>フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ(Lamborghini) ■バイク(自転車/自動二輪)

ランボルギーニが自転車(トライアスロンバイク)発売。牛みたいなルックスで200万円オーバー

投稿日:2018/03/22 更新日:

| ランボルギーニのドライバーもトレーニングに使用 |

ランボルギーニが新しく「自転車(トライアスロンバイク)」を発表。
これはランボルギーニとサーベロ(Cervélo)とのコラボによるもので、フレームカラーはブラック&イエローに彩られ、ランボルギーニ特有の「Yシェイプ」が採用に。
180時間にも及ぶウインドトンネルでのテストを受けているとされ、ランボルギーニ・アカデミア(レーシングドライバー養成機関)のドライバーたちもこのバイクを使用している、とのこと。

価格は220万円以上

lamborghini-cervelo-p5x-09

なおベースとなっているのはサーベロの「P5X」で、日本だとシマノ・デュラエース搭載車で220万円という高額車。
今回発売されるランボルギーニ版P5Xは限定25台とのことですが、価格は今回未公開となっています。

こちらがサーベロ版のP5X。
もう自転車の範疇を超えたデザインですが、「牛」っぽくも見えますね。

P5x_DA Di2 Hydro_angle 1_Shadow (1)

ランボルギーニは過去にもBMCとのコラボにてロードバイクを発売していますが、今回のトライアスロンバイクはこれよりも遥かに高そうです。

なお、ロードバイクやMTBを発売する自動車メーカーは多く、アストンマーティン、フェラーリ(ビアンキとコラボ。以前はコルナゴ)、ポルシェ、BMW、メルセデスAMG、ブガッティ、レクサス、マクラーレン(スペシャライズドとコラボ)など。
そしてMINIはコンパクトな折りたたみ自転車をDAHONと共同にて展開していますね。

こちらはマクラーレン×スペシャライズド。

こちらはフェラーリ×ビアンキ(200万円)。

あわせて読みたい、自動車メーカーと自転車関連投稿

関連投稿

ランボルギーニが初のエレクトリックモデルを5月に発売←エレクトリックバイク(自転車)

ランボルギーニは先日、サーベロ(サーヴェロ)とのコラボによるトライアスロン用バイクを発表していますが、今度は電動自転車を発表。
ランボルギーニ自身、エレクトリック化にはさほど熱心ではなく、たとえばEV「ミッションEV」を発売するポルシェが電動自転車を発売するのであればまだしも、なぜランボルギーニが電動自転車を発売するのかは全くの謎。※ランボルギーニからのプレスリリースはこちら

イタルテクノロジーとのコラボバイク

なお、この電動バイクに採用される技術は自社開発ではなく、「イタルテクノロジー(Italtechnology)」からのライセンス供与によるものだとしています。
今回発表されたのはマウンテンバイクとロードバイクとの2タイプで、フレームをペイントしたのはランボルギーニのカスタム部門「アドペルソナム」。
販売は来月にも開始され、ランボルギーニのオンラインストアでも販売する、とのこと。

lamborghini-ebike-03

なお、ランボルギーニは「自動車以外」だと他メーカーとのコラボ製品がけっこう多く、ランボルギーニ・ストアでもミズノとコラボしたスニーカー(ウェーブ・テンジン)、イタリア・テクノモンスター社とのコラボによるスーツケース、OMPとの共同開発となるレーシングエクイップメント、HETTABRETZ社製レザージャケット、X-BIONICとのダブルネームとなるトレーニングウェアなど。
基本的にコラボ先はイタリア企業が多いようですが、「ミズノ」は数少ない例外だと言えそうです。

lamborghini-ebike-04

なお自動車メーカーと自転車メーカーとのコラボも多く、フェラーリ×ビアンキ、マクラーレン×スペシャライズドが最近では有名。
一報自社名義で自転車を発売しているのはポルシェ、BMW、AMG、メルセデス・ベンツ、ブガッティ、アストンマーティンなど。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), >ランボルギーニ(Lamborghini), ■バイク(自転車/自動二輪)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5