>ポルシェ(Porsche)

ポルシェ911Rはポルシェコレクターのアイデアをパクったもの?コレクターが語る

投稿日:2018/03/17 更新日:

| ポルシェ911Rはポルシェが顧客のアイデアをパクった? |

ポルシェ911Rは「億」というプレミア価格をつけたことで一気に有名になりましたが、911R発売をポルシェに働きかけたのはジェリー・サインフェルド氏である、という話が浮上。
ジェリー・サインフェルドって誰?ということになりそうですが、ジェリー・サインフェルドはアメリカのコメディアンで、ポルシェコレクターとしても非常に有名。

ポルシェコレクターの提案が元ネタ?

日本ではさっぱり馴染みのないジェリー・サインフェルド氏ではあるものの、2015年には43億円を稼ぎ、「もっとも稼いだコメディアン」としても報道されており、同時に億万長者としても知られます。
なお、過去にも何度かそのコレクションを競売に出していて、その内容はいずれも希少車ぞろいとなっており、とくに最近オークションに出品した15台は合計で25億円ほどに達した、とも報じられています。

そのジェリー・サインフェルド氏ですが、10年ほど前にポルシェに対して911Rのアイデアを示したとしていて、当時の様子を「Spike’s Car Radio」が放送。
これによると、ゲストに招かれたジェリー・サインフェルド氏語るところでは「当時ワンオフの911が欲しいとポルシェの開発担当に話をし、役員まで話が進んだが、それは断られた。しかしどうだ、しばらくして登場した911Rは私が示したアイデアそのものだった」とのこと。
加えてリアウイングレスもジェリー・サインフェルド氏がポルシェに提示したアイデアだったそうで、彼が求めたのは「スーパーライトウエイト、ウイングレスの911GT3」であった、と語っています。

実際のところどうだったのかは知る由もありませんが、ジェリー・サインフェルド氏としては(公の場でこういったことを語るということは)あまりいい気がしていないのは事実かもしれませんね。
加えて同氏がコレクションを処分したことについて「ポルシェへの忠誠心を失った」ことの表れだとすると、ポルシェとしても大きなロイヤルカスタマーを失ったということになりそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5