【人気投稿】試乗関連

L1004819

なぜボクはクルマの試乗をするのか

本ブログのひとつの特徴でもある試乗レポート。

試乗した車の一覧については「試乗」カテゴリにまとめていますが、ここで「なぜ試乗するのか」について記載してみたいと思います。

ぼくは自動車の運転も好きですが、自動車のメカニズムや、その自動車メーカーの考え方にも強い興味を持っています。

そして、それを知るにはその車に乗ってみるのが一番手っ取り早い、とも考えているわけですね。

自動車は航空機や船舶を除くと、一般的に個人が購入できる「もっとも多くの、そして最先端の技術や考え方、素材」が詰まった製品かもしれません。

物理学や航空力学、電子工学はもちろん、素材だとカーボンファイバーや複合素材(あるいはレザーなどの高級素材)、そして販売に際してはマーケティング、ブランディングなど「およそ考えうる限りの」要素がクルマには詰まっているのだとぼくは考えていて、そういった「複合的な技術や素材、考え方の集合体」としてクルマを認識している、ということです。

そしてそれぞれのクルマはそれぞれ作られた目的が異なっていて、それを理解するのが試乗だと捉えているのですね。

同じスポーツカーでもホンダS660とフェラーリ296GTBではターゲットも目的も違いますし、そういったクルマを「バックグラウンドを理解しないまま」語ることはできない、とも考えています。

軽自動車には軽自動車の役割と意義があり、ハイエンドスポーツにはハイエンドスポーツカーとしての役割と意義がある、ということです。※ハイエンドスポーツカーであっても、フェラーリとランボルギーニはまた全然異なるクルマである

L1220543

スポーツカーにはスポーツカーの、ミニバンにはミニバンそれぞれの存在意義がある。同じ目線では語れない

さらに言及するならば、ミニバンにはミニバンの、SUVにはSUVの、そしてセダンにはセダンの存在意義があります。

そのため、どのような車に対しても「足回りが」「加速が」「ブレーキが」と(モータージャーナリストのように)同じ論点からレビューを行うことはしたくなく、ぼくは「それぞれのメーカーや車の持つ背景」を理解した上で試乗し、「なぜこういった仕様なのか」「なぜこういったデザインなのか」「なぜこの素材なのか」ということを考えてみたい、と思うのですね。

ミニバンに乗ってスポーツ性を語るのはナンセンスで、スポーツカーに積載性能を求めるのもまたナンセンスであり(ごく稀に両立している驚異的な存在もありますが)、よってぼくはそのクルマが設計された背景や意図、さらには商業的背景や戦略、技術者の考え方、価格帯、開発に際して受けたであろう様々な制約、そしてその中でなんとか最良のものを作ろうとした人たちの考え方を汲み取るのがこの「試乗」であると考えています。

イタリア車の試乗(フェラーリ、ランボルギーニ、マセラティなど)人気記事

【試乗】(非限定モデルで)もっとも高価、もっともパワフルなフェラーリ、SF90ストラダーレは「もっともフレンドリーで乗りやすいフェラーリでもあった
【試乗】(非限定モデルで)もっとも高価、もっともパワフルなフェラーリ、SF90ストラダーレは「もっともフレンドリーで乗りやすいフェラーリでもあった

| 正直、乗る前は「1,000馬力」という数字に圧倒され不安しかなかったが | フェラーリは新しいモデルになればなるほどフレンドリーで乗りやすく、しかしそれ以上に「楽しいクルマ」へと変化している さて ...

続きを見る

フェラーリ296GTSに試乗してきた。ボクにとってのフェラーリとは、ポルシェと並び「普通のことが普通にできる」数少ないクルマだというものだ【動画】
フェラーリ296GTSに試乗してきた。ボクにとってのフェラーリとは、ポルシェと並び「普通のことが普通にできる」数少ないクルマだというものだ【動画】

| フェラーリ296GTB/296GTSは乗る度に新しい表情を見せてくれる | 来年には納車されるであろうボクのフェラーリ296GTBもまた、様々なインスピレーションを与えてくれるだろう さて、オート ...

続きを見る

フェラーリ296GTB アセットフィオラノ パッケージに試乗!ここまで電子制御を積極的に取り入れ「ファン・トゥ・ドライブ」を実現したスーパーカーも珍しい【動画】
フェラーリ296GTB アセットフィオラノ パッケージに試乗!ここまで電子制御を積極的に取り入れ「ファン・トゥ・ドライブ」を実現したスーパーカーも珍しい【動画】

| フェラーリはどこをどうすれば、ドライバーがどう感じるかを熟知している | おそらくフェラーリの操作系は他のスーパーカーと比較しても「最も軽い」 さて、フェラーリ296GTB「アセットフィオラノパッ ...

続きを見る

マセラティMC20
マセラティMC20に試乗!いったいいつの間にマセラティはこんなに素晴らしいクルマを作れるようになっていたのか?新時代、そして新世代のスーパーカー

| 正直、ここまでの完成度と独自の世界観を持っているとは思わなかった | どうやらマセラティは知らない間に相当な研鑽を積んだようだ さて、マセラティMC20へと試乗。マセラティMC20は「MC12」以 ...

続きを見る

フェラーリ
【動画】フェラーリ296GTBをサーキットにて試乗してきた!もうコイツは完全にクルマを超えて戦闘機だな・・・

| ここまで「曲がる」クルマには未だ乗ったことがない | 830馬力を開放する「クオリファイ」モードの加速はまさに異次元 さて、岡山国際サーキットにて開催されたフェラーリ296GTB試乗会「Esper ...

続きを見る

フェラーリ・ローマの試乗イベント
評判抜群のフェラーリ ローマに試乗!ボクにとっては非の打ちどころがない、これまでに運転したフェラーリの中では1、2を争う楽しいクルマ

| フェラーリ・ローマは単なるクルマとどまらず、ライフスタイルそのものである | さて、現在購入検討中のフェラーリ・ローマに試乗。ローマはフェラーリにとって新しい世代のクルマで、その外装はV8ミドシッ ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカン
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの試乗イベントへ行ってきた!高速〜ワインディングを初夏の風とともに駆け抜ける!!

| ランボルギーニの試乗イベントは久しぶり | さて、ランボルギーニ大阪さんに招待いただき、ウラカンEVO RWDの試乗会へ。場所は神戸の「ネスタリゾート」で、ここを拠点に山陽道(高速道路)〜ワインデ ...

続きを見る

【動画】高木虎之介の運転でランボルギーニ・ウルスをサーキット試乗!「ランボルギーニ・テストドライブ・プラス」へ行く(1)

| これまでに無く中身の濃いイベントで、まさに感謝しかない | さて、ランボルギーニ・ウルスをサーキットや特設オフロードコースで試乗するという豪華なイベント、「Lamborghini TEST DIV ...

続きを見る

【動画】ランボルギーニ・ウルスを悪路でドリフト走行!起伏や波状路、30度以上のバンクに挑戦してきた

| ランボルギーニ・テストドライブ・プラスに行ってきた(2) | さて、ランボルギーニ・ウルスの豪華試乗イベント「ランボルギーニ・ドライブ・プラス」第二弾(第三弾までを予定)。前回は元F1ドライバーで ...

続きを見る

ドイツ車の試乗(BMW、メルセデス・ベンツ、アウディ、ポルシェなど)人気記事

「ボクがBMW史上最高のM」と考える新型M2に試乗してきた。M3ともM4とも異なる新世代の制御や思想を盛り込み、ライバル不在のオンリーワンなスポーツカー
「ボクがBMW史上最高のM」と考える新型M2に試乗してきた。M3ともM4とも異なる新世代の制御や思想を盛り込み、ライバル不在のオンリーワンなスポーツカー

| これほどまでに「先ゆくクルマが道を譲ってくれる」クルマには乗ったことがない | 新型BMW M2はポルシェよりもフェラーリに近いフィーリングを持っている さて、BMW M2(G87)に試乗。現在ぼ ...

続きを見る

アウディ最新EV、RS各モデルが揃う「エグゼクティブ ラウンジ」へ。ボクはニュル最速SUVであるRS Q8、そしてQ8 e-tronに試乗してきた
アウディ最新EV、RS各モデルが揃う「エグゼクティブ ラウンジ」へ。ボクはニュル最速SUVであるRS Q8、そしてQ8 e-tronに試乗してきた

| アウディの上位モデルがここまで一堂に会する機会は滅多にない | いつの間にやらアウディは相当数のEVを発売する自動車メーカーに さて、アウディ東大阪さん(以前にベガスイエローのTTを購入したディー ...

続きを見る

新型メルセデスAMG SL43に試乗!先代SLとは異なるスパルタンな乗り味を持つリアルスポーツ。その印象はまさにAMG GT、さすがはAMG専売だけのことはある
新型メルセデスAMG SL43に試乗!先代SLとは異なるスパルタンな乗り味を持つリアルスポーツ。その印象はまさにAMG GT、さすがはAMG専売だけのことはある

| 新型メルセデスAMG SLはこれまでの「メルセデス・ベンツ」SLとは全く異なる乗り物である | 4気筒ということに面食らうかもしれないが、「電動ターボ」の威力は凄まじい さて、メルセデスAMG S ...

続きを見る

「コンパクトカークラスニュル最速」新型アウディRS3に試乗してきた!この速さや安定感はもはや非現実的、ある意味でバーチャルドライブのようだ
「コンパクトカークラスニュル最速」新型アウディRS3に試乗してきた!この速さや安定感はもはや非現実的、ある意味でバーチャルドライブのようだ

| ボクはアウディの実現した独自のドライブフィールが大好きだ | この感覚はメルセデス「AMG」、BMW「M」では味わえない さて、現在ニュルブルクリンクにおいて「コンパクトカー最速」を誇るアウディR ...

続きを見る

【動画】このクルマは望みうるすべてを持っている!ボクが今もっとも格好いいと考える4ドアサルーン、アウディRS e-tron GTに試乗してきた
【動画】このクルマは望みうるすべてを持っている!ボクが今もっとも格好いいと考える4ドアサルーン、アウディRS e-tron GTに試乗してきた

| ボクは通常4ドアには興味を示さないが、このクルマだけは「別格」だ | アウディは「平然と」ドライバーの求める動作をやってのけてしまうため、ともすると退屈だとも言われるが さて、現在ぼくが「もっとも ...

続きを見る

ポルシェ718ボクスターT
こいつは小さなランボルギーニだな・・・!ポルシェ718ボクスターTに試乗する。この価格で買えるスポーツカーとしてはこれ以上の選択肢はないだろう

| いつ乗ってもポルシェのミドシップモデルは楽しくて仕方がない | 同一世代であったとしても、ポルシェが行う毎年の「進化」には感心せざるをえない さて、ポルシェセンター北大阪さんにて718ボクスターT ...

続きを見る

【動画】新型VWゴルフGTIに試乗!これほどまでに正確無比はハンドリングを持ち、曲がりに曲がるFFホットハッチにははじめて乗った
【動画】新型VWゴルフGTIに試乗!これほどまでに正確無比はハンドリングを持ち、曲がりに曲がるFFホットハッチにははじめて乗った

| ゴルフGTIに乗る前からある程度の素晴らしさは予期していたが、それでも完全に予想に上を行くパフォーマンスを持つクルマだった | ゴルフ7以降、ゴルフの完成度はほかのライバルに比較してはるか上を行く ...

続きを見る

メルセデス・マイバッハGLS600 4MATICに試乗!その乗り味は極上、内外装の高級感も抜群だが、一方で目に見えないところには「普通のメルセデス・ベンツっぽい」部分も
メルセデス・マイバッハGLS600 4MATICに試乗!その乗り味は極上、内外装の高級感も抜群だが、一方で目に見えないところには「普通のメルセデス・ベンツっぽい」部分も

| ロールスロイス、ベントレーとは明確に異なるキャラクターを持っており、積極的に選びたくなる理由も | なんといっても「マイバッハ」のネームバリューは大きい メルセデスミー大阪にてメルセデス・マイバッ ...

続きを見る

ポルシェ・タイカン・ターボに試乗
ポルシェ・タイカンターボに試乗!クルマは「ガソリンエンジンの呪縛」から解き放たれるとこんなに自由になれる!

| まだ年始めなのに「今年のベスト」と言ってもいい | さて、期待の新型車、ポルシェ・タイカンに試乗。現在日本にて発売されているタイカンは「タイカン4S」「タイカン・ターボ」「タイカン・ターボS」「タ ...

続きを見る

水冷ポルシェ乗りのボクが空冷ポルシェ”930ターボ”をレンタルしてみた!ポルシェ911ターボのルーツに迫る

| 911は昔から911だった | https://www.flickr.com/photos/110074903@N02/49815654418/in/dateposted-public/ さて、先 ...

続きを見る

【動画】最近、ここまで楽しいクルマには乗ったことがない!水冷ポルシェ乗りのボクが空冷911カレラRSを運転してきた

| 乗る前の不安は乗ったとたん「笑顔」に変わった | さて、今日は大阪は箕面にあるポルシェのレンタル専門店、ポルシェゲートさんにて911カレラRSをレンタルすることに。この911カレラRSは1975年 ...

続きを見る

これでも合法、見た目レーシングカーなポルシェDP935を試乗してきた!乗る前は不安しかなかったが、運転したら降りたくなくなった

| 全幅2メートル、見るからにヤバそうなクルマだ | さて、先日紹介したポルシェ専門のレンタルショップ、「ポルシェゲート」さんにてポルシェ「DP935」をレンタル。 「935」と名がつくものの、911 ...

続きを見る

イギリス車の試乗(ロータス、ベントレー、ロールス・ロイス、ランドローバー、アストンマーティン、マクラーレンなど)人気記事

ロータス・エミーラ
ロータス・エミーラV6(MT)に試乗してきた。これだけ「何も気にせず」運転だけに集中できたクルマは他にない。操作系のバランスが絶妙だ

| ボクは「ドライバビリティ」という点ではポルシェに勝るクルマは存在しないと今まで信じて生きてきたが | どうやらエミーラはポルシェをも超えて「普通に運転できる」類まれな性能を持っている さて、(ロー ...

続きを見る

アストンマーティンDBX
0−100km/h加速3.1秒のスーパーSUV、アストンマーティンDBX 707に試乗する!アストンはこのクルマをはじめからスポーツカーとして設計しているようだ

| 数あるハイパフォーマンスSUVの中ではもっともスポーツカー的フィーリングを持つ一台 | アストンマーティンの他ラインアップと比較しても乗り味的には相違が感じられない さて、アストンマーティンDBX ...

続きを見る

【試乗:2950万円、ベントレー・コンチネンタルV8 コンバーチブル】下道、高速、スラローム・・・
【試乗:2950万円、ベントレー・コンチネンタルV8 コンバーチブル】下道、高速、スラローム・・・。どこをどう走っても破綻を見せない快適なクルマだった

| 「快適さ」を体が覚えるほどのマナーの良さを持つクルマはコンチネンタルGTをおいてそうそうない | その巨体に似合わぬドライビングパフォーマンスもまた魅力 さて、ベントレー・コンチネンタルGT V8 ...

続きを見る

新型ランドローバー・ディフェンダーに試乗!オンとオフ、ギア感と高級感、新と旧など「相反する要素」を巧みにブレンドした類稀なるSUVだった!!

| 正直、ここまでの出来だとは思わなかった | さて、待望のランドローバー・ディフェンダーに試乗。意外かも知れませんが、ぼくはSUVやオフローダーが大好きで、これまでにもレンジローバー・イヴォーク等を ...

続きを見る

【試乗:マクラーレンGT】パドルは高級腕時計のようだ!マクラーレンはこういった”高級車”も作れるブランドに成長していた

| マクラーレンには新型車が出るたびに驚かされる | さて、マクラーレンGTに試乗。マクラーレンGTは現時点でのマクラーレン最新モデルで、720Sや540/570系に採用されるアイソケットを採用しない ...

続きを見る

日本車の試乗(トヨタやホンダなど)人気記事

クラウンスポーツに試乗。おそらくはトヨタにとって「儲けネタ」ではあろうものの、ユーザーの受けるメリットも小さくはなく、ボクは「買い」だと考える
クラウンスポーツに試乗。おそらくはトヨタにとって「儲けネタ」ではあろうものの、ユーザーの受けるメリットも小さくはなく、ボクは「買い」だと考える

| 現時点でのクラウンスポーツの納期はおよそ9ヶ月、受注残が順調に拡大中 | 一方、クラウンセダンはわずか1日で「受注終了」 さて、クラウンスポーツの試乗車の準備ができたとの連絡が入り、さっそくテスト ...

続きを見る

新型シビック・タイプR(FL5)に試乗!発表から2日で3年分の受注が集まったのにも納得、このクルマに「買わない理由」を見出すことは非常に難しいだろう
新型シビック・タイプR(FL5)に試乗!発表から2日で3年分の受注が集まったのにも納得、このクルマに「買わない理由」を見出すことは非常に難しいだろう

| 「日本製」となったことで品質はもちろん、そのコンセプトに至っても原点回帰を果たしたようだ | 正直、ここまで高い完成度を誇るとは想像もしていなかった さて、新型ホンダ・シビック・タイプRに試乗(残 ...

続きを見る

スバル・レガシィ・アウトバック
【動画】スバル・レガシィ・アウトバックに試乗してきた!いかにも大陸っぽい「大船」感、そしてその包容力の大きさに惚れてきた

| スバル・レガシィ・アウトバックの包容力はとてつもなく大きいようだ | これだけ「大陸的な」乗り味を持つ日本車は他にないだろう さて、スバル・レガシィ・アウトバックに試乗。試乗させていただいたのはス ...

続きを見る

新型レクサスNXに試乗!クルマとしての基本性能が大きく向上、そこへレクサスならではの「おもてなし」。欧州のライバルが「直接照明」だとすると新型NXは「間接照明」のような優しさだ
新型レクサスNXに試乗!クルマとしての基本性能が大きく向上、そこへレクサスならではの「おもてなし」。欧州のライバルが「直接照明」だとすると新型NXは「間接照明」のような優しさだ

| 新型レクサスNXはこれまでの「曖昧な」乗り味を一層し、自動車としても高いレベルの走行性能を誇る | 新型レクサスNXは「新世代レクサス」第一弾、ここからレクサスの新しい時代がはじまる さて、大人気 ...

続きを見る

【試乗:GR86】300万円台で買えるポルシェとのウワサは本当だった!正直これほどまでに驚かされた国産スポーツカーはほかにない
【試乗:GR86】300万円台で買えるポルシェとのウワサは本当だった!正直これほどまでに驚かされた国産スポーツカーはほかにない

| 走り出して数十メートルでもその素晴らしさを体感できる | これだけのクルマを作れるなら、トヨタはスープラも自社で開発すべきだった  さて、GR86に試乗してきたのでその印象をお届けしたいと思います ...

続きを見る

新型トヨタ・ランドクルーザーに試乗
新型トヨタ・ランドクルーザーに試乗!どんな無理難題を押し付けてもアッサリこなす懐の深さ、そして「大陸巡洋艦」っぷりに驚かされた

| 現時点では新型ランクル以上に快適で扱いやすく、そしてこれほどまでに高い悪路走破性を持つオフローダーは存在しないだろう | 新型ランドクルーザーはとにかく快適、そしてスムーズ さて、新型ランドクルー ...

続きを見る

トヨタGRヤリスに試乗
【試乗:GRヤリス】とにかく曲がる!曲がる!曲がる!トヨタの本気、WRC仕込みはダテじゃない!!

| こんなに曲がるクルマも珍しい | さて、話題のトヨタGRヤリスに試乗。グレードは「RZハイパフォーマンス」、つまりは最上位となります。GRヤリスは「ヤリスをスポーティーに仕上げたクルマ」というより ...

続きを見る

なかなかいいぞ!ホンダのカーシェアリングサービス「EveryGo」を利用してHONDA eを借りてみた

| 対人での手続き不要、24時間使えて満タン返しもしなくていい | さて、ホンダのカーシェアサービス「EveryGo(エブリゴー)」を使用してみたので、ここでその利用方法、印象などについて述べてみたい ...

続きを見る

アメリカ車の試乗(テスラ、ジープなど)人気記事

テスラ・モデルY
テスラ・モデルYに試乗してきた!この価格で買えるクルマとしてはEV / ガソリン関係なくトップクラス、安全性に関しては他メーカーが追いつくことは難しそう

| 正直、そのドライバー・アシスト含む安全性の高さには驚かされる | とにかく「何も気を使わずに」快適に運転し走ることができるクルマだった さて、テスラ・モデルYに試乗。試乗したのは「RWD(現在の価 ...

続きを見る

【動画】日本未発売!見た目はマッチョ、乗り味はジェントルマンなジープ・グラディエーター・ルビコンを見て乗ってきた!やっぱりぼくジープが大好きだ
【動画】日本未発売!見た目はマッチョ、乗り味はジェントルマンなジープ・グラディエーター・ルビコンを見て乗ってきた!やっぱりぼくジープが大好きだ

| JK世代のラングラーしか乗ったことがないぼくには衝撃の進化度合いだった | やはりジープはどこかの段階で買わねばならないだろう さて、オーナーさんのご厚意にて、日本導入前のジープ・グラディエーター ...

続きを見る

その他の試乗関連投稿

BMWの電動バイク「CE 04」に試乗してきた!さすがは電動化に長い歴史を持つBMWだけあって「電動化車両と電動ユニットの特徴」をメリットとして生かしているようだ
BMWの電動バイク「CE 04」に試乗してきた!さすがは電動化に長い歴史を持つBMWだけあって「電動化車両と電動ユニットの特徴」をメリットとして生かしているようだ

| CE 04はおそらく現在ではもっとも優れた電動バイクだと思われる | ガソリンバイクを「電動化」したのとは全く異なる新しい乗り物 さて、現在購入検討中のBMW CE 04に試乗。CE 04はピュア ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

人気記事ランキング

1

| ただしその価格は安くない | さて、先日プロトタイプが目撃されたのち、ボルボ自身からも「9月2日に発表する」とアナウンスのあった”Volvo P1800”。今回そのボルボP1800が予告通り発表さ ...

メルセデスAMG One 2

この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮 ニュルブルクリンクにおける市販車のラップタイム「最新版」。 このランキングも当初「ベスト50」から始めるも、なんどか更新してゆくにつれ、つい ...

GRカローラで痛恨のシフトミス→エンジン内部が粉々に。トヨタのメカニックも「ここまで壊れるのか・・・」と驚くほどの惨状が公開される。ちなみにエンジンは421万円【動画】 3

| エンジンが破損した際の状況はよくわからないが、シフトダウン時にオーバーレブを起こしたものと思われる | それにしても、よくギアがそこに入ったものだ さて、トヨタはGRカローラを発売し、世界中にて大 ...

ピニンファリーナ・バッティスタ 4

ガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそう スポーツカーのスペックのうち、重要な要素として「0-100km/h(アメリカだと0-60mph)加速」が挙げられますが、ここで主だったクルマの数字をピック ...

「強度が高く、腐食しない」ステンレスはなぜ自動車のボディにほとんど使用されないのか?実は自動車のボディには「非常に向いていない」素材だった 5

| ステンレススティールをボディに使用したクルマはおそらくデロリアンくらい? | ただしテスラ・サイバートラックはステンレスボディの採用に挑戦しようとしている さて、テスラは今年の後半にサイバートラッ ...

この発想はなかった。ザガートがアルピーヌA220へのオマージュとしてA110の「車体後部を脱着してロングテールにできる」ザガートAGTZ ツインテールを発表 6

ZAGATO | ザガートのようなコーチビルダーは「販売する顧客を絞る」ことで量産車にはできないチャレンジが可能に | ザガートはモータースポーツに関連する豊かな歴史を持っており、今後の展開にも期待が ...

北米ではポルシェ・タイカンの中古価格が新車の「半分」まで下がる異常事態に。BMW、メルセデス、アウディの中古EV価格も下落し「高級EVの中古はお買い得」? 7

| 日本ではアメリカほど相場の下落が顕著ではないが、それでもポルシェとしては例外的に大きく中古価格が下がっている | おそらくプレミアムカーメーカーの中古EVはいずれも同じ道をたどるだろう さて、日本 ...

北米ではMTの販売比率がこの4年で2倍以上に。どうやら世界中では日本とアメリカだけでマニュアル・トランスミッションの人気が高まっているようだ 8

| この事実には復数の要因、そして地域的な特性も反映されているように思われる | それでも「MTを選ぶことができない状況」へと世の中が動いてゆくことは間違いない さて、この4年にて、米国における「マニ ...

2024/01/11

執筆者: JUN(intensive911)