■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミッションE/タイカン関連

ポルシェが「タイカン」クロスツーリスモ」を2021年に発売、と発表。タイカンに続き一気にエレクトリック化を加速

もう後戻りはできない ポルシェが新型エレクトリックカー「タイカン」のティーザーキャンペーン開始にあわせ、そのワゴンモデル「タイカン・クロスツーリスモ」を2021年に発売する、と発表。ポルシェは2019年9月にタイカンを正式発表する計画を持っており、その翌年には最初の派生たるタイカン・クロスツーリスモを発売することになりますね。 なお、ぼく個人的にはタイカンよりもタイカン・クロスツーリスモのほうがバランス的に優れると考えていて、というのもタイカン・クロスツーリスモのほうが車体に対してトレッドが広くタイヤも大 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】マクラーレンF1の知られざる部分。「マニュアルには乗降方法が書いてある」「真後ろは見えない」「速度計は400km/hまで」etc.

ここまでマクラーレンF1の詳細を紹介した動画今までになかった アメリカ在住のクルマ系ユーチューバー、ダグ・デムーロ氏がマクラーレンF1のレビューを公開。 マクラーレンF1は1993-1998年の間に生産された車で、「センターシート」「ゴードン・マレー設計」「エンジンルーム内側は放熱性のためだけに金を使用(豪華にしたかったわけではなく機能を重視しただけ)」「工具も軽量性を重視してチタン製」「新車価格価格1億円(それでも赤字)」などなど、数々の伝説を持ち、 近代のクルマではもっとも高価(17億円くらい)で取引 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】まだまだ上には上がいた!フェラーリやランボルギーニ、ポルシェの超希少車ばかりを100台以上保管するフランスのガレージ

一方でパガーニやケーニグセグなど新興ハイパーカーの姿は見られない 世界にはまだまだとんでもないコレクションを収めるガレージがあり、おなじみユーチューバー、Shmee150氏が今度はフランスから驚愕のコレクションを紹介。なお、ガレージに収まる希少車の数は100台以上だと紹介されていて、しかしその中に「頭数あわせ」などはなくランボルギーニ・チェンテナリオ、ラ・フェラーリ、フォードGT40、ブガッティ・ヴェイロン、カレラGTなど「マストアイテム」がしっかり揃います。 そしてガレージは「2箇所」に分かれ、そのうち ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ブガッティ(BUGATTI) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【動画】ブガッティ・シロンをカスタムする唯一のチューナー「マンソリー」!その常識はずれっぷりを見てみよう

総額どれくらいかかっているのかは全く不明 ジュネーブ・モーターショーにはマンソリーがそのカスタムカーを大量に展示していましたが、ユーチューバー、Shmee150氏がマンソリーによるブガッティ・シロンのコンプリートカー「センチュリア(Centuria)」を動画にて紹介。そもそもシロンをカスタムしようと考えるチューナーはマンソリーをおいて他にないと思われ、それだけにカスタム内容も常軌を逸していて、外装パネルのほぼすべてをオリジナルデザインの「鍛造カーボン」へと入れ替えています。 マンソリーがなんとブガッティ・ ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産「次期フェアレディ、GT-Rは開発下にある。ただしまだ詳細を語ることはできないが」。

未だ方向性を決めかねている模様。この様子だと登場まであと4−5年はかかりそう 日産はつい最近、1年半ぶりとなる新車「デイズ」を公開していますが、このニュースを見たときに「1年半も新車を発売していなかったのか」と驚かされることに。そこでときおり話題にあがるのがGT-R(R35)とフェアレディZ(370Z)の後継モデルで、これらについては今のところ確たる情報が無い状態。過去に何度か「開発に着手」と報じられるものの、GT-Rは2007年、フェアレディZは2008年の登場なので、両方とも10年以上が発売から経過し ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

新型トヨタGRスープラを輸送する姿が目撃に。ボディカラーは3色、ホイールは二種類が確認可能

BMWはトヨタ・スープラの成功を尻目に何を思う 先日、欧州に続いてアメリカ仕様の新型トヨタGRスープラが発表され、そのボディカラーが全8色であることが判明(日本ではどうなるのかわからない)。そして今回、おそらくは工場から輸送される途中と思われるGRスープラが目撃され、積車に「アブソリュート・ゼロ・ホワイト」「ルネッサンス・レッド2.0」「ニトロ・イエロー」のスープラが積まれている画像が公開されています。 日本でも予約開始された新型スープラ。すでに最上位グレード”RZ”は「完売」状態に。加えて米国ではボディ ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982)

ポルシェ718ケイマン洗車、いつの間にかボディやホイールには飛び石キズが。飛び石キズはこうやってできる

プロテクションフィルムで保護する方法もあるが さて、ポルシェ718ケイマン洗車。この時期は融雪剤や雪そのものでクルマが非常に汚れやすい季節でもあり、洗車は比較的慎重に行う必要があります。というのも融雪剤自体が「ザラザラ」していて、うかつに擦ってしまうとヤスリのようにボディの塗装面を傷めてしまうため。よってこの時期には水や泡を通常より多めにして洗車するようにしています。

ReadMore

>ポルシェ・カイエン関連

ポルシェが「カイエン・クーペ」を電撃発表!キャビン上半分がすべて新しくなりカーボンルーフも選択可能に。「カイエンが持つものは全てここにある。もちろんその”上”も」

ポルシェはカイエン・クーペに相当な力を注いだようだ ポルシェが「3月に発表する」としていた”カイエン・クーペ”が突如として公開に。3月というとジュネーブ・モーターショーが開催されているものの、そこで発表せず、しかしその直後に発表するという、これまでにない動きを見せています。一見した印象だと「正直カッコイイ」というもので、これまたポルシェの販売を大きく伸ばすことになりそうなクルマですね。

ReadMore

>テスラ(TESLA)

テスラ・モデルXにカーボン製ワイドボディキットを装着。内外装は「ブラック×オレンジ」で統一

テスラはカスタムするとここまで格好良くなる テスラのチューン&カスタムが得意な「Tスポーツライン(T Sportline)」がその最新作を公開。これはテスラ・モデルX P100Dをベースにワイドボディキット「T Largo」を装着したもので、そのオーバーフェンダーは「片側5センチプラス」。キットそのものにはオーバーフェンダーの他にフロントエプロン、バンパー、サイドスカート、リアディフューザー、リアウイングが含まれ、それらはすべてカーボンファイバー製。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ最高峰、「63S 4MATIC+」を見てきた!シビれるマットカラー採用、動画、画像も大量公開

AMG 63シリーズ最強最速なのに内装はもっともエレガントだった さて、メルセデス・ミー大阪にてメルセデスAMG GT 63S 4MATIC+の展示車が入ったので見にゆくことに。ボディカラーはオプション扱いとなるマットペイントの「ブリリアントブルーマグノ」(メルセデス・ベンツではマットカラーのことを”マグノ”と表記)、インテリアは「マキアートベージュ/マグマグレー(フルレザー仕様/ナッパレザー、ダイヤモンドステッチ入)」。装着されるオプションはBurmesterハイエンド3Dオーディオパッケージ、AMGパ ...

ReadMore

おすすめ記事

DSC03754

あまりに記事の量が多くなってしまい、初めて来た方にはこのブログがそもそも何を意図しているのかわからないと思います。

大きく分けるとこのブログは

・自動車関連のニュースや試乗レポート
・自分が所有している/していた車の購入記、カスタムやメンテナンスの記録
・ぼくが日々考えること

の3つに大別されます。

その中でも特に人気の高かった記事について下にピックアップしますので、暇つぶしにでも見ていただければと思います。



試乗レポート(レビュー/インプレッション)

・自動車ディーラー訪問時に気をつけること5選。「腕時計」「車」「挨拶」「服」「話題」
・なぜ試乗を行うのか?乗らないとわからないから。そこから得られるものについて考える
・迷ったらこれで間違い無し、新型トヨタ86に試乗。現在もっとも純粋な国産スポーツカー
・アバルト124スパイダーに試乗する。これは「マツダが本当に作りたかったロードスター」だ
・文字どおり跳ね”馬”。車でありながら機械よりも馬に近い、フェラーリ488スパイダーに試乗する
・マクラーレン540Cに試乗する。コイツは戦闘力抜群のポルシェイーターだ
・ポルシェ718ボクスター試乗。ターボ化によってエンジン特性と性格が劇的に変化
・これでオレは無敵になった。(と錯覚するほどの)フェラーリ488GTBに試乗する
・ポルシェ911(991.2)に試乗する。ターボエンジン搭載なれどNAよりNA的だ
・ちょっと待て。こんなに安くていいのか?アルトワークスに試乗する
・買うならやっぱりスタンダードモデル。ポルシェ・マカンに試乗する
・買わない理由が見当たらない。マツダの印象をひっくり返す、CX-3に試乗する
・これは車じゃない。戦闘機だ。アルファロメオ4Cに試乗する
・速く快適で安全。人も物も乗る最強の車、VWゴルフRに試乗
・テスラ・モデルXに試乗する。今年の試乗中、間違いなく最高評価となる一台
・540Cと570Sのいいとこ取り。快適かつ俊敏なマクラーレン570GTに試乗する
・【試乗:アストンマーティンDB11】英国、007といった「アストンらしさ」が詰まった珠玉の一台
・【試乗:レクサスLC500h】筋肉質でエレガント、例えるなら細マッチョ。本気で欲しい一台
・スバルにXV試乗。これだけの完成度、楽しさがあれば高いお金を出して輸入車を購入する意味はない?
・まだ日本に2台しかないAMG E63 S 4MATIC+に試乗。物理の法則すら捻じ曲げる驚愕体験
・価格に比べ装備充実のVWゴルフGTI試乗。比類ないコストパフォーマンスを誇るホットハッチ
・【試乗】ランボルギーニ・アヴェンタドールS。全幅2M、価格5000万円超。何もが規格外のスーパーカーに乗る

DSC03058

その他自動車関連

・フェラーリはローンで買うと毎月いくら?→BMWとそう変わらない支払いで買えることが判明
・ホンダNSXの商談をしてきた。見積もり総額2791万円、支払いについて考える
ニュルブルクリンクのラップタイム2017年版。ウラカン・ペルフォルマンテ、AMG GT Rがランクイン
0-100km/h加速ランキング2017年版。ジュネーブでのニューモデル、国産車を追加
・「ハイブリッドは10万キロ/10年乗らないと元が取れない」は本当か?検証してみた
・フェラーリが速い車を発売→「日本では不要」。ホンダがNSXを発売→「NSXは世界一!」。なぜなのか
・予算100万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・予算200万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・予算300万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・予算400万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・予算500万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・予算600万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた
・年齢と、それに「見合った」車について考える
・国産車ディーラーを訪問すると決まって聞かれる「ご予算は?」について
・高額な車に乗ってディーラーへ行くと対応が変わるのか?を考える(2)
・着て行く服でカーディーラーの対応は変わるのか?を考えてみる
・高額な車に乗って自動車ディーラーを訪問すると対応は変わるのかを考える
・スーパーカーを買えるお金と要望があってもそれを買わないのはなぜか、を考える
・ポルシェの営業利益率は世界トップクラス。各ブランドの利益を見てみる
・国産スポーツカーの中古価格が謎の急騰。原因は「25年ルール」
・マクラーレン540C見積取得→支払いプラン検討→月5万円でも購入できるという事実が発覚
・東洋経済が明かすランボルギーニの真実「フェルッチオはフェラーリに抗議に行かなかった」
・ハイパフォーマンスカーの価格を考える。フェラーリV8は15年で倍の価格に
・スーパーカーのキーはどうなっている?フェラーリ、ブガッティ、アストンなどのキーを見てみよう
・自分の考える、勝手な自動車メーカーのイメージについて(国産メーカー編)
・自分の考える、勝手な自動車メーカーのイメージについて(輸入車編)
・意外とある?ランボルギーについて知られていない12のこと
・"Lamborghini Day"へ行ってきた。ドメニカリCEOも来日、チェンテナリオがお披露目に
・格好良い車のホイールは何がある?古今東西、記憶に残るものを集めてみた
・結構あるよ品質差。日本車と欧州車の塗装の差異について考える
・中古フェラーリ、F355の価格は12年前と変わっていないという事実
・エレガントで知的に見える?4座の中古オープンカー購入を考える(ベンツ、ジャガー、BMW、レクサス)
・売却に有利なメーカーは?残存価格を(国産/輸入車かかわらず)勝手にまとめてみる
・「輸入車の中古は壊れる」は本当か?思い返してみたが本当のような気がしてきた件
・フェラーリ、レクサス、ポルシェなどメーカーの認定中古車はなぜ高い?その意図を考える
・スーパーカーはどうやって購入するの?ディーラー訪問から納車までを記載してみる
・(マクラーレン編)スーパーカー/スポーツカーのオプション価格はこうなっている
・スーパーカーもエンターテイメント重視の時代へ突入か。メーターやバブリングに思う
・スーパーカーのドアはこれだけの種類がある。ガルウイング、シザードア、スワンスイングほか
・ポップアップヘッドライトが好きだ。リトラクタブルライトを愛する男がライトのコンピレーション動画を公開
・なぜ限定スーパーカーの価格は天井知らずに?その構造と「購入条件」を考える
・ポルシェは一台売って194万円、フェラーリは一台あたり1012万円の利益があるという統計
・フェラーリ、ランボルギーニなどスーパーカーはなぜ燃える?その理由を考えてみよう
・なぜランボルギーニは一般に人気が出ないのか?を考える
・意外とある?ランボルギーについて知られていない12のこと
・アストンマーティンの「15の知られざる事実」。エンブレムは古代エジプトに由来するものだった

dsc05570



自分が所有している/していた車の購入記、カスタムやメンテナンスの記録、購入に関するものやインプレッションなど

・ウラカン納車一年。ここでかかった費用(メンテナンス/カスタムなど)を集計。904,871円
・ぼくはいかにしてスーパーカーに乗るときにジャージを着るようになったのか?を考える
・スーパーカー/スポーツカーに乗るということをもう一度考えてみる
・車を購入する時に期待するもの。それは人生を変えてくれる”何か”
・ポルシェの購入を検討だ。「なぜポルシェ」なのかを考える
・結局どうなん?売ると後悔しそうな1年半、3万キロ走ったBMW i3の去就について考える
・今までに売った車で後悔したものはある?ちょっと思い返してみた
・BMW i3の売却価格を調査→たった一年で半額に。今までの車はどうだったのか比較
・ウラカンに乗って1年半。気に入っているところ、そうでないところ、その他印象をまとめてみる
・ポルシェ浪人開始。ポルシェ(ボクスター)売却後に想うこと
・ランボルギーニに関わる5つの真実。都市伝説との差異を考える
・ポルシェにかかわる4つの真実。都市伝説と事実との差異を考える
・「オレ、ランボルギーニ買うわ」。そう言い放ったときの女性の反応について考える
・(ポルシェ911編)スーパーカー/スポーツカーのオプション価格はこうなっている
・なぜランボルギーニは一般に人気が出ないのか?を考える
・(ランボルギーニ編)スーパーカー/スポーツカーのオプション価格はこうなっている
・ポルシェに求めるもの、ランボルギーニやフェラーリとの違いについて
・「なぜフェラーリではなくてランボルギーニなのか」を理論的に考える
・よく聞かれる質問。ランボルギーニってどれくらいうるさいの?
・ランボルギーニはどうやって買う?購入時の疑問点などQ&Aをまとめてみた
・ランボルギーニ・ウラカン納車から二年。その印象とスーパーカーを考える
・ランボルギーニ・アヴェンタドールSを買おうと思う。人生に挑戦は必要だ
・ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4購入の経緯
・ランボルギーニ・ガヤルドを購入したことと、それによる人生の変化

dsc00359

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



こちらもどうぞ。人気記事

1

車検にかかった費用の415,000円を上回る さて、ランボルギーニ・ウラカンの12が月点検が終了。今回は予定していたバッテリー交換に加えてリアタイヤ交換、内装異音の対策をお願いしています。リアタイヤに ...

2

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

3

よく「予算これくらいで、オススメの車はありますか?」と聞かれます。 都度都度お答えするようにはしていますが、すぐに思いだせない車もあり、自分自身の備忘録としてもここに価格帯別にまとめてみます(完全に自 ...

4

独自路線のカシオにしては珍しく「他社製品に似た」腕時計 カシオGショック(G-SHOCK)から新シリーズ、「G-STEEL GST-B100シリーズ」が登場。 このシリーズは「カーボンベゼル」を使用し ...

5

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

6

| 価格帯別、オススメの腕時計はこれだ | クルマと同様、よく聞かれる「オススメの腕時計」。 しかしながら腕時計はその人の着る服や使用環境によって大きく「オススメ」が異なり、なかなか答えるのが難しいの ...

7

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

8

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

9

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVを撮影する白人女性。 かがみ込んでアングルを決めるなどけっこう真剣な様子ですが、白人女性は比較的スーパーカーに対して関心を示すことが(経験上)多いようですね。 なお ...

10

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

投稿日:2016/08/31 更新日:

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.