>マツダ(MAZDA)

マツダ・ロードスター2018年モデル発表。小変更に加え上質な「レッド・トップ」追加

投稿日:

2018年モデルのマツダ・ロードスターが発表

マツダがロードスターに小変更を加えて発表。
2018年モデルとしてボディカラーの選択肢が増えた他、RFではコントラストカラーとしてブラックのルーフが選べるように。
他には遮音性を高めたり、より識別しやすいメーター表示、アイドリングストップ/回生ブレーキの活用、アダプティブLEDヘッドライトの設定など。

2018年モデルはまさに「小変更」

すでにスペシャルパッケージとしてダークチェリーカラーの幌(トップ)を持ち、インテアリアにオーバーン(赤褐色)カラーのナッパレザーを採用したロードスターの特別仕様車「RED TOP(レッド・トップ)も設定されており、これはシックな方向に振ったモデルと言えそうです。

2018-mazda-mx5-miata-roadster-jdm-04_Mazda_Roadster_RedTop_JP_2017_cherryredroof_SIDE

なお、こういったオープンカーは比較的高い年齢層に購入されている可能性が高く、ときどき発表されるメーカーの統計からしても明らか。
メーカーとしては「若い人」に買ってほしいと考えているはずですが、実際はメーカーの思惑とは異なる、ということになりますね(メーターのみやすさを改善したのも、そういった年齢層に配慮した結果なのかもしれない)。

今やオープンカーは「若者の乗り物」ではない

2018-mazda-mx5-miata-roadster-jdm-02_ROADSTER_RedTop_rear

そういった事情を反映してか、ホンダは上品かつ優雅路線の「ブルーノ・レザー・エディション」、最近だと「コモレビ・エディション」を発売。
これらは標準仕様よりも高価ではあるものの、より上質を好み、かつそれに対価を支払える人向けに設定されたモデルと言えそうです。

現代の(アクティブな)若年層においては「大人数で移動」「アウトドア」といったライフスタイルが増加していると思われ、そこで「オープンカー」というのはなかなか選びにくいのかもしれません。
よってオープンカーは非常に贅沢な乗り物となってしまい、「自分の時間を楽しむ」といった余裕を持つ人に好まれるのかもしれませんね。

実際にロードスター/ロードスターRFの発表会に顔を出しても、訪れている人、真剣に車を見ている人は比較的年齢層が高い人が多く、オープンカーに対する考え方自体を、メーカーはシフトすべき時期に来ているのかもしれない、と考えたりします。

2018-mazda-mx5-miata-roadster-jdm-05_Mazda_RoadsterRF_FQ

あわせて読みたいマツダ・ロードスター関連投稿

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マツダ(MAZDA)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5