するコンセプトカーが登場し、2021年に販売されるのではと言われています。現段階では「確定」ではないものの、次期86も現行モデル同様、トヨタとスバルとのジョイントによって開発されると言われているようですが(少なくともスバルはそう望んでいる)、スープラの評判が高いだけに新型86がどうなるのかは非常に気になる ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

なぜホワイトじゃないッ!ホンダe「タイプR」、そしてランドローバー・でフィフェンダー「ピックアップ」のレンダリングが登場

| やはり日本人的にはタイプRといえばホワイト | ニューモデルが登場した際のお約束、「もしも系レンダリング」。今回も発表されたばかりのEV「ホンダe」、「ランドローバー・ディフェンダー」の「もしもこんなバージョンがあったら」というレンダリングが登場しています。ちなみに両者とも公式に「ない」とそれぞれのメーカーから否定されており、よって完全に「IF設定」となりますね。

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティ「シロンに続くモデルを考えている。日常的に乗れる4ドアが候補だが、そのための資金がない」。親会社であるVWはエレクトリック化偏重で資金を回してくれない?

| ブガッティは株式公開(IPO)も考えておらず、資金調達の方法を思案中 | ブガッティCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏がAutomotive News Europeのインタビューに答えたところによると、「シロンに続くニューモデルを考えている」とのこと。この「シロンに続く」ニューモデルについてはこれまでにも様々な噂が出ており、4ドア(画像のガリビエール・コンセプトのような)、もしくはSUVになる、という話も。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

これ公式ですってよ。初めて「メルセデス」の名が冠されたクルマへのオマージュ「ヴィジョン・メルセデス・シンプレックス」。街中のコミューターはもうこれでいいじゃない

| クルマの考え方そのものも自動車黎明期に遡る次期なのかもしれない | メルセデス・ベンツのデザインチームが「ヴィジョン・メルセデス・シンプレックス」を発表。これは「デザイン・エッセンシャル2019」出展のために考案されたもので、もちろん市販予定はナシ(残念)。これは1901年のメルセデス35PSへのオマージュで、ブランドの起源を示したものだそう。なお、メルセデス35PSは文字どおり(当時としてはかなり強力な)35PSを発生するエンジンを搭載し、当時のレースシーンを席巻したことでも有名ですね。ちなみに、こ ...

ReadMore

>三菱(MITSUBISHI) ■ニュース

ガンダムか何か出すん?三菱が東京MSに出展する、クルマとは思えないコンセプトカーの画像を公開

| 三菱はこれを「小型SUV」と言うが | 三菱が東京モーターショーに向けてスペシャルサイトをオープンさせるとともに、「スモールサイズの電動SUVコンセプトカーを発表」すると発表。あわせて一枚のティーザー画像を公開していますが、ここだけ見るとクルマとは思えず、宇宙船かモビルスーツにしか見えない、と思います。なお、三菱のブランドメッセージは「Drive your Ambition」で、これは”「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」という志を持ったお客様の、想いに応えるクルマづくりを表現する”こと ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデス・ベンツが「年内にGLSマイバッハ発売」と明言。ベンテイガやカリナンに対抗する超高級SUV

| 製造はアメリカ国内、そしてアメリカで製造されるもっとも高価なクルマに | Autocarによると、年末あたりにメルセデス・ベンツがGLSをベースにした超高級SUV「GLSマイバッハ」を発売する、とのこと。そして「マイバッハ」の名にふさわしく、マイバッハSクラス同様に究極のゴージャスさを身にまとうとされています。なお、ベースとなるGLSは今年の春にフルモデルチェンジを迎えており、最新のプラットフォームやインフォテイメントシステム、ソフトウエアを持ち、マイバッハたる資質十分。 メルセデス・ベンツの最上級S ...

ReadMore

おすすめ記事

このブログのおすすめ記事について

あまりに記事の量が多くなってしまい、初めて来た方にはこのブログがそもそも何を意図しているのかわからないと思います。

大きく分けるとこのブログは

・自動車関連のニュースや試乗レポート
・自分が所有している/していた車の購入記、カスタムやメンテナンスの記録
・ぼくが日々考えること

の3つに大別されます。

その中でも特に人気の高かった記事について下にピックアップしますので、暇つぶしにでも見ていただければと思います。

試乗レポートについて

・自動車ディーラー訪問時に気をつけること5選。「腕時計」「車」「挨拶」「服」「話題」
・なぜ試乗を行うのか?乗らないとわからないから。そこから得られるものについて考える
・迷ったらこれで間違い無し、新型トヨタ86に試乗。現在もっとも純粋な国産スポーツカー
・アバルト124スパイダーに試乗する。これは「マツダが本当に作りたかったロードスター」だ
・文字どおり跳ね”馬”。車でありながら機械よりも馬に近い、フェラーリ488スパイダーに試乗する
・マクラーレン540Cに試乗する。コイツは戦闘力抜群のポルシェイーターだ
・ポルシェ718ボクスター試乗。ターボ化によってエンジン特性と性格が劇的に変化
・これでオレは無敵になった。(と錯覚するほどの)フェラーリ488GTBに試乗する
・ポルシェ911(991.2)に試乗する。ターボエンジン搭載なれどNAよりNA的だ
・ちょっと待て。こんなに安くていいのか?アルトワークスに試乗する
・買うならやっぱりスタンダードモデル。ポルシェ・マカンに試乗する
・買わない理由が見当たらない。マツダの印象をひっくり返す、CX-3に試乗する
・これは車じゃない。戦闘機だ。アルファロメオ4Cに試乗する
・速く快適で安全。人も物も乗る最強の車、VWゴルフRに試乗
・テスラ・モデルXに試乗する。今年の試乗中、間違いなく最高評価となる一台
・540Cと570Sのいいとこ取り。快適かつ俊敏なマクラーレン570GTに試乗する
・【試乗:アストンマーティンDB11】英国、007といった「アストンらしさ」が詰まった珠玉の一台
・【試乗:レクサスLC500h】筋肉質でエレガント、例えるなら細マッチョ。本気で欲しい一台
・スバルにXV試乗。これだけの完成度、楽しさがあれば高いお金を出して輸入車を購入する意味はない?
・まだ日本に2台しかないAMG E63 S 4MATIC+に試乗。物理の法則すら捻じ曲げる驚愕体験
・価格に比べ装備充実のVWゴルフGTI試乗。比類ないコストパフォーマンスを誇るホットハッチ
・【試乗】ランボルギーニ・アヴェンタドールS。全幅2M、価格5000万円超。何もが規格外のスーパーカーに乗る

その他自動車関連

・フェラーリはローンで買うと毎月いくら?→BMWとそう変わらない支払いで買えることが判明
・ホンダNSXの商談をしてきた。見積もり総額2791万円、支払いについて考える
ニュルブルクリンクのラップタイム2017年版。ウラカン・ペルフォルマンテ、AMG GT Rがランクイン
0-100km/h加速ランキング2017年版。ジュネーブでのニューモデル、国産車を追加
・「ハイブリッドは10万キロ/10年乗らないと元が取れない」は本当か?検証してみた
・フェラーリが速い車を発売→「日本では不要」。ホンダがNSXを発売→「NSXは世界一!」。なぜなのか
・予算100万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・予算200万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・予算300万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・予算400万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・予算500万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・予算600万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・年齢と、それに「見合った」車について考える
・国産車ディーラーを訪問すると決まって聞かれる「ご予算は?」について
・高額な車に乗ってディーラーへ行くと対応が変わるのか?を考える(2)
・着て行く服でカーディーラーの対応は変わるのか?を考えてみる
・高額な車に乗って自動車ディーラーを訪問すると対応は変わるのかを考える
・スーパーカーを買えるお金と要望があってもそれを買わないのはなぜか、を考える
・ポルシェの営業利益率は世界トップクラス。各ブランドの利益を見てみる
・国産スポーツカーの中古価格が謎の急騰。原因は「25年ルール」
・マクラーレン540C見積取得→支払いプラン検討→月5万円でも購入できるという事実が発覚
・東洋経済が明かすランボルギーニの真実「フェルッチオはフェラーリに抗議に行かなかった」
・ハイパフォーマンスカーの価格を考える。フェラーリV8は15年で倍の価格に
・スーパーカーのキーはどうなっている?フェラーリ、ブガッティ、アストンなどのキーを見てみよう
・自分の考える、勝手な自動車メーカーのイメージについて(国産メーカー編)
・自分の考える、勝手な自動車メーカーのイメージについて(輸入車編)
・意外とある?ランボルギーについて知られていない12のこと
・"Lamborghini Day"へ行ってきた。ドメニカリCEOも来日、チェンテナリオがお披露目に
・格好良い車のホイールは何がある?古今東西、記憶に残るものを集めてみた
・結構あるよ品質差。日本車と欧州車の塗装の差異について考える
・中古フェラーリ、F355の価格は12年前と変わっていないという事実
・エレガントで知的に見える?4座の中古オープンカー購入を考える(ベンツ、ジャガー、BMW、レクサス)
・売却に有利なメーカーは?残存価格を(国産/輸入車かかわらず)勝手にまとめてみる
・「輸入車の中古は壊れる」は本当か?思い返してみたが本当のような気がしてきた件
・フェラーリ、レクサス、ポルシェなどメーカーの認定中古車はなぜ高い?その意図を考える
・スーパーカーはどうやって購入するの?ディーラー訪問から納車までを記載してみる
・(マクラーレン編)スーパーカー/スポーツカーのオプション価格はこうなっている
・スーパーカーもエンターテイメント重視の時代へ突入か。メーターやバブリングに思う
・スーパーカーのドアはこれだけの種類がある。ガルウイング、シザードア、スワンスイングほか
・ポップアップヘッドライトが好きだ。リトラクタブルライトを愛する男がライトのコンピレーション動画を公開
・なぜ限定スーパーカーの価格は天井知らずに?その構造と「購入条件」を考える
・ポルシェは一台売って194万円、フェラーリは一台あたり1012万円の利益があるという統計
・フェラーリ、ランボルギーニなどスーパーカーはなぜ燃える?その理由を考えてみよう
・なぜランボルギーニは一般に人気が出ないのか?を考える
・意外とある?ランボルギーについて知られていない12のこと
・アストンマーティンの「15の知られざる事実」。エンブレムは古代エジプトに由来するものだった

自身のクルマに関するカスタムやインプレッションなど

・ウラカン納車一年。ここでかかった費用(メンテナンス/カスタムなど)を集計。904,871円
・ぼくはいかにしてスーパーカーに乗るときにジャージを着るようになったのか?を考える
・スーパーカー/スポーツカーに乗るということをもう一度考えてみる
・車を購入する時に期待するもの。それは人生を変えてくれる”何か”
・ポルシェの購入を検討だ。「なぜポルシェ」なのかを考える
・結局どうなん?売ると後悔しそうな1年半、3万キロ走ったBMW i3の去就について考える
・今までに売った車で後悔したものはある?ちょっと思い返してみた
・BMW i3の売却価格を調査→たった一年で半額に。今までの車はどうだったのか比較
・ウラカンに乗って1年半。気に入っているところ、そうでないところ、その他印象をまとめてみる
・ポルシェ浪人開始。ポルシェ(ボクスター)売却後に想うこと
・ランボルギーニに関わる5つの真実。都市伝説との差異を考える
・ポルシェにかかわる4つの真実。都市伝説と事実との差異を考える
・「オレ、ランボルギーニ買うわ」。そう言い放ったときの女性の反応について考える
・(ポルシェ911編)スーパーカー/スポーツカーのオプション価格はこうなっている
・なぜランボルギーニは一般に人気が出ないのか?を考える
・(ランボルギーニ編)スーパーカー/スポーツカーのオプション価格はこうなっている
・ポルシェに求めるもの、ランボルギーニやフェラーリとの違いについて
・「なぜフェラーリではなくてランボルギーニなのか」を理論的に考える
・よく聞かれる質問。ランボルギーニってどれくらいうるさいの?
・ランボルギーニはどうやって買う?購入時の疑問点などQ&Aをまとめてみた
・ランボルギーニ・ウラカン納車から二年。その印象とスーパーカーを考える
・ランボルギーニ・アヴェンタドールSを買おうと思う。人生に挑戦は必要だ
・ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4購入の経緯
・ランボルギーニ・ガヤルドを購入したことと、それによる人生の変化

日々考えることなど

・自動車に対するスタンス、そしてランボルギーニ・ウラカン
・買い替えたくなるものとそうでないもの。買い替えサイクルについて考える
・人生の転機というか、ちょっとしたきっかけのようなもの(2)
・どちらも似たようなもの?車の運転と人生の対処について考える
・わが一族に流れるギャンブラーの血。各世代に一人は誕生する模様
・日本とアメリカの「起業」の違いについて考える。そのビジネスモデルの差は
・車、腕時計、靴や服など。使って/身につけて楽しいと感じる要素は何かを考える
・ロレックスなど高額な腕時計をしていて周囲の反応は変わるのか?実体験に基づく検証
・人に言われて心に残る一言。「いい男には何度でもチャンスがある」
・人はなぜ怒るのかを考える→たぶんに人に期待しすぎているから
・人に言われて心に残る一言。「金の使い方が間違っている」
・なぜ日本人はネガティブ傾向が強いのか。自分のスタンスもあわせて考える
・「ぼくは、あの頃、もっと多くのことを成し遂げられると思っていた」。後悔しないためには
・同じ予算であれば高いものひとつか、安いもの複数か。どちらが幸せ?

そのほか、アクセスの高かった記事

・人気なくなったん?レクサスLFAの中古価格が下がり、ちょっと前の半分で販売中
・またまた納屋で眠っていた希少車。今度はカウンタック3台や走行60キロの911スピードスターなど一気に10台以上
・500万円で購入した9年落ちのアストンマーティンを維持するにはこれくらいかかる、という動画が公開に
・清水草一氏「フェラーリ458を2580万円で買って5年後に2200万円で売却できた」
・エンツォを激怒させたいわくつきのケーニッヒ・テスタロッサがオークションに登場
・「速いと思われたのに実は遅かった」車8選。フェラーリ、ポルシェもランクイン
・「中古フェラーリは買うな」。F355を購入したユーチューバーがその高額な修理費用を公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

投稿日:2016/08/31 更新日:

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.