>ポルシェ(Porsche)

趣味でレンダリング作ってみた→ポルシェ本社から声がかかった→ポルシェと共同で作った作品が公開に

投稿日:2017/11/12 更新日:

|3人のアーティストの「夢」が現実に向けて動き出した|

デザイナーや写真家3名で構成される「ポルシェ・ヴィジョンGTチーム(Tom Wheatleyさん、Alan Derosierさん、Marcos Beltraoさん)」の手による「Porsche 908-04 RSR」。
このポルシェ・ヴィジョンGTチームは当初ポルシェとは無関係の集まり(趣味の範囲で自分たちの考えを映像や画像として表現していた)だったものの、ポルシェ本社のマーケティングチームからそのコンセプトが認められてポルシェとの共同作業を行うことになり、今回新しく一連のレンダリングを公開することに。

なお、Marcos BeltraoさんはQOROS(ミニのデザイナー、マーティン・ヒルデブランド氏がチーフデザイナーを務める)のリードモデラーという肩書を持っているようですね。

モチーフはポルシェ907?

「908」という名称からしてモチーフは907だと思われますが、「ポルシェ907」は1967年に実戦投入されたレースカー。
翌1968年には1-2-3フィニッシュを達成するなどポルシェのレース史においても燦然と輝く名車です。
エンジンは1991ccと2195cc、ル・マン専用に開発されたということもあって高速走行性能を重視してロングテール(後にショートテールも登場)。

b69670202b1ec6298dc243d21c3b4622

ポルシェ908-4RSRを見てみよう

1dc6b256565731.59b38f7d942b8

現代のポルシェ(レースカー含む)に採用される「クワッドLED」を装備し、これがポルシェ製のレーシングカーであることを主張しています。

7ef43c56565731.59b38f7d948eb

やはりリアは相当なロングテール。

42233056565731.59b38f7d98bff

こちらはブラックバージョン(渋い)。
919ハイブリッド同様のアディダス、DMG MORI等のスポンサーロゴも再現。
※907リアエンドにある、トランスミッション冷却用のシュノーケルがないのは残念

6e1c0556565731.59b38f7d93faa

レッドバージョン。
エンジンのある位置には918ハイブリッドや917の面影を見ることも。
おそらくは962など、ポルシェにおける過去のレーシングカーそれぞれの要素が入っているのでしょうね。

caab8b56565731.59b38f7d9553a

コクピット。
ドライバー名はチームに参加したメンバーの名前のようです。

842b9456565731.59b38f7d92835

コクピット内部。
907は「ル・マン専用」ということで、周回方向(右コーナーが多い)を考慮し右ハンドルを採用(1968年)していましたが、このレンダリングでもそれを再現。

f4161256565731.59b38f7d961f7

コクピット内側から。
ステアリングホイールには「+・-」と記されたロッカースイッチがあり、しかし右手にはシフトレバーのようなものも。
ポルシェのレーシングカーにおいて、過去には(軽量性を追求して)バルサ材のシフトノブを持つものがありましたが、それを再現しているものと思われます。
この「シフトレバー」はこのレーシングカー(908-4RSR)には必要が無いものと思われるものの、おそらくは「オマージュ」として取り付けたのでしょうね。

68042656565731.59b38f7d97c67

一方でこちらから見るとずいぶん未来的。

あわせて読みたい、未来のポルシェ関連投稿

イギリスのデザイナーが考えた未来のレーシングカー、「ポルシェ939RSR」
デザイナーの考えた未来のポルシェ。空飛ぶホバーカー、そして「マカン・クーペ」
アーティストの考えた「ポルシェX」。遠隔操作による無人レースカーが公開に
ポルシェが自動運転車を作ったら?チェコのデザイナーがレンダリングを公開
ポルシェがスーパーカーを発売したら?というレンダリング登場。フェラーリ488のライバル
2030年のレースカーはこうなる?というレンダリング(ポルシェ他)登場
イケてるじゃないですか。アーティストが未来の911をデザイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f