■近況について ■外国ネタ・旅行など

プリンスホテルの最高峰、プリンスギャラリー紀尾井町へ。部屋やレストランの様子を紹介

更新日:

「もっとも高級なプリンスホテル」、プリンスギャラリー紀尾井町へ

プリンスホテルの最高峰、「ザ・プリンスギャラリー紀尾井町」に宿泊。
本来ぼくはこういった高級ホテルには縁がない生活ですが、先日開催の「ランボルギーニ・デイ」訪問にあたり、ランボルギーニ大阪さんが特別料金にて手配してくださったので、この機会を活用することに。

プリンスギャラリー紀尾井町は「東京ガーデンテラス紀尾井町」の30-36階に位置するホテルで、スターウッド・ホテル&リゾートの高級ブランド「ラグジュアリーコレクション」にも加盟。
東京都内に一時期まとめてオープンした高級ホテル群のひとつとなります。

DSC02656

客室数は250、宿泊料金は6万円~59万円という、まさに「高級」ホテルですね。
「ギャラリー」の名の通り、画廊をイメージした内装が特徴となっています。

DSC02655

こちらは「赤坂プリンス クラシックハウス」。
「旧グランドプリンスホテル赤坂 旧館」として知られたものですが、東京ガーデンテラス紀尾井町のオープンにあたってリニューアル。
中はフレンチレストラン、カフェ、バーなどが入っています。

DSC02654

ホテルの中はこうなっている

ホテルのロビーは36階。
カウンターがあり、そこでチェックインを行うと面倒な手続きなしに、すぐに部屋へと案内。

DSC03064

このあたりペニンシュラホテル香港でも同じですが、「待たなくていい」ように配慮がなされているところですね。

↓こちらはフロント前のロビー

DSC02647

部屋の中はこんな感じ。バルスームの壁は透明だ

部屋はこんな感じ。
大きなガラスが特徴ですね。

DSC02642

窓際には寝そべって風景を楽しめるソファも。

DSC02615

部屋の備品は「和」テイストが多く、これは外国人利用者が多いことを意識しているためと思われます。

DSC02614

ゴミ箱、小物入れ、棚などに使用されるのは「竹」。
これも和を意識したのかもしれません。

DSC02634

部屋着として浴衣も。
ほかにはパジャマも用意されています。

https://www.flickr.com/photos/110074903@N02/37586038280/in/album-72157687151569473/

高級ホテルでおなじみのネスプレッソ。

DSC02600

バー。

DSC02599

カップやグラス類も高級。

DSC02627

こちらはお茶セット。

DSC02598

部屋の照明などは手元のコントローラーで操作可能。

DSC02607

ipadも用意。

DSC02616

このipadはブラウジングのほか、ホテル内施設の確認や各種リクエスト送信、メッセージ受信など、ホテルとのやり取りも可能。
アメニティについても「リクエスト」ボタンがあり、それを押すと5分以内に持ってきてくれます(メンズ用アメニティはポール・スチュアート製だった)。
面白いのは、ホテルの部屋を画面に表示させ、ブラインドのところをタッチすればブラインドの昇降ができたりするところ。
直感的に部屋の各設備をコントロールすることができるようになっています。

DSC02630

テレビはかなり大きなサイズ。

DSC02609

洗面。

DSC02596

予め用意されるアメニティ。
スポンジや、体を洗うタオルも用意されており、かなり充実している、と思います。

DSC02633

部屋からの眺め(夜から雨が降ったので夜景はほぼ見えず)。

DSC02621

なお、バスルームの壁はガラスで「透明」(画像はバスルームから外を見たところ)。
これはバスタブに浸かりながら夜景を楽しめるように、という配慮のようですね。
ちなみにこのガラスは電気を通すことで「不透明」にできるので、見られて困るときはスイッチひとつで中からも外からも見えない状態に。

DSC02636

エアコンや照明の他、各部の操作はすべてこういった「タッチ式」。
物理ボタンの無いデザインですね。

DSC02606

夕方になると「ターンダウン」としてチョコやマカロンを持ってきてくれます。

DSC03045 2

部屋に入る際もドアノブ上のセンサーにカードをかざすだけ。

DSC02644

客室フロアは宿泊客以外は入れないよう設計されていて、エレベーターホールから客室のあるスペースにゆくにはルームキーが必要(それをかざさないと通路とエレベーターホールとを隔てるドアが開かない)。

DSC02643

こちらはホテルのバー、「Sky Gallery Lounge Levita」。
「滝」をイメージしたネオンがナイス。

DSC02650

そのほか、ホテルのスパ&フィットネスを利用してみましたが、これは宿泊客は無料で利用できるもの。
プールは夜景が見え、フィットネスルームもそれは同じ。
ほかにはサウナ、リラックススペース、大きな湯船(冷水も)、シャワーなどがありますが、やはりその殆どの場所から外の景色を楽しめることが出来る構造となっており、これはプリンスギャラリーのひとつの売り物のようですね。

DSC02620

朝食はこんな感じだ

朝食はロビー横にあるレストラン「All-Day Dining OASIS GARDEN」にて(ブッフェ形式)。
大きなガラスがあり、外の風景を見ながら食事を楽しめる環境です。

DSC03047

当然ですが、世界中から選りすぐりの食材がテンコ盛り。

DSC03048

けっこう凝ったものも提供してくれます。

DSC03054

なおこの朝食だけを(宿泊ぜずに)食べに来ようとなると3600円くらい、とのこと。

DSC03056

おおよそこんな雰囲気ですが、かなり満足度の高いホテル。
チェックインやチェックアウト時の「待ち」が少なく、客室フロアは専用エレベーターなので部外者が入らず静か(防音性はかなり高い)で安心でき、部屋の備品調度も素晴らしいと思います。
余計な気を使わずに、心底リラックスできるホテルでもある、と言えそうですね。

DSC02612

来年もランボルギーニ・デイが開催されるのであれば、また宿泊したいと思います(ホテルを手配いただいたランボルギーニ大阪さんには感謝)。

DSC03062

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■近況について, ■外国ネタ・旅行など
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5