>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

新型BMW 7シリーズ発表!「キドニーグリルは40%大きくなり、5cm高くなった」。なおBMWエンブレムもあわせて巨大化

これでBMWも「脱金太郎飴」デザインへとシフト 直前にオフィシャルフォトがリークされてしまった新型BMW 7シリーズが公式に公開。今回は「新型」とはいえどもフェイスリフト(マイナーチェンジ)に該当する改良となります。ただ、内外装において「見える部分」は大幅にアップデートされており、アッパーマーケットにおいて影響力を強めようというBMWの強い意思を見て取れる内容となっているようですね。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型トヨタGRスープラにはMT追加の可能性も。「無視できないほどの要望があればMT搭載も考えねばならない」

過去にはMTを実際にテスト済み、その上でATのみとした経緯も GRスープラが発表されてから数日が経ちましたが、市場の反応は概ね良好。おそらくは最大の市場となる北米からもとくにネガティブな意見は出ていないようで、そのほとんどは好意的、いや熱狂的とも言えるものばかり。新型GRスープラはBMW Z4との共同開発ではありますが、目に入る部分でZ4との共通点は(ドアミラーを除くと)見当たらず、トヨタのデザイナーは本当にいい仕事をした、と考えています。 なお、新型GRスープラは非常に複雑な面構成を持っていて、それはお ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン600LTスパイダー参上。グローブボックスなし、カーペットもなし。リトラクタブルルーフは「布よりも軽い」

完全に妥協を廃したピュアスポーツ マクラーレンが先般よりティーザーキャンペーンを展開していた「600LTスパイダー」を公開。「600LT」は570Sをベースにしたマクラーレンきってのハードコアモデルですが、そのオープンモデルが「600LTスパイダー」となります。 ”マクラーレンオレンジ”の600LTが公開。加えて本国価格は185500ポンド(2750万円)と発表

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >スバル(SUBARU) ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

香港では日本車人気が加速中!GT-Rやシビック・タイプR、スバルBRZのほかミニバンのカスタムも大人気

香港で人気の日本社ははスポーツモデルかミニバンだ さて、香港で見かけた日本車たちを紹介。香港は日本やイギリスと同じ「右ハンドル」国ということで古くから日本車が輸出されており、そのため日本車の人気がもともと高い地域でもあります。そして現在人気の日本車というと「スポーツカー」「ミニバン」。そのほかだとコンパクトカーは時々見かけるものの、セダンは欧州勢(特にジャーマンスリー)に押されて日本車はあまり走っていないようですね。※せいぜいレクサスのセダンくらい

ReadMore

>フォード(FORD) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

フォルクスワーゲンとフォードが提携!電気自動車や自動運転関連技術を共有しコスト削減に動く

フォルクスワーゲン版「フォードF-150」、フォード版「ワーゲンバス」が登場するかも ロイターによると、フォルクスワーゲンとフォードとが提携を行うと発表した、とのこと。両社とも非常に大きな規模を誇る自動車メーカーですが、電気自動車や自動運転関連技術、トラックやバンといった商用車部門での共同開発を行ってゆくことが目的だと伝えられています。※2017年の売上高だと、フォルクスワーゲンは1位、フォードは6位

ReadMore

■このサイトについて >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWは新型Z4の加速タイムを”スープラ超え”に上方修正。新型スープラのスペックよりも劣るのが我慢できなかった模様

BMW Z4の0-60マイル加速タイムが4.4秒から3.9秒に修正される トヨタは先日デトロイト・モーターショーにて新型スープラを発表しましたが、その際に公表したのが「0-100km/h加速4.3秒」という数字。アメリカだとキロではなく「マイル」が使用されるため、「時速0-60マイル(時速96キロ)」が「0-100キロ」の代わりに用いられるのが一般的ですが、この「0-60マイル」だと新型トヨタ・スープラは4.1秒という数字を誇ることになります。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW 7シリーズの公式画像がリーク!新旧BMW 750Liを比較してみると大きなキドニーグリルが格好良く見えてきた

新旧7シリーズを比較すると、やはり新型のほうが高級感と威厳があるようだ 先日、おそらくカーコンフィギュレーター上のものと思われる画像が流出した新型BMW7シリーズですが、今回はオフィシャルフォトっぽい画像がリーク。ちなみに新型7シリーズ自体は一両日中に発表される予定であり、その直前になっての流出、ということになります。BMWの場合、これまでにも8シリーズやX5、X7の画像が発表直前にリークされていて、比較的「漏れやすい」会社なのかもしれません。 ついに新型BMW 7シリーズのオフィシャルフォトがリーク。キ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連

ゲンバラが0-100km/h加速2.38秒の「911GTR 8XX Evo-R」発表!前後リベット留めのオーバーフェンダーを持ち「993GT2」風のルックス

ボディパネルはフルカーボン ポルシェチューナーとして知られるゲンバラ(Gemballa)が991世代の911ターボをベースにチューンした「ゲンバラGTR 8XX Evo-Rの実車を公開。ゲンバラはすでに昨年、「構想」としてのGTR 8XX Evo-Rを公開していますが、この時点での「目標」出力は828馬力、0-100キロ加速2.3秒というスペック。今回発表された実車はこれに少し届かず「810馬力」「2.38秒」とやや目標に遅れるものの、ノーマルの911ターボの出力「580馬力」はもちろん、911GT2RS ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング

トヨタは間違いなく新型スープラにオープンモデルを設定したいと考えているはずだが 新型車が発表されると必ず出てくる、「もしも」系レンダリング。今回もおなじみのX-TOMI DESIGNが「スープラ・コンバーチブル(カブリオレ)」のCG発表一番乗りとなっていますが、なかなかに完成度の高い作品となっており、オフィシャルフォトといっても通用しそう。そしてこの後も続々と同様のレンダリングが登場し、中には「タルガ(エアロトップ)」「ワゴン」「トラック」「オフローダー」といったレンダリングが登場するのは想像に難くないと ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】”世界最速の女性”が教える、メルセデス・ベンツGクラスで「水の中を渡るにはこうする」3つのポイント

この3つを理解しておけば無事に水中を走行可能 様々なメディアに登場し、極限下でのドライブテクニックを披露することで知られる、”4輪を走らせると世界最速の女性”ジェシー・コムズさんがメルセデス・ベンツGクラスにて「簡単に水の中を走る3つの方法」を公開。使用するのは新型メルセデス・ベンツGクラスで、実際にこれでザブザブと水中を走ってみようということですね。

ReadMore

おすすめ記事

DSC03754

あまりに記事の量が多くなってしまい、初めて来た方にはこのブログがそもそも何を意図しているのかわからないと思います。

大きく分けるとこのブログは

・自動車関連のニュースや試乗レポート
・自分が所有している/していた車の購入記、カスタムやメンテナンスの記録
・ぼくが日々考えること

の3つに大別されます。

その中でも特に人気の高かった記事について下にピックアップしますので、暇つぶしにでも見ていただければと思います。



試乗レポート(レビュー/インプレッション)

・自動車ディーラー訪問時に気をつけること5選。「腕時計」「車」「挨拶」「服」「話題」
・なぜ試乗を行うのか?乗らないとわからないから。そこから得られるものについて考える
・迷ったらこれで間違い無し、新型トヨタ86に試乗。現在もっとも純粋な国産スポーツカー
・アバルト124スパイダーに試乗する。これは「マツダが本当に作りたかったロードスター」だ
・文字どおり跳ね”馬”。車でありながら機械よりも馬に近い、フェラーリ488スパイダーに試乗する
・マクラーレン540Cに試乗する。コイツは戦闘力抜群のポルシェイーターだ
・ポルシェ718ボクスター試乗。ターボ化によってエンジン特性と性格が劇的に変化
・これでオレは無敵になった。(と錯覚するほどの)フェラーリ488GTBに試乗する
・ポルシェ911(991.2)に試乗する。ターボエンジン搭載なれどNAよりNA的だ
・ちょっと待て。こんなに安くていいのか?アルトワークスに試乗する
・買うならやっぱりスタンダードモデル。ポルシェ・マカンに試乗する
・買わない理由が見当たらない。マツダの印象をひっくり返す、CX-3に試乗する
・これは車じゃない。戦闘機だ。アルファロメオ4Cに試乗する
・速く快適で安全。人も物も乗る最強の車、VWゴルフRに試乗
・テスラ・モデルXに試乗する。今年の試乗中、間違いなく最高評価となる一台
・540Cと570Sのいいとこ取り。快適かつ俊敏なマクラーレン570GTに試乗する
・【試乗:アストンマーティンDB11】英国、007といった「アストンらしさ」が詰まった珠玉の一台
・【試乗:レクサスLC500h】筋肉質でエレガント、例えるなら細マッチョ。本気で欲しい一台
・スバルにXV試乗。これだけの完成度、楽しさがあれば高いお金を出して輸入車を購入する意味はない?
・まだ日本に2台しかないAMG E63 S 4MATIC+に試乗。物理の法則すら捻じ曲げる驚愕体験
・価格に比べ装備充実のVWゴルフGTI試乗。比類ないコストパフォーマンスを誇るホットハッチ
・【試乗】ランボルギーニ・アヴェンタドールS。全幅2M、価格5000万円超。何もが規格外のスーパーカーに乗る

DSC03058

その他自動車関連

・フェラーリはローンで買うと毎月いくら?→BMWとそう変わらない支払いで買えることが判明
・ホンダNSXの商談をしてきた。見積もり総額2791万円、支払いについて考える
ニュルブルクリンクのラップタイム2017年版。ウラカン・ペルフォルマンテ、AMG GT Rがランクイン
0-100km/h加速ランキング2017年版。ジュネーブでのニューモデル、国産車を追加
・「ハイブリッドは10万キロ/10年乗らないと元が取れない」は本当か?検証してみた
・フェラーリが速い車を発売→「日本では不要」。ホンダがNSXを発売→「NSXは世界一!」。なぜなのか
・予算100万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・予算200万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・予算300万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・予算400万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・予算500万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・予算600万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・年齢と、それに「見合った」車について考える
・国産車ディーラーを訪問すると決まって聞かれる「ご予算は?」について
・高額な車に乗ってディーラーへ行くと対応が変わるのか?を考える(2)
・着て行く服でカーディーラーの対応は変わるのか?を考えてみる
・高額な車に乗って自動車ディーラーを訪問すると対応は変わるのかを考える
・スーパーカーを買えるお金と要望があってもそれを買わないのはなぜか、を考える
・ポルシェの営業利益率は世界トップクラス。各ブランドの利益を見てみる
・国産スポーツカーの中古価格が謎の急騰。原因は「25年ルール」
・マクラーレン540C見積取得→支払いプラン検討→月5万円でも購入できるという事実が発覚
・東洋経済が明かすランボルギーニの真実「フェルッチオはフェラーリに抗議に行かなかった」
・ハイパフォーマンスカーの価格を考える。フェラーリV8は15年で倍の価格に
・スーパーカーのキーはどうなっている?フェラーリ、ブガッティ、アストンなどのキーを見てみよう
・自分の考える、勝手な自動車メーカーのイメージについて(国産メーカー編)
・自分の考える、勝手な自動車メーカーのイメージについて(輸入車編)
・意外とある?ランボルギーについて知られていない12のこと
・"Lamborghini Day"へ行ってきた。ドメニカリCEOも来日、チェンテナリオがお披露目に
・格好良い車のホイールは何がある?古今東西、記憶に残るものを集めてみた
・結構あるよ品質差。日本車と欧州車の塗装の差異について考える
・中古フェラーリ、F355の価格は12年前と変わっていないという事実
・エレガントで知的に見える?4座の中古オープンカー購入を考える(ベンツ、ジャガー、BMW、レクサス)
・売却に有利なメーカーは?残存価格を(国産/輸入車かかわらず)勝手にまとめてみる
・「輸入車の中古は壊れる」は本当か?思い返してみたが本当のような気がしてきた件
・フェラーリ、レクサス、ポルシェなどメーカーの認定中古車はなぜ高い?その意図を考える
・スーパーカーはどうやって購入するの?ディーラー訪問から納車までを記載してみる
・(マクラーレン編)スーパーカー/スポーツカーのオプション価格はこうなっている
・スーパーカーもエンターテイメント重視の時代へ突入か。メーターやバブリングに思う
・スーパーカーのドアはこれだけの種類がある。ガルウイング、シザードア、スワンスイングほか
・ポップアップヘッドライトが好きだ。リトラクタブルライトを愛する男がライトのコンピレーション動画を公開
・なぜ限定スーパーカーの価格は天井知らずに?その構造と「購入条件」を考える
・ポルシェは一台売って194万円、フェラーリは一台あたり1012万円の利益があるという統計
・フェラーリ、ランボルギーニなどスーパーカーはなぜ燃える?その理由を考えてみよう
・なぜランボルギーニは一般に人気が出ないのか?を考える
・意外とある?ランボルギーについて知られていない12のこと
・アストンマーティンの「15の知られざる事実」。エンブレムは古代エジプトに由来するものだった

dsc05570



自分が所有している/していた車の購入記、カスタムやメンテナンスの記録、購入に関するものやインプレッションなど

・ウラカン納車一年。ここでかかった費用(メンテナンス/カスタムなど)を集計。904,871円
・ぼくはいかにしてスーパーカーに乗るときにジャージを着るようになったのか?を考える
・スーパーカー/スポーツカーに乗るということをもう一度考えてみる
・車を購入する時に期待するもの。それは人生を変えてくれる”何か”
・ポルシェの購入を検討だ。「なぜポルシェ」なのかを考える
・結局どうなん?売ると後悔しそうな1年半、3万キロ走ったBMW i3の去就について考える
・今までに売った車で後悔したものはある?ちょっと思い返してみた
・BMW i3の売却価格を調査→たった一年で半額に。今までの車はどうだったのか比較
・ウラカンに乗って1年半。気に入っているところ、そうでないところ、その他印象をまとめてみる
・ポルシェ浪人開始。ポルシェ(ボクスター)売却後に想うこと
・ランボルギーニに関わる5つの真実。都市伝説との差異を考える
・ポルシェにかかわる4つの真実。都市伝説と事実との差異を考える
・「オレ、ランボルギーニ買うわ」。そう言い放ったときの女性の反応について考える
・(ポルシェ911編)スーパーカー/スポーツカーのオプション価格はこうなっている
・なぜランボルギーニは一般に人気が出ないのか?を考える
・(ランボルギーニ編)スーパーカー/スポーツカーのオプション価格はこうなっている
・ポルシェに求めるもの、ランボルギーニやフェラーリとの違いについて
・「なぜフェラーリではなくてランボルギーニなのか」を理論的に考える
・よく聞かれる質問。ランボルギーニってどれくらいうるさいの?
・ランボルギーニはどうやって買う?購入時の疑問点などQ&Aをまとめてみた
・ランボルギーニ・ウラカン納車から二年。その印象とスーパーカーを考える
・ランボルギーニ・アヴェンタドールSを買おうと思う。人生に挑戦は必要だ
・ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4購入の経緯
・ランボルギーニ・ガヤルドを購入したことと、それによる人生の変化

dsc00359

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



更新日:

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.